「道路交通法・マナー・交通安全」 一覧

【雨対策】ポンチョタイプの自転車のレインウェアと自転車乗車時のマフラーの危険性

自転車のポンチョタイプの雨具とマフラーは危険というお話です。実際に事故も起きているようなので、雨の日にポンチョタイプのレインウェアを使用している人や、マフラーをしている人は注意した方が良さそうです。 ...

【道路交通法】自転車は交差点ではない直線道路の信号は守るべきなのか?

自転車を趣味としている一人として、常日頃から意識しているのは自転車の乗車マナーです。 基本的には自動車などと同じで、運転中は無理せず、譲り合いの精神と法令遵守の気持ちでいれば、自転車のマナーについてう ...

【道路交通法】普通自転車歩道通行可制限と自転車の乗り方について思うこと

自転車は車両なので原則として歩道ではなく車道を走らなくてはいけません。 「自転車は車道を走れ!」ということが報道などで強調され過ぎたせいで、何がなんでも車道を走るべきというような感じがして、なんとなく ...

自転車は路肩を走れ!は間違いだけどなるべく左端を走ろうな

「ププププーッ!」 歩道を歩いていると背後から激しいクラクションの音。 驚いて振り返った僕の視界に入ってきたものは、一台の自動車が、その前を走る自転車に対してクラクションを鳴らしながら追い抜いて行く姿 ...

自転車のトレインやドラフティングと無言で後ろに貼り付く人への注意

せっせとペダルを踏んでサイクリングに汗を流していた時の出来事です。何やら背後に気配を感じました。 後方を確認するために振り向くと僕のすぐ後ろにピッタリと張り付いて走るロードバイクの姿がありました。 し ...

道路交通法改正で自転車マナーは向上したか?

2015年6月に改正道路交通法がスタートし、自転車であっても、飲酒運転や信号無視などの悪質な違反は処罰の対象となりました。 道路交通法が改正される前後ではニュースでも大々的に取り扱われ、自転車のルール ...

自転車のベル(警音器)と道路交通法の難解ルールについて

自転車のベルは道交法で装備が義務付けられていますが、実は無闇矢鱈に鳴らして良いものではなく、ごく限られた場所でしか鳴らすことができません。そんなわけで自転車のベルの装着義務について疑問を感じる人も多い ...

【自転車】幅寄せ怖い!思いやり1.5メートル運動と自動車が自転車を追い越す際の安全な間隔

愛媛県で2015年11月から展開してされている「思いやり1.5メートル運動」が自転車乗りにとっては素敵すぎるので、「このまま全国に広まっていけば良いな」という願いを込めて思いやり1.5メートル運動につ ...

【道路交通法】自転車の警音器(ベル)はいつ鳴らせば良いのか?

自転車の装備品で無駄なモノと思われるのが警音器(ベル)です。自転車も車両扱いなので警音器(ベル)の装備は道路交通法でもきむ付けされていて必ず装備しなくてはいけないものなのですが、交通ルールを読めば読む ...

スマホを見ながら自転車に乗るのは危険

ながらスマホは世界的な問題となっています。歩道を歩けば前を全くみないで突っ込んでくるながらスマホの歩行者も多いですし、フラフラと予測不能な動きをして「邪魔だな」と感じる人は高確率でスマホを操作しながら ...

自転車の道路交通法改正以前と改正後の様子

2015年6月に改正道路交通法がスタートして、飲酒運転や信号無視など危険なルール違反を繰り返す自転車運転者を取り締まり、違反を繰り返した運転者に対して自転車運転者講習を義務づけられるようになりました。 ...

【自転車】自動車の幅寄せが恐いので自転車目線で対策を考える

自転車は原則車道を走る。ってことを頻繁に聞くようになってからしばらく経ちました。 最近は自転車が車道を走る道路環境もなんとなく整備されてきたこともあって自転車は車道を走って当然という考えが浸透してきた ...

【交通事故】自転車は交差点での大型車の左折巻き込み事故に注意

自転車関係の話題やニュースを日々調べていて、気になるのが事故のニュースです。 自転車の事故と言ってもいろいろな事故があるとは思いますが、死亡事故などの重大事故の多くは交差点を渡ろうとした際に左折して来 ...

ママチャリでは走れてもクロスバイクやロードバイクでは走れない道や気をつけたいポイント

僕が初めてGIANTストアに行った時クロスバイクに試乗させてもらいました。その時に、スポーツバイク初心者だった僕にスタッフの方が「ママチャリのように勢いよく段差に突っ込んだりはできないので注意してくだ ...

ロードバイクやクロスバイクは縁石の段差に注意しないと転倒の危険アリ

自転車の交通事故が話題になる昨今ですが、また自転車が絡んだ死亡事故が起きました。今回の事故は、自転車マナーや整備云々の話ではなく、自転車に乗る人なら誰でも加害者になってしまう可能性のあるケースだと思う ...

自転車で走る際に注意すべき車道にある危険箇所

日頃のネタ探しで自転車関連の話題やニュースを拾い集めていると、よく目にするのが事故のニュースです。自動車に比べれば死亡事故などは少ない自転車ではありますが、それでも死亡事故のニュースも頻繁に目にします ...

自転車の危険行為の取締は行われているのか?と自転車指導警告票について

2015年6月に改正道路交通法が施行されて、自転車でも悪質な違反があれば処分の対処となり、悪質な違反が重なれば講習を受けなければいけないようになりました。 改正道路交通法が施行されてから数年が経った今 ...

自転車の交通違反で受講料5,700円の自転車運転者講習が義務化に

平成27年6月1日から、交通の危険を生じさせる違反を繰り返す自転車の運転者に対して、自転車運転者講習が義務化されました。 自転車の悪質なルール違反には罰則がある ルールを守らずに危険行為を繰り返す自転 ...

自転車の交通違反(信号無視や逆走など)で赤キップは前科がつく可能性

自転車の信号無視や逆走、無灯火などの交通違反は「さっさと厳しく取り締まれば良いのに」と思うほど酷いというのが現状です。 当然ながら自転車のマナーの悪さに対しては批判の声も高まっていますし、交通違反の取 ...

【交通事故】自動車・バス・トラックの死角について

自動車には死角があります。一般的に自動車が大きくなればなるほど死角も大きくなります。 自動車を運転する際には死角の存在を意識しておくというのは当然ですが、車道を走る自転車も自身の安全を守るために自動車 ...

【道路交通法】自転車と路側帯のルール

自転車は車道や路側帯を通行する際には左側通行が義務化されています。要するに逆走禁止なのですが路側帯ってどこなのでしょう? 路側帯とは 歩道の有無で決まる 路側帯とは左側に歩道のない車道を白い実践で区切 ...

自転車免許制度の賛否について考える

自転車の交通ルール違反があまりにも酷いので、自転車も免許制にすべきじゃないかというような議論が時々なされます。そこで自転車免許制度の賛否について考えてみました。 自転車免許制度について 自転車免許制度 ...

自転車は車道だけじゃなく自転車歩行者道も一方通行にすべきだと思う理由

自転車が車道を走る場合は左側通行が義務付けられています。しかし自転車歩行者道を走行する場合には片側通行ではなく双方向通行が可能です。しかし、自転車歩行者道も一方通行にした方が絶対に良いと思う歩行者目線 ...

【自転車】バス停に路線バスが停車していた場合に自転車が走るべき場所はどこ?

自転車で車道を走っていて迷うことは意外と多いですが、その中の1つがバス停に路線バスが停車していた時の対処法や走る場所の判断です。 停車中のバスを右側から追い越すべきか、左側から追い越すべきか、それとも ...

【道路交通法】車道にある自転車ナビマークの意味は?

いつものサイクリングコースを走っていると「おや?」と思うことがありました。 昨日までは無かった、自転車マークが車道の左端に塗装されていたのでした。 「おお、ついに僕の日常コースにも自転車道が整備された ...

【自転車】反射シールを貼って視認性アップで交通安全

子供が保育園から貰って帰ってきた交通安全のパンフレットに反射シールが同封されていました。 自転車に貼れば夜間でも視認性が良くなって交通安全に良いと思ったので、紹介しておきます。 自転車用反射シール パ ...

自転車・自転車用品

楽天 自転車アクセサリー

ヤフーショッピング 自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.