サイクルウェアの総合情報|ジャージ・グローブ・アイウェア

ロードバイクやクロスバイクなどのサイクリングで必要なサイクルウェアについての情報をまとめています。

サイクルウェアに関する記事一覧

自転車に最適な冬の服装について

自転車のウェアで頭を悩ますのが冬の服装です。
夏はサイクルジャージと短パンでほぼ完結してしまいますが、冬はチョイスを間違うと、寒かったり、暑かったりしてサイクリング自体が苦痛になってしまう可能性があります。

例えば、僕自身の経験として、バイクのように革ジャンを着てクロスバイクに乗ったことがあるのですが、最初は防風にもなって快適だったものの、次第に暑くなり、フロントのジッパーを全開にしても暑くて暑くて大変な思いをしたことがあります。

バイクなどではライダースだと逆に寒すぎることもありますが、自転車の場合は身体を動かして自家発熱してるわけですから、革ジャンやジャンパー、コートなどの一般的な防寒具は不向きになってしまうのです。

ジョギングのように、最初は寒くても徐々に身体が温まるため、排熱も考えられたウェアでないと不快になってしまうというわけです。

自転車は寒い部分と暑い部分がある

ジョギングなどの場合は全身運動なので、身体が温まれば、寒いと感じることは基本的になくなると思いますが、自転車の場合は、身体が温まっても寒さを感じる場所があるので。それぞれの部位で適したウェアを装備する必要があります。

暑く感じる場所

身体の熱は基本的に上へと抜けていくため、頭と背中に貸しては常に暑い状態が続きます。なのでヘルメットと上着背中の排熱は非常に重要になってきます。

また、脚に関してもペダルを回している関係で発熱が大きくなるので、寒さを感じることが少ない部分です。

寒く感じる場所

寒さを感じる個所は手、つま先です。
いずれも風をまともに受けてしまう部分なのと、自転車の場合ではほとんど動かすことが無い部分なので、身体が暖まったとしても指先は冷たいままになります。

なので、サイクルグローブやシューズカバーなどで防寒対策などが必須となります。

サイクルウェアが一番適したウェア

当たり前の話ではありますが、自転車用のウインドブレーカーなどは、自転車に乗車する際の防寒対策と排熱対策が考えられています。

たとえば、風を受ける胴体や腕などのフロント部分にはゴアテックスが使用されていたりして、風を防げるようになっていますが、背中などはメッシュになっていたりして排熱ができるようなデザインになっているのです。

登山用のウェアなども、防風と排熱が考えられたものが多いですが、自転車に乗る際には、やはり自転車用のウェアが一番心地よいなと思います。

自転車に乗る際の冬用のウェアについては、下記の記事でまとめていますので参考にしてください。

自転車用のサングラス・アイウェアについて

自転車に乗る際にサングラス(アイウェア)は必要か

ロードバイクなどに乗るサイクリストは自転車用のサングラス(アイウェア)を装備している人も多いです。

サングラスをしたその様はサイクリスト然として凛々しく見えてとてもカッコ良いので、一つのファッションアイテム的なところでサングラスを装着している人も多いかと思います。

僕自身は「自転車にサングラスなんて必要なのかなぁ?」と懐疑的な考え方をしていたので、しばらくは装備していませんでしたが、今では装備して走行することが多いです。

実際問題で自動車を運転している時ほど、太陽の影響を受けることは少ないですし、路面が反射して見づらいなんてこともあまり経験したことはありません。

ただ、それでも「自転車に乗車する際にはサングラスを装備しておいた方が良いなぁ」と思うことがあるので、結局は装備して走るのが普通になってくるわけです。

自転車でサングラス・アイウェアを装備するメリット

目が疲れづらい

自転車でサングラスを装備するメリットはいくつかありますが、まず目が疲れづらいというのがあるかと思います。

サングラスをするとコントラストが高くなるので逆光の場合でも、路面が見やすくなるというのは、やはり当然のこととして感じる部分です。結果、凝視をしなくても良くなるので目が疲れづらくなるというわけですね。

ヘルメットとの相性が良い

余談的なところではありますが、ヘルメットが似合わないような人でもサングラスとセットで使用すると、なんとなく様になるというメリットがあります。

虫などの飛来物から目を守る

自転車で走行していると、意外とが多いのですよね。

走行中に目に入って大変な思いをすることも少なくありません。

実際問題で、僕がサングラスをしたいと思う最も大きな理由がこれです。

風から目を守る

風が吹いていると目が乾いてしまうので涙が流れてしょうがない、なんてことがあります。

サングラスをすることで、風が吹いて目が乾くなんてこともなくなります。
自転車のサングラスの必要性については、下記の記事でも解説していますので参考にしてください。

サイクルグローブについて

サイクルグローブも個人的には「あまり必要が無いな」と思って、しばらく購入しないでいたのですが、防寒目的でサイクルグローブを使用してみたところ、サングラスと同様にサイクリングには欠かせないアイテムとなりました。

サイクリングをしていると、たとえ車道であっても意外と凸凹が多く、しっかりとハンドルを握っていないとハンドルから手を滑らせてしまいそうになることがあります。

そんな時に、サイクルグローブを装着していれば、滑り止めになるため、常にハンドルを強く握る必要がなく、楽になるというメリットがあります。

加えて、万が一転倒してしまった際に、真っ先に怪我をすると思われるのが手ですが、サイクルグローブをしていることで怪我を防ぐことができるようになります。

サイクルグローブの必要性については下記の記事で解説しています。

サイクルウェアに関する記事一覧

google

投稿日:

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.