*

サイクルコンピューターの選び方と高機能モデルがおすすめの理由

サイクルコンピューターの選び方と高機能モデルがおすすめの理由

サイコンとも呼ばれるサイクルコンピューターはロードバイクやクロスバイクなどの自転車を楽しむ上で欠かせない必須アイテムです。

サイクルコンピューターがあれば、毎日決まったコースを走るサイクリングでも、走る目的や目標を持ててマンネリ化を防ぐことができ、自転車に乗ることの意味を大きく変えることだってできるのです。

僕自身もサイクルコンピューター無しでは自転車に乗りたくないと思うほどで、自転車ライフを楽しむ上でサイクルコンピューターは必要不可欠なモノになっています。

さて、そんなサイクルコンピューターですが、沢山のメーカーからいろいろな種類が販売されています。価格や機能も幅広く、一体どのサイクルコンピューターを購入すれば良いのか分らなくなってしまうほどです。

そんな数有るサイクルコンピューターの中で僕が個人的におすすめしたいのはケイデンスが計測できる高機能モデルです。

ケイデンスや心拍数が計測できるような高機能なサイクルコンピューターは価格もそれなりに高いですし、ロードバイクに乗ってレースなどに出場するような本格的なサイクリストにしか必要の無いモノだと思うかもしれません。

トレーニングもしないのに、ケイデンスや心拍計なんてオーバースペックだと思ってしまうのです。実際問題で僕自身も初めて買ったサイクルコンピューターは速度と走行距離が測れるシンプルなものでした。

サイクルコンピューターを購入した目的も速度と走行距離を知りたかったからで、それで充分と思っていたのでした。

しかし、趣味で自転車に乗る人もケイデンスや心拍数が測れる高機能なサイクルコンピューターの方が絶対に良いのです。

何故、高機能なサイクルコンピューターを購入した方が良いのかの理由、そしておすすめのサイクルコンピューターの条件などについてまとめてみました

sponsored link

サイクルコンピューターがあれば自転車が10倍楽しくなる

サイクルコンピューターがあれば自転車が10倍楽しくなる

サイクルコンピューターはロードバイクやクロスバイクなスポーツで自転車に乗る人には必須とも言えるアイテムです。

初心者にとってサイクルコンピューターとは速度と走行距離を知る為のアイテムというイメージかもしれませんが、サイクルコンピューターの本当の利用価値はそれだけではないのです。

サイクルコンピューターから得られる情報を利用すれば、自分の走り方や、その時々の自分の身体情況を考慮しながら、身体への負荷をコントロールしたり、過去の記録と照らし合わせたりして、日々の成長を確認できたりもするもので、日々の自転車の乗り方や意識を大きく変えてくれるアイテムでもあるのです。

サイクルコンピューターがあるお陰で、同じコースばかりを走る日々のルーティン的なサイクリングでも目標を持ち、目的を明確にすることが出来ますし、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車に乗る動機やモチベーションを維持出来るなど、自転車との付き合い方を大きく変えてくれるアイテムがサイクルコンピューターなのです。

例えば、GPSと連動したサイクルコンピューターであれば走行したルートの記録ができますし走行ログを記録するSTRAVAのようなサービスを使って記録したり、同じコースを走るサイクリストと競い合ったりもできるのです。

また、ケイデンスや心拍計機能のあるサイクルコンピューターであれば、目的に応じた負荷を意識するなどで、より効率的なトレーニングや目的を持ったサイクリングができるようになります。

とにもかくにもサイクルコンピューターがあれば、自転車ライフが10倍楽しくなるのはサイクルコンピューターを使ったことのある人なら誰しもが納得してくれるところだと思います。

サイクルコンピューターの機能と価格帯の関係

サイクルコンピューターに必要な機能は?

サイクルコンピューターを購入しようと思うと、色々な種類のサイクルコンピューターがあり、また機能も似たり寄ったりなので、どのサイクルコンピューターにしたら良いのか迷うと思います。

速度と走行距離だけが測れるようなシンプルで安価な初心者向けのサイクルコンピューターもあれば、ケイデンスや心拍計の備わった超ハイスペックで本格的なトレーニングにも対応できる高価なサイクルコンピューターなどもあり、探せばピンキリで、どれを買えば良いのか分らなくなってしまいます。

サイクルコンピューターの機能と価格は比例していて、通常はより高機能なサイクルコンピューターほど値段も高くなります。

それこそ中国の無名メーカーのサイクルコンピューターなら2,000円程度で買えたります。
一方でガーミンなどのハイエンドなサイクルコンピューターになると10万円近い機種もあるなど、サイクルコンピューターの価格には非常に幅があります。

そこそこ使えてそこそこ高機能なラインで考えれば5,000円〜15,000円くらいが相場ではないかと思います。

サイクルコンピューターの機能と価格帯の目安

サイクルコンピューターの価格の目安は下記の通り。

● 入門モデル 3,000円程度
● 中級モデル 5,000円〜10,000円
● 上級モデル (ケイデンスや心拍計) 15,000円〜25,000円
● 最上級モデル(GPSなど) 25,000円〜

しかし、サイクルコンピューターもご多聞に漏れずで、中国メーカーから激安なサイクルコンピューターが多数販売されていて、バックライトやケイデンスなどの機能が備わっているものが3,000円程度というような価格破壊的な値段で売られていたりして驚かされます。

例えば下記のSuaokiのサイクルコンピューターは、ワイヤレス、バックライト、ケイデンス機能が付いて3,000円以下という驚きの価格です。

まぁ、それらのサイクルコンピューターは例外として、それなりの高機能なサイクルコンピューターが欲しいと思えば、予算として10,000円程度は考えておいた方が良いかと思います。

僕のサイクルコンピューター選びの失敗談

僕がおすすめのサイクルコンピューター

初めて買ったサイクルコンピューターは簡易版サイコン

僕が初めて買ったサイクルコンピューターはキャットアイの、ストラーダ ワイヤレス サイクルコンピューター CC-RD300Wでした。

ワイヤレスでコンパクトさが特徴の中級モデルのサイクルコンピューターです。
このサイクルコンピューターで表示出来るのは

● 走行距離
● 走行時間
● 最高速度
● 平均速度
● 現在の速度
● 時計

などで、一般的な使い方をする範囲では必要十分な機能が揃っているように思えます。

僕がサイクルコンピューターを買った理由は、クロスバイクでどれだけのスピードが出るかを知りたかったのと、どれくらいの距離を走ったのかを知るためで、速度計と距離計があれば充分と思った上での選択でした。

簡易モデルのサイクルコンピューターを買って後悔

しかし、安い簡易なサイクルコンピューターを買って僕は大変後悔しました。

だからサイクルコンピューターは少々高くても高機能なものを購入した方が良いと思っています。

趣味で自転車に乗るのに高機能なサイクルコンピューターは無駄なように思えますが、それでもやっぱり高機能なサイクルコンピューターを買うことを強くおすすめするでしょう。

僕自身レースに出たりすることもありませんし、乗っている自転車もロードバイクではなくクロスバイクですが、それでも高機能なサイクルコンピューターが絶対に良いと思うのです。

何故ならば、ケイデンスや心拍計を計測出来る機能のついたサイクルコンピューターを使用すると、自転車に乗ることの意味や目的を大きく変えることができるからです。

速度や走行距離にはやがて興味が無くなる

サイクルコンピューターを購入した当初は、速度の変化に一喜一憂したり、最高速度を狙ったり、走行距離を毎度リセットしてその日の走行距離を必ずチェックしたり、日々増えていく積算走行距離を見て悦に浸っていました。

しかし、サイクルコンピューターを購入してから一年ほど経つと、速度や走行距離などの数値を気にすることが次第に少なくなりました。

何故ならば、速度や走行距離などの情報はそのうちどうでも良くなってきてしまうのです。

確かに、現在速度や走行距離がリアルタイムで表示されるのは楽しいですしサイクルコンピューターの醍醐味とも言えるのですが、現在速度は経験を積んでくると体感的にだいたいの速度が分かるようになるのです。

自動車やバイクを運転していると速度感覚が身に付いて来るのと同じで「今25km/hくらいかな」と思えば、だいたいそれくらいの速度なのです。

そんなわけで、サイクルコンピューターに表示される速度にはやがて興味がなくなってしまうのです。

また、通勤や通学などいつものコースばかり走るような人にとっては、走行距離も興味がなくなる情報です。

だって、毎日同じような道を走っているのですから、記録される走行距離はいつも同じような数字ばかりになるのです。

毎日使用してみて解ったことですが、サイクルコンピューターを飽きずに使い続けるためには高機能なサイクルコンピューターを買う必要があったのです。

例えば、心拍計のあるサイクルコンピューターであれば、心拍数を基に運動負荷を調整する心拍トレーニングが出来るようになるのです。そしてケイデンスを一定に保ちながらギアを重くしたり軽くしたりしながら負荷を調整することになり、変速にも目的や意味が見出せるようになります。

そうすることで、ただ単調に自転車に乗るのではなく、目的を意識するようになるなど、自転車との付き合い方が多きく変わるのです。

サイクルコンピューターのケイデンス機能と心拍計を利用した心拍トレーニングを実践する方法は下記の記事にまとめてありますので参考にしてみてください。

サイクルコンピューターに必要でおすすめの機能や条件とは?

キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ デジタルワイヤレス [CC-RD430DW] スピード+ケイデンス+心拍センサー セット

サイクルコンピューターに求める機能や性能は使用目的や自転車の乗り方によっても変わってくると思います、概ね下記のような機能が備わっているものであれば、飽きずにずっと使い続けられるのではないかと思います。

● ワイヤレス
● バックライト
● ケイデンス

ワイヤレスサイクルコンピューター

サイクルコンピューターは本体とスピードセンサーの2つのパーツに分れていて、センサーと本体が線で繋がっている有線タイプと、線無しのワイヤレスタイプがあります。

一班的に有線タイプの方が安いのですが、配線が面倒だったり、せっかくスポーティーなロードバイクやクロスバイクの見た目がワイヤー1つでゴチャゴチャした印象になるので、ワイヤレスタイプのものを選択するのが普通かと思います。

さらにおすすめは、GPS付きのサイクルコンピューターでGPSからの信号を基に位置情報や速度などを計算するためスピードセンサーとマグネットなどが不必要になり、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車から余計なパーツを取り去れるので、より見た目をスッキリとさせることが出来ます。

バックライト機能付きのサイクルコンピューター

サイクルコンピューターにはバックライトが無いものが多いです。

おそらく消費電力の問題だと思いますが、ここ最近ではサイクルコンピューターにGPSが搭載されるようになったのを切っ掛けにしてボタン電池式から充電池式に変化してきたおかげもあって、バッテリーに余裕が持てるようになったのかバックライト付きのライトも増えてきまし

夜に走る可能性のある人は、サイクルコンピューターを購入する際の確認事項としては最初に確認すべき機能だと思います。

ケイデンスが測れるサイクルコンピューター

初心者的にはサイクルコンピューター速度や走行距が記録出来ればそれで充分と思いがちですが、ケイデンスや心拍計の機能が備わったサイクルコンピューターの方が絶対に良いです。

理由は、速度や走行距離よりもケイデンスや心拍数の方が自転車をより楽しむためには重要な情報なのです。それらの機能から得られる情報を活用すれば日々のトレーニングや自転車の乗り方や目的を劇的に変えることが出来るので自転車ライフの充実っぷりが大きく変わります。

速度と走行距離しか測れないサイクルコンピューターを買っても、遅かれ早かれでケイデンスなどの情報を知りたくなるのだから、最初から高機能なサイクルコンピューターを購入するのが良いというわけです。

高機能なサイクルコンピューターが絶対おすすめ

高機能なサイクルコンピューターが絶対おすすめ

サイクルコンピューターに限らずで自転車用品は安物買いの銭失いになってしまうというパターンが非常に多いです。

下位グレードで充分だろうと思って買ってみたものの、自転車のことを理解するに従って次第に満足出来なくなってしまい、結局はグレードの高いモノを買い直すということを僕自身が何度もやってしまいました。

サイクルコンピューターもまさに銭失い的なアイテムで、初心者向けの速度と走行距離だけが測れるようなサイクルコンピューターを購入すると、後から必ずケイデンスや心拍計の機能が付いた高機能なサイクルコンピューターが欲しくなるのです。

そうは言っても高機能なサイクルコンピューターそれなりの価格になるので、本当に必要な機能か悩むところかもしれません。

しかし、最初から高機能なサイクルコンピューターを購入しておけば、その後もずっと使い続けることができるので結局はお得になると僕は思います。そして何よりも自転車ライフがそれによって充実するわけですから、悩む必要なんて無いんじゃないでしょうか。

サイクルコンピューターの有名メーカー

サイクルコンピューター様々なメーカーから発売されていますし、中国無名メーカーで激安なものも沢山あります。

趣味程度のサイクリングであればそれで充分という考え方もできますが、やはり信頼度や故障した際のサポート面から考えても有名メーカーのものが色々と安心かと思います。

サイクルコンピューターの有名メーカーとしては

キャットアイ
レザイン
● ガーミン
ポラール

あたりが鉄板なメーカーになります。

スマートフォンアプリはサイクルコンピューター代わりになる?

スマートフォンアプリはサイクルコンピューター代わりになる?

スマートフォンの自転車アプリでも速度や走行距離は確認できます。
スマートフォンに内臓されているGPSを利用して走行ルートも正確に記録できます。

実はサイクルコンピューターで得られる情報はスマートフォンアプリでも得られる情報ばかりです。
ならばわざわざサイクルコンピューターを買わなくてもスマートフォンアプリで充分なのかもしれません。

しかしながら、自転車でスマートフォンを使うとサイクルコンピューターじゃないと不便に感じる部分が多いのです。

その決定的なポイントとして

● 常時表示
● 日中の視認性

が挙げられます。

スマートフォンは常時点灯させているとバッテリーが瞬く間に減ってしまいますし、日中屋外の使用では極端に視認性が悪くなります。

その点、サイクルコンピューターは常時表示でもバッテリーに不安を感じることはまずありませんし日中でも視認性は非常に良好です。

見たいと思った情報がすぐに確認できるというのはサイクルコンピューターにとってはとても大切なことで、自転車用途専用に作られているサイクルコンピューターの方がスマートフォンに比べて圧倒的に使用しやすいですし、ストレスが少なく使えるのです。

なのでまだまだスマートフォンがサイクルコンピューターに置き換わる時代は来なさそうなので安心してサイクルコンピューターを購入できるのではないかと思います。

以上、サイクルコンピューターの選び方と高機能なサイクルコンピューターが絶対おすすめになる理由の解説でした。

Comment

  1. […] 前述した自転車ブログの記事を書いた方々も、きっと同じように、最初から高機能なサイクルコンピューターを買っておけば良かったと後悔したからこそ「最初から高機能なサイクルコンピューターを買った方が良い」というような内容の記事を書いたのだろうと、容易に想像ができます。 なので、ロードバイクやスポーツバイクに乗るのであれば、サイクルコンピューターが無いよりは、有った方が絶対に良いわけで、どうせ装備するのであれば、ケイデンスや心拍数が測れるより機能的なものを購入した方が良いと、僕は思うのです。 そうすると「ケイデンスを意識してクロスバイクのescape airに乗ってみたいなぁ」などと考えるようになり、せめてケイデンスが計測出来るサイクルコンピューターを買っておけば良かったと、後悔するまでには、そんなに時間は必要ありません。 クロスバイクのescape airにサイクルコンピューターを装備しておけば、「速度」とか「走行距離」を確認できるので、クロスバイクのescape airに乗る動機や楽しみが得られるようになる素敵なアイテムです。 [紹介元] サイクルコンピューターを買うなら高機能モデルを買った方が良い理由 | E… […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑