クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

おすすめ自転車情報 サイクルコンピューター 自転車メンテ・改造

サイクルコンピューターの選び方と高機能モデルがおすすめの理由

更新日:

サイクルコンピューターの選び方と高機能モデルがおすすめの理由

サイコンとも呼ばれるサイクルコンピューターはロードバイクやクロスバイクなどの自転車を楽しむ上で欠かせない必須アイテムです。

サイクルコンピューターがあれば、毎日決まったコースを走るサイクリングでも、走る目的や目標を持ててサイクリングがマンネリ化を防げ、自転車に乗ることの意味を大きく変えてくれる素敵なアイテムなのです

僕自身もサイクルコンピューター無しでは自転車に乗りたくないと思うほどで、自転車ライフを楽しむ上でサイクルコンピューターは必要不可欠なモノになっています。

さて、そんなサイクルコンピューターですが、沢山のメーカーからいろいろな種類が販売されていて価格や機能の種類も多くて、一体どのサイクルコンピューターを選べば良いのか迷ってしまう人も多いかと思います。

何を選べば良いのかがわからない場合は絶対に必要な機能をピックアップしてそれらの機能を備えがものから選択すると候補を絞りやすくなります。

僕にとって絶対必要な機能はケイデンスです。

ケイデンスや心拍数が計測できるような高機能なサイクルコンピューターは価格もそれなりにしますから、レースなどに出場するようなガチで本格的なサイクリストにしか必要の無いモノだと思うかもしれませんし、トレーニングもしないのに、ケイデンスや心拍計なんてオーバースペックじゃないかと思う人も多いでしょう。

実際問題で僕自身も初めて買ったサイクルコンピューターは速度と走行距離が測れるシンプルなモデルを選択しました。

そもそもサイクルコンピューターを購入した目的は速度と走行距離を知りたかったからで、それらが計測出来ればそれで充分と思っていたのでした。

しかしその考えは間違いだったと後になって思うようになりました。
速度と走行距離だけでは何の役にも立たない飾りレベルの情報だと気が付いたからです。

まさに安物買いの銭失いで、最初に安価なモデルを買ったものの、後から高機能なモデルを買い直すというメーカーの思うツボなわけです。

趣味で自転車に乗る人もケイデンスや心拍数が測れる高機能なサイクルコンピューターの方が絶対に良いのです。

そんなわけで、失敗したからこそ言えるサイクルコンピューターを買うなら高機能なモデルを選んだ方が良いという理由、そしておすすめのサイクルコンピューターの条件などについてまとめてみました

サイクルコンピューターがあれば自転車が10倍楽しくなる

サイクルコンピューターがあれば自転車が10倍楽しくなる

ロードバイクやクロスバイクの初心者にとってサイクルコンピューターは、速度と走行距離を測る為のアイテムというイメージかもしれませんが、サイクルコンピューターの本当の利用価値はそ速度や走行距離以外にあります。

その代表的なデータがケイデンスや心拍数だったりするのです。
それらの情報を利用すれば、その時々の自分の体調を考慮しながら運動の負荷をコントロールしたり、過去の走行記録と照らし合わせたりして、日々の走行を分析したりで練習の成果や成長を感じたりすることができます。

つまり、サイクルコンピューターから得られる情報を上手く活用できれば、日々の自転車の乗り方や意識を大きく変えることができるのです

サイクルコンピューターがあるお陰で、同じコースばかりを走る日々のルーティン的なサイクリングでも目標を持ち、目的を明確にしてトレーニングに励んだりサイクリングを楽しんだりできますし、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車に乗る動機やモチベーションを維持できるなど、その恩恵はかなり大きいです。

例えば、GPSと連動したサイクルコンピューターであれば走行したルートを記録してSTRAVAのような走行ログを記録するサービスを利用して、情報を交換したり、同じコースを走る見知らぬサイクリストたちとタイムを競い合ったりもできるのです。

また、ケイデンスや心拍計機能があれば、目的に応じた負荷を意識する心拍トレーニングも導入出来るようになり、より効率的なトレーニングや目的を持ったサイクリングができるようになります

とにもかくにもサイクルコンピューターがあれば、自転車に乗ることの意味や質が大きく変わり、自転車ライフが10倍楽しくなるというのは誰しもが納得してくれるところだと思います。

サイクルコンピューターの機能と価格帯の関係

サイクルコンピューターに必要な機能は?

高機能なサイクルコンピューターほど値段は高くなる

サイクルコンピューターを購入しようと思うと、色々な種類があり機能も似たり寄ったりなので大いに迷うと思います。

初心者向けと思われる速度と走行距離だけが測れるようなシンプルで安価なモデルもあれば、ケイデンスや心拍計が備わった本格的なトレーニングにも対応できる高価なモデルもあります。

機能と価格は比例していて一般的には、高機能なサイクルコンピューターほど値段も高くなります

有名メーカーと無名メーカーの価格の差

サイクルコンピューターの定番メーカーと言えば、ガーミンやキャットアイ、ポラールなどが挙げられますが、最近は中国の無名メーカーの製品も多く見られるようになりました。

ガーミンなどのハイエンドなサイクルコンピューターになると10万円近いモデルもある一方で、中国の無名メーカーのサイクルコンピューターならそこそこ高機能なモデルでも2,000円程度で買えたりして驚かされます。

数年前までは絶対に手を出せないものだったように思いますが、最近は品質も上がっているようで、無名中国メーカーの安価なサイクルコンピューターでもそれなりに使用できるという評判も聞けるようになっているようです。

有名メーカー品は高い分、性能や故障時の保証の面で安心できるものがありますし、使用している時の気分というか自己満足な部分は大きいですから、その分の安心料という側面が大きいかと思います。

サイクルコンピューターの機能と価格帯の目安

サイクルコンピューターの価格の目安は下記の通り。

● 入門モデル 3,000円程度
● 中級モデル 5,000円〜10,000円
● 上級モデル (ケイデンスや心拍計) 15,000円〜25,000円
● 最上級モデル(GPSなど) 25,000円〜

ただし、上記はあくまで有名メーカーのサイクルコンピューターの価格帯で、中国メーカーから販売されているような激安なサイクルコンピューターでは当てはまりません。

バックライトやケイデンスなどの機能が備わっていてワイヤレスモデルで3,000円程度というよう信じられない激安な値段で売られていたりするわけですから、何が適正な価格なのか解らなくなってしまいます。

例えば下記のSuaokiのサイクルコンピューターは、ワイヤレス、バックライト、ケイデンス機能が付いて3,000円以下という驚きの価格です。

まぁ、中国無名メーカーは突然製品がなくなる場合もありますから、購入後のトラブルに対する保証などもなくなってしまうことも考えておいた方が良いと思うので、消耗品として割り切った考えで購入するくらいが良いのではないかと思います。

有名メーカーのそれなりの高機能なサイクルコンピューターが欲しいと思えば、予算として10,000円程度が一般的な相場でしょう。

僕のサイクルコンピューター選びの失敗談

僕がおすすめのサイクルコンピューター

初めて買ったサイクルコンピューターは簡易モデル

僕が初めて買ったサイクルコンピューターはキャットアイの、ストラーダ ワイヤレス サイクルコンピューター CC-RD300Wでした。

ワイヤレスでコンパクトさが特徴の中級モデルのサイクルコンピューターです。
このサイクルコンピューターで表示出来るのは

● 走行距離
● 走行時間
● 最高速度
● 平均速度
● 現在の速度
● 時計

などで、一般的な使い方をする範囲では必要十分な機能が揃っているように思えます。

僕がサイクルコンピューターを買った理由は、クロスバイクでどれだけのスピードが出るかを知りたかったのと、どれくらいの距離を走ったのかを知るためで、速度計と距離計があれば充分と思った上での選択でした。

簡易モデルのサイクルコンピューターを買って後悔

しかし、僕はもっと高機能なサイクルコンピューターを買っておけば良かったと後悔することになります。

サイクルコンピューターを購入した当初は、速度の変化に一喜一憂したり、最高速度を狙ったり、走行距離を毎度リセットしてその日の走行距離を必ずチェックしたり、日々増えていく積算走行距離を見て悦に浸っていました。

しかし、サ一年ほど経つと、速度や走行距離などの数値を気にすることが次第に少なくなりました。

何故ならば、速度や走行距離などの情報はそのうち興味がなくなってしまうのです。

確かに、現在速度や走行距離がリアルタイムで表示されるのは楽しいですし、サイクルコンピューターに必須の機能とも言えるのですが、現在速度は経験を積んでくると体感的にだいたいの速度が判るようになるのです。

自動車やバイクを運転していると速度感覚が身に付いて来るのと同じで「今25km/hくらいかな」と思えば、だいたいそれくらいの速度なのです。

また、通勤や通学などでいつも同じコースばかり走るような人にとっては、走行距離も同様に興味がなくなります。だって、毎日同じような距離を走っているのですから、記録される走行距離はいつも同じような数字ばかりになるのです。

毎日使用してみて解ったことですが、サイクルコンピューターを飽きずに使い続けるためには高機能なサイクルコンピューターを買う必要があったのです。

レースなどに出るわけでもなく、毎日の通勤や通学、週末にサイクリングに出かける程度で自転車に乗っているような人にとってケイデンスや心拍計は不要なもののようにも思えます。

しかし、僕は絶対に高機能なサイクルコンピューターを選択することをお勧めします。

心拍計については最近はスマートウォッチなどで計測した方が良いと思いますし、アプリで連動させることもできるのであまりこだわる必要はないかと思いますが、少なくともケイデンスが計測できるモノを選択すべきだと思うのです

僕自身レースに出たりすることもありませんし、乗っている自転車もロードバイクではなくクロスバイクですが、せっかく購入したサイクルコンピューターを無駄にしないためには高機能なサイクルコンピューターを選ぶのが絶対に良いのです。

サイクルコンピューターに必要な機能とは?

キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ デジタルワイヤレス [CC-RD430DW] スピード+ケイデンス+心拍センサー セット

サイクルコンピューターに最低限必要な機能

サイクルコンピューターに求める機能や性能は使用目的や自転車の乗り方によっても変わってくると思いますが、概ね下記のような機能が備わっているものを選ぶのが良いと思います。

● ワイヤレス
● バックライト
● ケイデンス

ワイヤレス

サイクルコンピューターは本体とスピードセンサーの2つのパーツに分れていて、センサーと本体が線で繋がっている有線タイプと、線無しのワイヤレスタイプがあります。

一般的に有線タイプの方が安いのですが、配線が面倒だったり、せっかくスポーティーなロードバイクやクロスバイクの見た目がワイヤー1つでゴチャゴチャした印象になってしまいます。

数千円の差なのでワイヤレスタイプのものを選択した方が良いでしょう。

さらに見た目をスッキリさせたいのであれば、GPS付きのサイクルコンピューターがお勧めです。

GPS付きなら位置情報から速度を計測できるのでスピードセンサーとマグネットなどが不要になり、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車から余計なパーツを取り去ることができます。

意外とスピードセンサーやマグネットの取り付けや調整は面倒なのと、異物的に存在感があるので、これらが不要になるメリットは大きいと思います。

バックライト機能

サイクルコンピューターにはバックライトが無いものが多いです。

おそらく消費電力の問題だと思いますが、ここ最近ではサイクルコンピューターにGPSが搭載されるようになったのを切っ掛けにしてボタン電池式からバッテリー式がスタンダードになってきたこともあり、バックライト付きのライトも増えてきました。

バックライトが有るか無いかは視認性が大きく変わるので、特に夜間に自転車に乗る可能性のある人は、バックライトの有無は最初に確認すべき機能だと思います。

ケイデンスが測れる

初心者的には速度や走行距が記録出来ればそれで充分と思いがちですが、ケイデンスや心拍計の機能が備わったサイクルコンピューターの方が絶対に良いです。

速度や走行距離はトレーニングなどにはほとんど役立たない情報なのに対して、ケイデンスや心拍数はトレーニングには必要不可欠な情報になります。

特にロードバイクやクロスバイクに運動やエクササイズ目的で乗っているような人は遅かれ早かれでケイデンスなどの情報を知りたくなりますから、最初から高機能なサイクルコンピューターを購入するのが良いというわけです。

サイクルコンピューターの有名メーカー

サイクルコンピューターの有名メーカーは

キャットアイ
レザイン
ガーミン
ポラール

あたりが鉄板なメーカーになります。

スマートフォンアプリはサイクルコンピューター代わりになる?

スマートフォンアプリはサイクルコンピューター代わりになる?

スマートフォンのアプリにはたくさんの種類の自転車系のアプリがあり、そのいずれもが速度や走行距離を計測できますし、スマートフォンに内臓されているGPSを利用して走行ルートも正確に記録できます。

実際問題で、一般的なサイクルコンピューターで得られる情報はスマートフォンアプリでも得られる情報ばかりです。

ならばわざわざサイクルコンピューターを買わなくてもスマートフォンアプリで充分なのかもしれませんが常時表示と日中の視認性を考えるとサイクルコンピューターでなければいけないという理由としては十分かと思います。

スマートフォンは常時点灯させているとバッテリーが瞬く間に減ってしまいますし、日中屋外の使用では極端に視認性が悪くなります。

その点、サイクルコンピューターは常時表示でもバッテリーに不安を感じることはまずありませんし日中でも視認性は非常に良好です。

見たいと思った情報がすぐに確認できるというのはサイクルコンピューターにとってはとても大切なことですよね。

なのでスマートフォンがサイクルコンピューターに取って代わる時代はしばらくは来なさそうなので安心してサイクルコンピューターを購入できるのではないかと思います。

-おすすめ自転車情報, サイクルコンピューター, 自転車メンテ・改造
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.