クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車トレーニング

心拍計付きスポーツウォッチのmio ALPHA 2を使って心拍トレーニンを実践した感想

更新日:

心拍計付きスポーツウォッチのmio ALPHA 2を使って心拍トレーニンを実践した感想

心拍計付きスポーツウォッチのmio ALPHA 2を使用して、自転車に乗る際に心拍トレーニングを実践してみました。

心拍トレーニングとは心拍数をもとにして目的に応じた負荷で運動するトレーニング方法です。運動量ではなく、運動負荷を目安にトレーニングできるため、体力差を考慮したトレーニング内容を構築できるようになります。

心拍トレーニングを行うには心拍計が必要になりますが、最近はスマートウォッチなどで簡単に心拍数が計れるようになっていて心拍トレーニングも簡単に行えるようになってきました。

心拍トレーニングは楽しい

心拍トレーニングは楽しい

心拍計付きスポーツウォッチを使用して心拍トレーニングをすると、単調になりがちな日々のトレーニングにも目標を持ててトレーニングが楽しくなります。

心拍計付きスポーツウォッチを使用するまでは、ただ闇雲に「ぜぇぜぇ」言いながら走っていただけでしたが、心拍計を使用することで心拍数をヒントに運動負荷がなんとなく把握できるようになり、身体への負担を調整しながら走行するという、今までに無かった感覚で走ることができるようになりました。

例えば今まで走行時の指標と言えばタイムと速度でしたが心拍計を使用し始めると、タイムや速度はあまり重要でない指標だと思うようになります。

何故ならば、タイムや速度は、交通状況や風向きなど、外的要因に左右されるため、いくらタイムや速度が速くてもその日に調子が良かったのか悪かったのかを判断することが出来ません。

しかし、心拍計は自分の身体の調子が基準になるため、状況や体調が違ってもトレーニングの強度を一定に保つことができるようになるのです。

また、脂肪燃焼や体力増進など、運動負荷のレベルに応じて運動の効果が違ってくるため、心拍計を使用して運動負荷を基準に運動することで、目的に叶ったトレーニングが出来るようになります。目的に応じたトレーニングが出来るようになるというのは心拍トレーニングの味噌の部分でもあり、ハマると非常に楽しいトレーニングでもあります。

心拍計付きスポーツウォッチmio ALPHA 2はLEDで心拍ゾーンを知らせる

心拍計付きスポーツウォッチmio ALPHA 2はLEDで心拍ゾーンを知らせる

設定した心拍数の範囲(心拍ゾーン)かどうかをLEDの色で見分ける

心拍計付きスポーツウォッチmio ALPHAは予めどの運動負荷でトレーニングを行うかを決めるため、心拍数の上限と下限を設定することができます。そしてう道中に心拍数が設定した範囲内かどうかをLEDの色で知ることができます。

例えば、心拍数を115〜125に設定しておくと、その範囲内であれば緑LEDが点滅します。114以下なら青LEDが、126以上ならの赤LEDがそれぞれ点滅するという具合です。

LEDが点滅するのでLEDの色を確認しずらいかも

心拍計付きスポーツウォッチmio ALPHA 2のLEDは点滅します。点滅の間隔は約1.5秒〜2秒に一度くらいでゆっくりとしたペースで点滅します。

そのため、運動中にLEDを確認しようと心拍計付きスポーツウォッチmio ALPHA 2に目線を移しても、LEDが点灯していないことが多々あります。むしろ点灯していない時の時間の方が長いので、必然的にLEDが点灯していない状態を見てしまうことが多くなります。

あまりに点灯している状態を確認できないので、どれくらいの割合で確認できるかを数を数えながら調べてみた結果、点灯している状態を確認できたのは、10回確認してわずか3回でした。

また、LEDが緑なのか青なのかを判断するのが難しいなと感じました。視認性が良いはずの夜中の使用でそう思うくらいですから、日中だとさらに見分けるのが厳しくなるのは間違いないでしょう。

もしもLEDが点滅ではなく点灯する仕様だったならば、LEDの色を容易に確認でき、心拍数の状態が一瞬で把握できたはずですが、点滅する仕様にしたために、非常に不便になっているのです。

ただ、心拍数を計れるスマートウォッチは多くなってきましたが、心拍ゾーンを設定できるスポーツウォッチやスマートウォッチはあまり種類がないので、視認性の良し悪しは別の話としてゾーンを設定できるというのは、あるだけでも有り難い昨日だと思います。

心拍計付きスポーツウォッチmio ALPHA2 を使った感想

心拍計付きスポーツウォッチmio ALPHA2 を使った感想

実は、心拍計付きスポーツウォッチのmio ALPHA2を手に入れてしばらくは心拍トレーニングのことが良く理解出来ておらず、心拍計を一体どんな風に使えば良いのかすら理解していなかったのでしばらく放置していました。

しかし、心拍トレーニングについて学ぶことで、トレーニングやエクササイズにおいて心拍計が非常に重要であることを知りました。

そして、心拍計を使うようになると、ただ走るだけでなく目的を持ったトレーニングができますし、体調に合わせて負荷を調整することだって出来るようになり、たとえタイムや速度が遅くても、しっかり運動できたという満足度が得られます。

特に、僕なんかは長距離走が遅かったので、走るのが遅いといつも「怠けている」「根性がない」などとタイムだけで評価をされて悔しい思いをしていただけに、心拍数で運動負荷を知られる心拍トレーニングの存在はもっと早く知っておきたかったというのが正直なところです。

最初は「使うかなぁ・・・」と思ったりもした心拍計付きスポーツウォッチmio ALPHA2でしたが、今では自転車の大切なお供としてサイクルコンピューターなどよりも優先して持ち運ぶようになりました。

今でこそスマートウォッチで心拍数が計れるというのは標準的な装備ではありますが、mio ALPHAは心拍計付きのスポーツウォッチとして先駆け的な存在で、今までハートレートモニターを心臓部分に貼り付ける必要があった面倒臭さを解消して一気に心拍トレーニングを身近にした時計でもあります。

また、心拍ゾーンを設定できるスポーツウォッチやスマートウォッチでないと運動中に心拍数を把握するというのは難しいと思います。そういう点から考えても心拍計付きスポーツウォッチmio ALPHA2は心拍ゾーンを設定できる数少ないスポーツウォッチなので、未だに重宝しています。

ちなみにアップルウォッチのアプリである「Zones 心拍トレーニング」でも心拍トレーニングが行えます。

心拍トレーニングについては下記の記事でまとめていますので参考にしてください。
参考→ 心拍トレーニングと心拍計付きスポーツウォッチのmio ALPHA 2

-自転車トレーニング
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.