クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

スピードアップ 自転車全般

クロスバイクのスピードアップに効果があった改造カスタマイズはこれだ!

更新日:

クロスバイクのスピードアップに効果のある改造

僕がクロスバイクのESCAPE Airの改造カスタマイズを重ねる理由はいろいろありますが、スピードアップを期待して改造カスタマイズすることが圧倒的に多いです。

というわけで実際にスピードアップに効果があったと感じた改造カスタマイズについてまとめてみようと思います

参考程度に速度も記載しておきますが、ご存知の通り自転車は人力なので改造カスタマイズをしたからと言って記載してあるスピードが出るようになるワケでもありませんし、このスピードしか出ないワケでもありません。分かっていると思いますが念のため。

ちなみに、クロスバイクのESCAPE Airの6〜7万円という完成車価格を考えた場合、改造費用は車体価格の約50%である3万円〜4万円程度が適正だと思っていますが、今回は予算は度外視しています。

限られた予算で改造カスタマイズをお考えの方は下記の記事を参考にしていただければと思います。

参考 → 予算3万円でクロスバイクを速度アップできる改造カスタマイズ!

クロスバイクのスピードアップに効果があった改造カスタマイズ

コンポーネント一式を変えたらスピードアップした

コンポーネント一式変えたら速度アップ

コンポーネント一式(クランク、フロントディレーラー、リアディレーラー)を交換するとスピードアップしました。

僕がコンポーネントを交換しようと思ったのは、実はスピードアップのためではなく、シフトチェンジのもっさりした感じとギアの歯数の段差が大きいのが気になっていたため、8速から10速化(11速化)することで、より快適なシフトチェンジを期待しての交換でした。

コンポーネントを交換してもシフトチェンジが快適になるだけでスピードにはあまり影響がないと思っていたのですが、平地走行で20km/h前後だったスピードが23km/h程度にアップするなどで、意外にもスピードアップの効果も大きかったです。

コンポーネントを交換しただけで速度が上がるという理由がいまいち理解できないのですが、おそらくコンポーネント一式を交換することで500g程度の軽量化ができたことや、シフトチェンジがズムーズになったり、クランクの剛性の違いでペダルを踏んだ力が効率的に推進力に変換されているおかげかもしれません。

ちなみに僕が交換したコンポーネントはシマノのミドルグレードである105です。さらに上のULTEGRAやDURA-ACEなどにすればもっと効果があったのかもしれません。

コンポーネント一式の交換は改造カスタマイズの敷居が高く、改造に必要な費用も新しいクロスバイクがもう一台(あるいは数台)買える程度は必要になるので気軽な改造カスタマイズではありません。自転車屋さんに相談しても「やめておいた方が良い。走りを追求するならロードバイクを新しく買った方が良い」というような返事が返ってくると思います。

クロスバイクはクロスバイクとしてそのままにしておいて、ロードバイク的な乗り方をしたければ、新しくロードバイクを買うべきだというのはすごく正しい考え方なので、費用面や得られる結果などを考えて、本当にそこまでやるのか?という判断が必要な改造カスタマイズでもあります。

ただし、その効果は絶大です。

オリジナルコンポ → shimano 105コンポ
速度アップ 2〜3km/h
費用3万円〜7万円程度(グレードに依る)
おすすめ度 ★★★★★

ビンディングペダルに交換したらスピードアップした

ビンディングペダルに交換したらスピードアップ

クロスバイクのペダルをビンディングペダルに交換したらスピードアップしました。

ビンディングペダルにするとペダルを踏むだけでなく引き足が使えるようになるため、ブーストをかけたようにトップスピードまでグングンと加速できるようになります。

実際問題でビンディングペダルにしてもMAXスピードには大きな変化はない感じですが、加速と長時間の速度維持に関して絶大な効果があるので平均速度は確実にアップすると思います。

またペダルの交換はコンポーネントの交換などに比べるとものすごく簡単にできる改造カスタマイズなのでお気軽に導入できるというメリットもあり、おすすめの改造カスタマイズでもあります。

速度アップ 1km/h
費用 4,000円〜10,000円
おすすめ度 ★★★★☆

クロスバイクにおすすめのビンディングペダルはシマノのULTEGRAグレードのPD-A600です。

タイヤを23C化したらスピードアップした

タイヤを23C化したら速度アップ

一般的にはタイヤを細くすることで転がり抵抗や空気抵抗が少なくなることから、スピードアップに効果があると言われています。

個人的な感想としては、タイヤを細くするだけでなく、どの種類のタイヤを選択するかでも変わってくると思います

タイヤと一言に言っても、平地走行に強いタイヤや耐パンク性に強いタイヤ、通勤用途でオールラウンダーなタイヤなどメーカーや種類でかなり違いがあります。

なので自分の乗り方に対して適当なタイヤを選ぶのがベストだと思います。ちなみに、僕がネットの情報や口コミ情報をもとに選択したタイヤはコンチネンタル グランプリ4000Sと呼ばれるものです。

価格は前後で11,000円程度で一般的なタイヤと比べると高価なタイヤになりますが、タイヤの中では比較的軽く(200g程度)、耐パンク性やグリップ力の高さなどで、多くのサイクリストから高い評価を得ているタイヤで、これさえ選択しておけば間違いないとまで言われています。

速度を考えた時、タイヤの重量は非常に重要です。というのもホイール等でも軽量化はホイール外周であるリム部分がどれだけ軽いかが重要になったりするくらいですから、最も外周になるタイヤの重量は走行時に影響を受けやいのです。

外周部分が重ければスピードが乗れば慣性モーメントで速度が落ちづらいというメリットがありますが、速度が上がるまでに多くのエネルギーを必要とするので、一般的には外周部分が軽い方がスピードアップには効果がある部分です。

なので速度アップを念頭に置いた場合はタイヤはなるべく重量が軽いものを選ぶというのが基本になると思います。

ちなみに、タイヤを細くすると太いタイヤに比べて空気量が少なくなるためパンクしやすくなるなどと言われたりしますが、日頃から空気圧をしっかり管理して、段差がある場合には抜重などを意識して走行すればそれほど気にする問題ではありません。

オリジナル28C → 23C
速度アップ 2km/h
費用 5000円〜12,000円
おすすめ度 ★★★★☆

ホイールを交換したらスピードアップした

ホイールを換装したら速度アップした

GIANT社のクロスバイクの軽量モデルだったESCAPE Airの純正ホイールは前後で1,850グラム程度でした。重量だけをみると6万円程度のクロスバイクの構成ホイールとしてはかなり軽量な部類です。

ロードバイクの入門用ホイールの定番であるShimano WH-RS010と同程度の重量で「安いけどそこそこイケるんじゃない?」と思わせるホイールですが、実質は軽いだけの価格相応の貧相なスペックのホイールでした。

このホイールからミドルクラスのロード用ホイールであるFulcrum Racing 3に交換した結果、全くの別物の自転車と思えるくらいに走りに違いが出ました。

25kmくらいの距離を走行した平均速度の比較は、ホイール交換前で19km/h、交換後には23km/h程度という感じです。

路面が滑らかで直線の条件の良い道での速度比較は、ホイール交換前で32km/h程度、交換後には37km/h程度になるなど、ホイールを交換することによる効果が大きいことが判ります。

スプリント的な走り方をした場合も、今まで突破することのできなかった40km/hの壁もすんなりと越えられるようになるなど、とにもかくにホイールを交換することの効果は非常に大きいです

ちなみに、クロスバイクのESCAPEシリーズやBianchiのカメレオンテ、GIOSノミストラルなどの定番クロスバイクのホイールと言えば、価格と性能のバランスの良さから、Shimano WH-RS500が第一候補に挙がると思います。

クロスバイクの車体価格とのバランスも良く、そこそこな性能のホイールなので、僕自身もクロスバイクのホイールは何が良いか相談されたとしたらこのShimano WH-RS500を第一にお勧めします。

オリジナル → Fulcrum Racing 3
速度アップ 3km/h〜5km/h
費用 30,000円〜
おすすめ度 ★★★★★

ハンドルをカットしてハンドル幅を詰めるとスピードアップした

ハンドルをカットしてハンドル幅を詰めると速度アップした

一般的なロードバイクに装備されているドロップハンドルの幅は400mm〜440mm程度なのに対してクロスバイクのフラットバーハンドルの幅は約560mm程度で、ロードバイクに比べるとかなり幅広になります。

ハンドル幅が広いとポジション的に脇が開いた状態で乗車することになるので空気抵抗が大きくなり速度アップの妨げになります。そこでハンドル幅を狭くすることで空気抵抗を小さくしてスピードが出やすいようにしようという改造カスタマイズになります。

但し、ハンドルが短くなればなるほど、ハンドルの動きに対してのタイヤの動きは敏感になるので、バランスを取りづらくなるなど操作性も大きく変わるのでカット幅には注意が必要です。

ポイントとしては一気にカットしてしまうのではなく、数センチ単位で徐々に短くしていくのが良いと思います。また、フラットバーハンドルはシフターやブレーキなどのスペースを確保しなければいけないのでどんなに切り詰めたとしても460mm程度が限度になると思います。

ハンドルはパイプカッターでカットできます。

オリジナル 560mm → 460mm
速度アップ 1km/h
費用 2,000円〜
おすすめ度 ★★★★☆

ブルホーンバーにしたらスピードアップした

ブルホーンバーにしたら速度アップした

クロスバイクのハンドルをブルホーン化したことによって前傾姿勢を深くすることができるようになります。深い前傾姿勢が取れるようになると空気抵抗を小さくできるのでスピードを出しやすくなります。

結果として、以前と同じような感じで走行していても3km/hくらい速いスピードを維持できるようになった感じがあります。

ブルホーン化による変化については下記の記事でまとめています。

参考 → クロスバイクをブルホーン化して変わったことの要点まとめ

速度アップ 3km/h
費用 2,5000円〜
おすすめ度 ★★★☆☆

クロスバイクのスピードアップ 空気抵抗を減らす

クロスバイクの速度アップ 

乗り物において空気抵抗を減らすことが速度アップでは非常に重要です。空気抵抗をどれだけ減らせるかを考えると改造カスタマイズ無しでもスピードアップできる大きなポイントになります。

僕自身、日常生活では空気抵抗の影響を感じられる場面はそれほど多くないため実感がなく「空気抵抗ってそんなに大きいの?」と甘く考えていましたが、空気抵抗の影響はものすごく大きいです。

例えばホイールの細いスポークですら空気抵抗の影響を受けるので細くしたり、空気抵抗の少ない形状にしたりの工夫がされています。

乗車姿勢を変えたらスピードアップした

改造カスタマイズではないですが、乗車姿勢が変われば空気抵抗も変わるため速度も変わります。

日頃はあまり実感することのない空気抵抗ですが、体を丸めて小さくなった状態と上体を起こした普通の姿勢とでは明らかにスピードの出方が違うので空気抵抗の影響の大きさを実感することができます。

ロードバイクと比べるとクロスバイクの乗車姿勢はかなり上体が起き上がっているアップライトなポジションなので空気抵抗も大きくなります。空気抵抗は速度が出れば出るほど大きくなり、特に25km/h以上になると違いがはっきりと体感できるようになります。

なので空気抵抗の少ないロードバイクの方がクロスバイクよりもスピードが出やすくなるわけですが、クロスバイクでもハンドルの内側を持ち、腕を折り畳んで脇をしめるなどして体を小さくすることで空気抵抗が減りスピードアップや速度維持が期待できると思います。

サイクリングウェアで乗ったらスピードアップした

自転車に乗るにあたって最も空気抵抗が大きいと思われるのが服装です。クロスバイクやロードバイクなどの自転車に乗る時にはサイクルジャージなどの自転車専用のウェアを着用するのが良いでしょう。

サイクルジャージはご存知のように体のラインにフィットしてピチピチな状態になり、分空気抵抗はかなり少なくなります。まるで空気の中に溶け込むようなスムーズさで走行できるようになるので、かなりスピードも出しやすくなりはずです。

水泳をする時に服を着たままの状態と水着の状態では全く抵抗が違って泳ぎやすさも変わるのと同じで、自転車の場合も自転車に適した服を着用することで快適なサイクリングが出来るようになります。

自分自身を鍛えたらスピードアップした

乗り物の性能は結局のところエンジンです。なので自転車でスピードアップするためには自分自身を鍛えることが最も大切です。

技術的なところであれば、ポジションをしっかりと出して、ペダリングやシフトチェンジのタイミングなどのスキルをアップさせたり、体力的な面では、体幹を鍛えるなどスピードアップを実現するためにやるべきこと、できることは沢山あると思います。

下手にパーツを換えるよりも、こうして自分自身を鍛えた方が、より効率的にスピードアップできるというのは異論がないところでしょう。僕自身もそこを忘れずにしっかりと自分自身を鍛えて行きたいと思います。

以上、クロスバイクのスピードアップに効果のあった改造カスタマイズについてのまとめでした。

-スピードアップ, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.