クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車全般 豆知識・基礎知識

クロスバイクやロードバイクに乗る際に体重を落とすメリット

更新日:

クロスバイクやロードバイクに乗る際に体重を落とすメリット

クロスバイクやロードバイクの性能を示す1つの指標として代表的なものは車体重量かと思います。

自転車に限らずで、乗り物は全て軽量な方が有利なのです。例えば自動車にしても、ガソリンを満タンにするのではなく、7割くらいに留めておいた方が車体重量が重くならないので燃費が良くなるというのも、もはや常識的なところでしょう。

自転車の場合は人力で動かす乗り物だけあってそのあたりはシビアですから、少しでも軽くした方が有利になるなんてことが常々言われていたりします。

僕がクロスバイクに乗り始めた頃は10kg以下がロードバイクの1つの指標ラインでしたが、カーボンフレームの普及とともに、いつの間にやらロードバイクは8kg以下、クロスバイクは10kg以下くらいが標準的な重さになっているかと思います。

最近ではロードバイク等は軽量化が進み過ぎて、レース等では重量制限に引っ掛かるため逆にウェートを付けないと出場できなかったりするなど、行き過ぎた軽量化に歯止めがかけられているような状況もあるようです。

とにもかくにも軽量化すると有利というのは間違いなく、軽量マニアと呼ばれる人たちの間では自転車の軽量化をテーマにしたカスタマイズも盛んに行なわれていたりしているほどです。

極めればばボルトの一本一本をチタン化するなど、1gの減量で数千円を遣ってしまうなマニアックな世界もあったりするほどです。

さて、そんなクロスバイクやロードバイクの軽量化ですが、軽量化だけが目的であれば、あれこれパーツを換えたりするよりも「体重を落とした方がよっぽど早い」などとよく言われます。

確かにその通りで、車体重量を100g軽量化するのは大変ですが、ライダーの体重であればよほど絞り込んだ人でない限り100gの軽量化なんて、トイレに行ったレベルで変わります。

クロスバイクやロードバイクに乗る人の中には体重を落とす目的で乗る人も多いですから、そのモチベーションの一助になればと、体重を落とすことのメリットについて考えてみたいと思います。

クロスバイクやロードバイクに乗る際に体重を落とすメリット

クロスバイクやロードバイクに乗る際に体重を落とすメリット

身体への負荷が少なくなる

クロスバイクやロードバイクの軽量化と言えばホイールが代表的なパーツになるかと思いますが、どんなに軽量なホイールを買っても、せいぜい500g〜1000gくらいが軽量化出来る限界だと思います。

ところが人の体重となれば、500g程度であれば一度便所に行くだけでも簡単に落とすことができます。

例えば、僕の現在の体重は74kg程度ですが、個人的にベストな体重は66kg程度なので、そこまで体重を落としたとすると約8kgも軽量化できるわけです。ロードバイク丸々一台が消えてしまうレベルで軽量化できるわけです。

8kgと言われてもピンとこない場合は、2リットルのペットボトルで考えるとイメージしやすいです。なんと2リットルのペットボトル4本分です。そんな荷物を持ってクロスバイクやロードバイクに乗るなんてことは普通は考えられませんが、残念ながら今現在はその荷物を持って走っている状態です。

その重量が身体からなくなれば負荷はかなり軽減されると思われ、出せるスピードや走れる距離に大きく影響するはずです。

特に走り出しの時にエネルギーを必要とするので、ストップ&ゴーを繰り返す都心での走行では、身体が軽くなればなるほど、身体への負担も軽くなるのです。

自転車への負担が少なくなる

体重が重い軽いと身体だけでなく、自転車への負荷も少なくなります

クロスバイクやロードバイクの体重制限を調べてみたところ、概ね120kgまでは余裕の許容範囲ではあるようですが60kgのスリムさんと100kgの巨漢さんが乗るのとでは、自転車や周辺パーツが受ける負荷は全然違うはずです。

例えばチェーンですが、軽い方が牽引する力が少なくて済みますから、伸びづらく、切れてしまうリスクも少ないでしょう。タイヤにしても軽い方が摩擦係数が少なくなりますから長持ちするのは容易に想像できます。

つまりは体重が軽ければ軽いほど、自転車への負荷が少なくなり、パーツや消耗品が長持ちしたり、故障のリスクも少なくなると考えられます。

スピードが出せるようになる

体重が軽い方が漕ぎ出しが軽くなるのでスタートダッシュをしやすくなります。また、トップスピードに到達するまでの時間も短縮されます。そんなわけで、信号待ちの後の集団の中から一気に抜け出すこともしやすくなります。

上り坂では体重が軽い方が負荷が少ないので速く登れますし、平地走行でも転がり抵抗が少なくなるので速度を維持しやすくなると言われています。

また、痩せれば身体が細くなる分、体重が多い時と比べて空気抵抗も少なくなるはずです。

「え?そんなに変わるの?」と思われるかもしれませんが、空気抵抗に関しては、ケーブル一本、スポーク一本、果てはスネ毛まで影響する世界ですから、体重を落とすことによって減らせる空気抵抗も相当大きいと思われます。

クロスバイクやロードバイクに乗る際に体重を落とすメリットまとめ

クロスバイクやロードバイクに乗る際に体重を落とすメリットまとめ

クロスバイクやロードバイクに乗る際に体重を落とすメリットについていろいろと調べてみました。

僕も毎日のようにクロスバイクに乗れていた頃は67kgくらいまで体重が落ちた時期がありましたが、その時はクロスバイクに乗っている時にも、ペダルが軽く、路面を滑るような感覚で走れていたように記憶しています。

実際問題で自転車がスポーツとして楽しいなと思えるようになったのはその頃からで、自転車に乗る本当の楽しみは、体重を自転車に適正になるまでしっかり落としてからが本番なんじゃないかと思います。

逆に体重が減ることのデメリットは見つからず、自転車においては基本的に体重が軽くなればなるほど有利になると考えられるものと思います。痩せれば痩せるほど良いことづくめになるわけですね。

また、筋肉が付いて重くなる場合には、体重が増えるデメリットをパワーでカバーできるようにな理、単純に体重が増えた場合とは事情が違ってくるようです。確かにスプリンター選手ではガッチリタイプが多いですよね。

何はともあれ乗り物は軽い方が正義!というところで、しっかりと身体を絞り込んでいきたいと思います。どうやって身体を絞るかですが、もちろん自転車に乗って乗って乗りまくる!というのが正解でしょうね。

-自転車全般, 豆知識・基礎知識

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.