クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

写真の撮り方 自転車全般

プロカメラマン直伝のロードバイクやクロスバイクの写真をカッコ良く撮影する方法

更新日:

自転車写真をカッコよく撮りたいプロカメラマン

自転車の写真を上手に撮りたいけど、思うようにカッコ良い写真が撮れない。
そこでプロのカメラマンにお願いして自転車を撮影してもらいました。
すると想像していた以上にカッコ良い写真を撮っていただきました。

ロードバイクやクロスバイクなどの自転車写真をどうすればカッコ良く撮影できるかについてのポイントなどを教えていただいたのでまとめてみます。

自転車写真をカッコよく撮りたい!

クロスバイクやロードバイク等の自転車を手に入れたら、自由気ままにあちこちと出かけてみたくなるものです。

そして出かけた先では、記念写真として景色と一緒に自転車を撮りたいと考えたりするもので、自転車を題材にしたブログを拝見しても、かなり多くの方がどこかに訪れた記念に自転車の写真を撮影していたりします。

僕自身もこうしたブログを書いている関係もあり、素材や記録のために愛車であるクロスバイクのESCAPE Airの写真をよく撮影します。

そして撮影した自分の写真を見ていつも思うのは「もっと素敵な自転車写真が撮れたら良いな」とか「もっと自分の自転車をカッコ良く撮れたら良いな」ということです。

しかしながら昔から写真を撮るのが苦手で、自分自身でも写真がヘタクソなのは重々承知であり、他のブログの方々のように「上手な写真が撮れたよいのにな」と常々コンプレックスを感じている部分でもあります。

自転車カメラは相性が良いのか、自転車と写真を趣味にしている方は意外と多くて、自転車系のブログの方々はみなさんお上手なのです。

そんなコンプレックスを少しでも克服するため、そして同じように自転車の写真を上手に撮りたいと思っている人の参考になればと思い、以前にも、有名自転車メーカーのカタログ写真などを参考にして自転車写真の撮り方について考えてみたことがありました。

詳しくは上記の記事を読んでもらえればと思いますが、自転車写真の撮影では下記の3つが大きなポイントになるかと思います。

● クランク、バルブの位置に注意する。
● 背景は洋風で無機質なものの方が良い。
● 奥行きを意識した写真はローアングルからアオる。

ポイントを押さえると自転車写真が変わる

参考までに上記のポイントを意識する前と、意識した後の自転車の写真の違いと解っていただくために、違いの解る写真を掲載しておきます。

のちほど掲載するプロカメラマンによる作例とのレベルの違いを判断するための比較対象にもなると思います。

ポイントを意識する前の自転車の写真

カッコ良い自転車写真を撮りたい

ポイントを意識した後の自転車の写真

カッコ良い自転車写真を撮る方法

ポイントを意識する前と意識した後で比較すると、クランクの位置をフレームに合わせたり、ホイールのマークの位置を前後で揃えたりするなどで、バランスの良い写真になっていて、自転車自体もカッコ良く見えると思います。

どうでしょう?
え? 違いが解らない?

自転車の写真を撮るにしても素人写真の限界を感じる

個人的には一生懸命ポイントを考えて撮影した写真なので、写真が上達したなという実感もありますが、これで満足しているかと言われると全くそういうことはありません。

実際問題として、僕の頭の中でイメージしているカッコ良い自転車写真には遠く及ばない写真ですし、多くの人にとってもそれは同じだと思います。

本当は、もっと、もっと、もーーーーーっと、カッコ良い自転車写真を撮りたいのですが、何かが足りない。どこまで行っても素人レベルでセンス溢れる写真を撮ることができないのです。

そこで僕は考えました。
そうだ、写真を撮るプロが居るじゃないか!と。

プロのカメラマンに頼れば何か有益なヒントが得られるかもしれない!

自転車写真をカッコよく撮りたい!のでプロカメラマンに相談してみた

さて、長い前振りが終わって、いよいよ本題です。

僕が撮った自転車写真はいくら頑張っても素人写真の域を抜けられません。
ではプロカメラマンが自転車写真を撮ったらどうなるか?ということを知りたくて、プロカメラマンに自転車写真をお願いしてみたというおはなしです。

フォトグラファーの篠部氏(シノベ写真事務所)

今回、カッコ良い自転車写真の相談をさせてもらったのが東京でフォトグラファーとして活躍されているシノベ写真事務所の篠部雅貴氏。

自転車写真をカッコよく撮りたい!
メーカー相手に写真撮影の講習などもされているプロカメラマンです。

シノベ写真事務所
SLOW WALK(Blog)

篠部氏にお願いしたのは、個人的にかねてから懇意にさせてもらっているカメラマンの一人であることや、写真撮影の講習を行なったりもしているので、僕のような素人でも分かりやすいような視点で何か助言をもらえるのではないかと考えたからですが、それよりも何よりも、篠部氏自身がGIANTのESCAPE R3の所有者というのが最も大きな理由です。

ESCAPE R3は僕が乗っているESCAPE A irと兄弟みたない自転車ですから、同じクラスの自転車を撮影してどれだけ差が出るかを見てみたいと思ったのです。

プロカメラマンが自転車写真を撮った結果

カッコいい自転車写真の相談を年末の忙しい時期にして、年明け早々に「撮影完了」の連絡をいただいたので、その中の写真を紹介してみたいと思います。

なんと大変有り難いことに写真とともに撮影時のポイントも添えてもらうことができました!

プロカメラマンによる自転車写真作例1

カッコいい自転車写真例Copyright:http://shinobe.jp/

まずは自転車写真の基本とも言える、真横からの一枚。
完全なノーマル仕様のESCAPE R3なんですが、めっちゃくちゃカッコ良い。
先に紹介した僕の撮影した自転車写真がクソのように思えます。

プロカメラマンによる自転車写真作例2

カッコいい自転車写真例Copyright:http://shinobe.jp/

続いてフェンスをバックにしたストーリー感のある一枚。
レンズは広角側で撮影して、ローアングル+逆光という構図。

逆光にも関わらず自転車がはっきりと見えますし、フレアの感じも素敵です。

プロカメラマンによる自転車写真作例3

カッコいい自転車写真例Copyright:http://shinobe.jp/

まるで海外で撮影したかのようにも見える自転車写真。
露出の違う暗い写真と明るい写真を合成しているそうです。

頭が固いと、どうしても一枚の写真で完結させることしか考えることができませんが、自転車をカッコ良く見せる為の写真作りとして、発想を柔軟にしつつ、一手間二手間を惜しまない画作りも大切なポイントだと気付かされます。

プロカメラマンによる自転車写真作例4

カッコいい自転車写真例夕暮れCopyright:http://shinobe.jp/

夕暮れ時の柔らかい光を意識して撮影したという一枚。
同じ自然光でも、日中の光と夕方の光では全く違う。

その違いを意識して撮影できるのもプロらしいところ。
撮りたい写真を撮るためには、その時が訪れるまで待つという姿勢があってこその写真だと思います。

僕なんかは「現場に付いた時が撮影時!」ですからね・・・。

自転車をドラマチックにカッコ良く撮影する方法

プロのカメラマンからいただいた自転車写真をカッコ良く撮影するためのポイントです。

アングルは下から撮影すると良い

シチュエーションにも依るのでしょうが、基本的な考えとして、自転車の写真はローアングルの方がカッコ良く写せるようです。

アングルによるイメージの違いを分かりやすくするために、わざわざアングル違いで撮影サンプルも提供してくれました。
アングルをそれぞれ変えた写真でその違いを確かめてみましょう。

アングル上

自転車をドラマチックにカッコ良く撮影する方法Copyright:http://shinobe.jp/

アングル中

自転車をドラマチックにカッコ良く撮影する方法Copyright:http://shinobe.jp/

アングル下

自転車をドラマチックにカッコ良く撮影する方法Copyright:http://shinobe.jp/

確かに撮り方は同じでもアングルが変わるだけで、全く同じ場所、同じ環境であるにもかかわらず、ローアングルの写真の方がドラマチックでカッコ良い写真になっています。

レンズは広角側で撮影

個人的には「えーそうなの!?」というようなアドバイスでした。

というのも、今まで自転車の写真を撮影する際には、丁度良い画角に収まるようにレンズのズームを調整して撮影していたのです。

広角で撮影すれば対象物である自転車が小さくなってしまいます。そこで自転車が小さくならないように、カメラ自身が自転車に近づいて撮影することで画角を調整するのです。

レンズで調整した方が絶対楽なのですが、こういった手間を惜しまないことが写真のクオリティを上げることに繋がるのでしょう。

逆光で撮るとドラマチックになる

逆光で撮ること自体がそもそも僕の頭の中には無かったこと。
写真を綺麗に撮る為には順光でなければ・・・という考えがあったからなのですが、こういう発想になれるのは経験が絶対に必要ですね。

順光と逆光の基礎知識

順光:カメラの後ろに太陽があるような撮影条件
被写体(自転車)の色が鮮やかに出る反面、写真としては平凡なものになりやすい。

逆光:カメラの正面に太陽があるような撮影条件
ドラマチックな写真になる反面、自転車が暗く写る

順光と逆光で自転車写真

逆光などで自転車が暗く写ってしまう場合の対処法3つ

カメラ補正機能を利用する

逆光の場合、カメラが「明るい場所」という判断をして画像を暗くしてしまうので、補正機能を利用して意図的に自転車が明るく写る程度まで写真を明るくする方法。

フラッシュ撮影する

カメラに内蔵しているフラッシュを発光させることで、逆光でも自転車を明るく写すことができる他、強い光が当たることによって、フレームなどのメタリック感が表現できるそうです。

明るさを自転車に合わせた写真と、背景に合わせた写真を2枚撮影し合成する

カメラを固定して全く同じ場所から、明るさの違う二枚の写真を撮影して、それをPhotoshopなどの写真補正ソフトで合成するなどで画作りする方法。

極めつけの一枚

自転車カッコ良く撮影する方法Copyright:http://shinobe.jp/

上記のポイントを見事に踏まえた極めつけの一枚。
クロスバイクのESCAPEが神々しいまでにカッコ良く写されています。
メタリックな質感のキラキラ感がハンパ無いですね!

自転車写真をカッコよく撮りたい!のでプロカメラマンに相談してみたのまとめ

正直なところ、実際に作例が出てくるまでは、被写体には差がないわけですし、それほど大きな違いは出ないんじゃないかなと思っておりました。

ところが、こうして出てきた作例を見て「やべぇ・・・」と。
ハナから同じ土俵に立っていないのは知ってはいましたが、ここまでの差があると「プロカメラマンってスゴい!」と言わざるを得ません。

ぐうの音も出ないとはこういうことですかね(苦笑)
まさしく越えられない壁です。

やはりカメラ任せにしてシャッターボタンを押すだけでは、なかなか理想の写真は撮れないということがわかっただけでも大きな収穫となりました。

作例のようなクオリティの写真は到底無理だとしても、いただいたヒントを踏まえながら撮影すれば、今よりも確実に良い写真が撮れそうな気がします。

謝辞

一応の断りとして、プロカメラマンと言っても、その撮影対象は色々です。
不動産などの建築写真を得意にしている人もいれば、商品写真を得意としている人もいて、カメラマンそれぞれに得意なフィールドは違ってきます。

撮影する対象が違えば、使用する機材もライティングも方法も異なるわけで、プロカメラマンとしての職人の仕事は、ジャンルごとに棲み分けがされているのが普通です。

例えば、料理人と言っても、和洋中それぞれに専門が違うように、写真の世界もまたジャンルによって専門が異なるわけです。

ちなみに篠部氏の専門は、人物写真や商品、料理などの商業写真で、とりわけ人物写真を得意とされている方で、僕としてもジャンル違いをお願いするのは失礼であるのを重々承知の上で、無理を言って自転車写真の撮影をお願いした次第です。

にも関わらず、快く依頼を引き受けて、かつクオリティの高い撮影をしていただいた篠部氏に感謝の意を表して、この記事を締めくくりたいと思います。

-写真の撮り方, 自転車全般
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.