クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ホイール・タイヤ 自転車メンテ・改造

クロスバイクやロードバイクのホイールに関する情報あれこれ

更新日:

クロスバイクやロードバイクのホイールに関する情報あれこれ

クロスバイクやロードバイクのホイールについての情報をまとめています。ホイールはクロスバイクやロードバイクなどの自転車のスペックを大きく左右するパーツなので、選び方や盗難対策など気になることをいろいろとまとめています。

クロスバイクやロードバイクに乗るならばホイールの交換は必須とも言えるので、是非トライしてみて欲しい改造カスタマイズです。

予算別クロスバイク用おすすめホイール

クロスバイクに適したホイールを予算別にまとめています。

本格的なホイールは10万円以上が一つの基準だったりしますが、クロスバイクにそのようなホイールを取り付けるのはちょっと勿体無い感じもします。クロスバイクの場合には予算の上限を本体価格と同じくらいと決めると、選択肢が絞り込みやすくなると思います

例えばクロスバイクで最も売れていると思われるGIANT社のESCAPE R3などは5〜6万円程度のホイールを上限に考えるとバランスが良いと思います。もちろん30,000円くらいのホイールでも純正のホイールと比べると性能には雲泥の差がありますから是非ホイールを交換することをおすすめします。

そんなわけで、下記の記事ではクロスバイクのホイールとして人気のあるホイールを予算別にまとめていまるので、ホイール選びの際の参考にしてください。

クロスバイクにおすすめなロード用ホイールを予算別にまとめました

ロード用ホイールを安く買う方法

クロスバイクやロードバイクに使用するロード用ホイールはスペックが高いほど走りも抜群に変わりますが性能に比例して価格も高くなってきます。

例えば、ロード用としてハイスペックなホイールだと10万円以上がひとつの基準になりますから、なかなか気軽に購入できるものではありません。

そんな高級なホイールをできるだけ安く購入する方法として、海外通販を利用する方法があります。いわゆる個人輸入という方法で海外の自転車パーツ販売サイトからパーツを購入することで日本のショップで買うよりも大幅に安い値段で購入できたりするのです。

個人輸入ですから当然為替に左右されますが円高になればなるほど安く買えるということで、金額の大きなパーツを購入する際には是非、購入先の一つとして海外通販を視野にいれておくと良いと思います。

1ドル=100円を基準にしたとして10万円のホイールを買おうと思うと1,000ドルですが、5円円高になるだけで5,000円も安く購入できるわけですから利用しない手はありません。

最も有名なのはWiggleウイグルと呼ばれるイギリスの自転車パーツ販売サイトで、下記の記事ではWiggleで購入する方法や、実際に購入して配達されるまでの基本的な流れなどを解説しています

海外自転車通販のWiggleウイグルでロード用ホイールを購入に挑戦してみた結果

クロスバイクにロードバイク用ホイールを履かせるとどうなる?

クロスバイクにロードバイク用ホイールを履かせるならリアエンド幅に注意

クロスバイクをロードバイクのような性能にアップさせるにはロードバイク用のホイールに交換するのが一番手っ取り早く効果的な方法になりますが、クロスバイクとロードバイクではそれぞれにフレームの設計が異なっていて、場合によってはロードバイク用のホイールがクロスバイクには取り付けられないこともあります。

ポイントはリアエンド幅と呼ばれる後輪を取り付ける部分のフレームの幅で、リアエンド幅と呼ばれるこの幅がロードバイクと同じ130mmのフレームでないとロードバイク用のホイールは取り付けられないということになります。

リアエンド幅について下記の記事で詳しく解説しています。

クロスバイクでロード用ホイールを使用したいならリアエンド幅130mmのフレームを選ぶべし

ロード用ホイール実装レビュー

クロスバイクにロード用ホイールを履かせて、併せて評価の高いコンチネンタルグランプリ4000Sというタイヤに交換した感想を一言で言うならば、全く新しい自転車に乗っているかのような走りになり、特に、高速域での走りには圧倒的な違いが出ました。

ホイールとタイヤを交換することで、体感した走りの違いと感動を下記の記事でまとめています。ロードバイクやクロスバイクを購入した後にはまず「ホイールとタイヤを交換しろ」ということを誰もが口を揃えて言うのも納得の違いです。

速い!クロスバイクのホイールをロード用ホイールに交換して23Cタイヤを履かせた結果

ホイールの盗難防止対策

クロスバイクやロードバイクは盗難被害に遭いやすいというのは誰もが知っていることだとは思いますが、特にホイールは人気のパーツでもあり、すぐに売り払えることや、簡単にフレームから外すことが出来ることなどから、輪をかけてターゲットにされやすいパーツでもあります。

なので、高級なホイールに交換した後は、それまで以上にしっかりと施錠するなどで盗難対策を考える必要があります。下記の記事ではホイールまでを含めたロードバイクやクロスバイクの盗難防止対策についてまとめています。

クロスバイクやロードバイクのホイールを守る盗難対策と施錠のポイント

その他のホイールに関する情報

前輪ホイールの取り付け方向

クロスバイクやロードバイクのホイールには取り付ける前後の向きが決まっています。後輪ホイールはスプロケットがある方が乗車した時に右側になるようにセットしないと取り付けられないので間違うことはないかと思います。

しかし前輪ホイールに関しては前後どちら向きでも取り付けることができるので、前後を間違ってしまうこともあります。前後の向きを判断するにはホイールハブのロゴの向きがヒントになりますが、正面から見た時に文字が正体になるのか、後ろから見た時に文字が正体になるのかの判断に悩むことになります。

正解は後輪ホイールと合わせるということになりますが。果たして後輪はどちら向きになっているか?について下記の記事で解説しています。

クロスバイクやロードバイクの前輪ホイールの取り付け方向は?

-ホイール・タイヤ, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.