クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

おすすめ自転車情報 おすすめ自転車用品 自転車トレーニング

iPhoneから着信とLINEの通知を受けるために心拍センサ付スマートバンドを購入したのでレビューします

投稿日:

iPhoneから着信とLINEの通知を受けるために心拍センサ付バンド

iPhoneから電話の着信とLINEの通知をスマートウォッチ的に受けたくて心拍センサ付のスマートバンドを購入しました。

Apple Watchを買えば良いじゃない?って話ではあるのですが、いろいろなレビューを見て検討した結果、僕にとって電話の着信とLINEの通知意外の機能は全く不必要だと思われました。

そうであれば、別にApple Watchでなくても良いんじゃないかということで、iPhoneから電話の着信とLINEの通知を受けられるスマートウォッチのようなものを探したところ、3,000円くらいから多機能なスマートバンドが沢山見つかりました。

価格が価格だけに動作に関する不安はありましたが、なんせApple Watchの1/10程度で購入できるわけですから、失敗したらそれはそれ、使えたらラッキー的な感じです。

たくさんの製品は見つかるもののどれも似たようなデザインと性能だったので、なんとなく良さそうだと思ったものを適当にチョイスして購入してみました。

iPhoneから電話の着信とLINEの通知ができるスマートブレスレット

iPhoneから電話の着信とLINEの通知ができるスマートブレスレット

購入したのはLcsriyaと呼ばれる多機能スマートバンド(スマートブレスレット)です。

例のごとくでこの手の中国製の格安製品は使い捨て感が強いので故障しても修理は難しいでしょうし、次に同じ製品が欲しいと思っても存在していない可能性も高いので、まずはその辺りを承知の上で購入する必要があります。

逆に言えばサポート類にコストをかけない分、いろいろと安くできるという側面もあるのだと思われます。

ちゃんとしたモノが欲しいと思う方はソニーのSmartBand(SWR12)あたりがそれほど高くもなく、性能的、メーカー的にも安心かもしれません。

スマートバンドの機能と性能

色々な機能が備わっています。
3,000円そこそこのデジタルウォッチと考えると恐ろしいほどの機能です。

● 時計
● 歩数計
● 移動距離
● 心拍計
● 血圧計
● 消費カロリー
● GPSトラッキング
● Bluetooth4.0(BLE/Bluetooth smart)
● iPhone/Android対応
● SNS通知
● 着信通知
● 睡眠モニター
● リモートカメラ
● 防塵防滴
● アラーム
● タッチボタン
● 21.7g
● USB充電

スマートバンドの機能は電話の着信とLINEの通知があれば良い

上記のように非常に多機能なスマートバンドではありますが、今回僕がこのスマートバンドを購入した主な用途は電話の着信とLINEの通知です。

というのも、僕はあまり携帯電話に依存した生活をしていないためバッグにiPhoneを入れっぱなしという状態で1日の終わりに着信やLINEのメッセージがあったことに気が付くことがほとんどです。

大切な連絡があると前もって分かっている時にはポケットにスマートフォンを入れておいたりもするのですが、それでも着信に気がつきません。

それをどうにかしたいという悩みがありました。

そんな悩みを解決してくれるのがApple Watchだったので購入の検討をしていたのですが、結局どんなに多機能でも必要なものは電話の着信とLINEの通知だけなので、それが出来ればApple Watchに限らずで何でも良いと思ったわけです。

僕にとってそれ以外はオマケ的な機能であまり重要視はしていません。
自転車に乗る際に心拍トレーニングが出来れば嬉しいので心拍計くらいはあれば良いかなという程度です。

安っぽくないスマートバンド

安っぽくはないスマートバンド

購入価格が約3,700円。
同様の機能が備わった有名メーカーのスマートウォッチと比べると価格は1/5〜1/10程度ですから、オモチャのような安っぽいモノを想像していました。

しかし、安っぽさはほとんどありません。

これは最近の中国製品にも共通して言えるところですが、以前はあった安っぽいプラスチックに成型ムラがあるような粗悪さは見られません。

心拍センサー

本体裏側には緑色の光の出る心拍センサーがあります。
バンドはシリコーン製でスポーツ用途で汗をかいても問題ありません。

装着具合

実際に腕に装着した時の具合です。
バンドは少し固めですが擦れて痛くなるということはありませんでした。

幅は2cmくらい。
最も厚みのある部分で1cmくらいで過度な存在感はありません。
さりげない感じで良いと思います。

タッチスクリーン

タッチスクリーンで表示を切り替えられます。
また、Apple Watchと同じように手首を返す動作で時刻を表示することができます。

スマートバンドをiPhoneとペアリングさせてみる

スマートバンドをiPhoneと連動させてみる

僕のiPhone8とペアリングさせてみました。
ペアリングは専用アプリ(H Band)で操作してBluetoothで繋ぎます。

特に難しい設定もなく、アプリをインストールしてユーザー登録して設定画面で通知内容を選択すれば終了。
5分もあれば使い始めることができるくらいに簡単でした。

iPhoneを置きっ放しで離れてしまうと接続が切られてしまいますが、数メートル範囲くらいであれば常時接続されているような感じです。また接続が切れたとしても簡単に再接続できるのでストレスはほとんどありません。

要するに問題なく使用できます。

H Band

アプリの画面では基本的な情報である心拍数や歩数などの情報がグラフ化されて表示されます。

一部の情報はiPhoneアプリであるヘルスケアなどに情報を渡せたりもします。

個人的にはこのあたりの情報はそのうちどうでも良くなってくるのであまり重要視はしていませんが、あればあったで楽しいですね。

電話着信とLINEの通知

電話着信とLINEの通知

電話着信の通知はペアリングすると自動的に機能してくれますがSNSに関しては設定画面でサービスを選択する必要があります。

LINEやfacebook、instagram、twitter、gmailなどの主要なサービスはもちろん、中国のWechatなどのサービスなどにも対応していたりします。

何でもかんでも通知させてしまうと逆に見なくなってしまうので僕は電話着信とLINEのみ有効にしています。

試しに自宅から電話をかけてみると、数秒のタイムラグはありますがiPhoneに登録してある発信者名が表示されました。LINEの場合は発信者と冒頭の10文字程度が表示されます。

もちろんバイブ機能も備わっていて振動で通知を知らせてくれます。

いやしかし手元で着信やLINEの通知が受けられるというのはスマートフォンを手に取って画面確認する回数が激減して調子が良いですね。

いろいろな方がスマートバンドやスマートウォッチのレビューで書いているように、この機能にお金を出せるかどうかが購入の際の大きな判断基準になるかと思います。

知らない間に接続が切れていることもありますが接続が切れるとBluetoothマークが消えますからすぐに気がつくことができます。

このスマートバンドさえあればもう着信に気がつかないということはかなり防げそうです。

心拍計の精度は信頼できそう

心拍計の精度

いろいろ機能はあっても、ありがちなのは精度が良くないなんてこともあります。

例えば心拍計の機能が備わっていてもその数値がいい加減であればただのゴミです。

気になったので今まで使用してきたMio ALPHAと呼ばれる心拍計付きの時計と比較してみました。Mio ALPHAは心拍計付きの時計の先駆け的な存在でもあります。

Mio ALPHAと今回購入したスマートバンドを同時に腕に装着して心拍数を計測してみたところ、若干の誤差はあるものの二つの数値はほぼ同じだったので信頼できる数値と言えそうです。

また心拍トレーニングには負荷の設定(心拍数に応じた運動量)が必要でMioALPHAは予め設定した許容範囲を越えるとアラームで警告してくれる機能があり、それをヒントにすることで負荷を強くしたり、逆に弱くしたりしながら安定した負荷でトレーニングできます。

今回購入したスマートバンドもアプリケーションで心拍数を設定できて、高い負荷の際に心拍数が上がりすぎるなどするとアラームとバイブで警告をしてくれるので心拍トレーニングでも十分に使えそうで、自転車に乗る時にも活用できると思います。

GPSと血圧計の精度は?

GPSと血圧計については特に試していませんがオマケ程度なのかなとイメージしています。

というのもGPSは利用する衛星の種類や数で精度が変わります。GPSと言ってもいろいろな種類があるわけですね。

高価なGPSセンサーほど利用できる衛星や数が増えるわけですが、そのようなセンサーは部品の価格もそれなりに高価なので数千円レベルの製品にはまず搭載されませんし、そのようなGPSが搭載される場合はセールスポイントにもなりますから商品スペックなどには必ず記載されたりするものです。

例えばGARMINであればGPS+みちびきやGLONASSなどの精度の高いGPSシステムを利用していることを必ず表示していますが、今回購入したスマートバンドをはじめとして安価なスマートウォッチなどではまず書かれていません。

なので、現実的に考えてオマケ程度の精度のGPSセンサーが使用されていると思われるので数十メートル程度の誤差は目を瞑る必要があると思います。特に都市部など衛星がキャッチしづらい環境では相当な誤差が出るものと思います。

血圧計に関しては病院などで使用するポンプ式でもない限りは正確な血圧を計測するのは難しいんじゃないかと思います。

Apple Watchなどハイエンドなスマートウォッチでさえ血圧計を搭載していないということは、つまりはそういうことなんじゃないかと思うのです。

心拍計や血圧計で有名なオムロンですら2018年の家電ショーで血圧計付きのスマートウオッチをようやく発表したくらいで、それですらポンプ式で圧迫してから計測するものですから、単なるバンドで心拍数を測るのと同じ要領で血圧を測るというのはちょっと無理なんじゃないかな、と。

僕自身はどちらの機能も必要ないと思っているのでオマケ程度に考えていますが、いずれかでも重要視してそれらの機能を期待して購入を検討している場合はそれなりのメーカーのものを選択した方が良いと思います。

iPhoneから着信とLINEの通知を受けられる心拍センサ付スマートバンドのまとめ

今後使っていく中でどうなるのか分かりませんが、とりあえず使用してみた範囲では、僕の主目的である電話の着信とLINEの通知に関しては問題なくiPhoneと連携してくれているので、十分満足です。

むしろこれが3,700円程度で販売されていることに驚いてしまうほどで、大変良く出来ているなぁというのが正直な感想です。

アマゾン等でスマートウォッチやスマートバンドで探してみるといろいろと安い類似の製品が見つかりますから、いずれも機能や価格同等なので同じような場所からモデル違いブランド違いで供給されているんじゃないかと思われます。

スマートウォッチ検索結果(Amazon)

この手のガジェットは使用用途や目的でその価値観が大きく分かれるものだと思います。なのでスマートウォッチやスマートバンドなどに興味のある人は、自分の使用目的や実際にどこまで使うかを知るためにまずは安いスマートウォッチやスマートバンドを購入してみるのが良いかもしれません。

それでもっと専門的な機能が欲しいと思えばGARMINやApple Watchなどのハイエンドなスマートウォッチを購入すれば良いでしょうし、安価なものでも十分だと思えればそれはそれって感じです。

以上、iPhone8の電話の着信とLINEの通知をさせたくて心拍センサ付スマートバンドを購入したお話でした。

-おすすめ自転車情報, おすすめ自転車用品, 自転車トレーニング

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.