自転車ショップ 自転車全般 自転車購入

サイクルベースあさひのスポーツバイク専門店スポーツスペシャリティストアとTHE BASE

更新日:

自転車量販店大手で知られる「サイクルベースあさひ」が、ロードバイクやクロスバイクなどを取り扱うスポーツバイク専門店が「スポーツスペシャリティストア」です。

スポーツバイクを取り扱うショップは、敷居が高く感じてしまう人も多いかと思います。

ロードバイクなどのスポーツバイクに興味があるものの、スポーツバイクのショップでは、いかにもロードバイクに乗り込んでいそうなピチピチのウェアを来た人と、店員さんが談笑したりして、初心者にとっては、近寄りがたい雰囲気のお店が多い印象です。

その対局にあるのが、サイクルベースあさひのような、大衆向けの自転車を取り扱う販売店で、いつでも気軽に立ち寄れる気軽な雰囲気があります。

ただし、問題は、取り扱っている自転車が、ママチャリだったり、シティサイクルだったり、スポーツバイクと言えばクロスバイクが関の山だったりして、なかなか本格的なロードバイクなどを扱っているお店は少ないんですよね。

そんな中で、サイクルベースあさひが展開しているスポーツバイク専門店「スポーツスペシャリティストア」は、スポーツバイク初心者にとって、立ち寄り安い雰囲気の貴重な自転車屋さんということになります。

というわけで、「スポーツスペシャリティストア」は、どういうお店なのかについてまとめてみました。

サイクルベースあさひと言えばシティサイクル専門店

サイクルベースあさひのスポーツバイク専門店

「サイクルベースあさひ」と言えば、自転車に乗る人なら誰でも知っている、全国展開している自転車小売店で、自転車小売りでは最大手。

全国に500店舗以上を展開していて、東京でも郊外の大きな道路沿いで、よく店舗を見かけることがでいる、私達にとって非常に身近な自転車屋さんです。

サイクルベースあさひと言えば、基本的には一般的なシティサイクルやママチャリ、子供用自転車を広く扱うお店であり、ロードバイクなどを取り扱う「プロショップ」とは一線を画した、大衆向けの自転車屋さんです。

GIANTの「ESCAPEシリーズ」や、LOUIS GARNEAU(ルイガノ)、あさひのオリジナルブランドである「プレシジョンスポーツ」などのクロスバイクなんかは取り扱っていますが、ドロップハンドルを装備した本格的なロードバイクなどは、基本的には取り扱っていないと思います。

なので、本格的なロードバイクに興味がある場合は、、GIANTストアなどのメーカー直営店や、個人経営のプロショップ、Y'sロードなどのスポーツバイク専門チェーン店などに行くことになります。

ただ、問題は、これらの専門ショップは、前述したように、初心者にとっては敷居が高く、居心地が良い場所ではないという問題があります。

サイクルベースあさひのスポーツバイク専門店スポーツスペシャリティストア

サイクルベースあさひがスポーツバイク専門店

そんなスポーツバイク初心者にとって、大変ありがたいスポーツバイク専門店が、サイクルベースあさひが展開する「スポーツスペシャリティストア」なのです。

なんてったって、サイクルベースあさひが展開するスポーツバイクの専門店なので、お店の雰囲気は、サイクルベースあさひと同じです。

スポーツバイク専門店だからと言って、変にプロショップのような佇まいになっていないところが、我々のような初心者にとっては、非常に立ち寄りやすい雰囲気でグッドなのです。

参考 スポーツスペシャリティストア|サイクルベースあさひ

あさひのスポーツサイクル専門ストアスポーツスペシャリティストアの特徴

サイクルベースあさひの、スポーツサイクル専門店にはいくつかの特徴をまとめてみると下記のような感じです。

常時180台以上の豊富な品揃え

常時180台以上のスポーツサイクルが展示されているのもセールスポイントにしているようです。

さすがは全国チェーンならではの、大規模店舗だからこそ成し得る力技かと思います。

一般的なプロショップではこのような品揃えはまず無理でしょう。

スポーツサイクル専門スタッフ

スポーツサイクルの知識を持ったスタッフが常駐しているので、初心者でも安心して相談ができるものと思います。

自転車やパーツを安く売るお店は他にもありますが、少々高くても、わざわざ実店舗のあるプロショップを選ぶ理由としては「安心して相談出来るスタッフが居る」というところがあるからでしょう。

気軽に相談できるスタッフが居るというのは、スポーツバイクにとってはとても大切なことなのです。

フィッティングスペース

スポーツサイクルと言えば、ポジション出しが重要ですが、このあたりももちろんスポーツバイクのショップとして必要な設備を備えていますね。

むしろ全国展開できるチェーン店だからこそ、このような設備は他店には負けないんじゃないかなと思います。

お試しサイクル

スポーツサイクルが初めての人のために、スポーツバイクを貸し出し(有償)してくれるなんていうサービスもやっているようです。

試乗じゃなくて貸し出しというところが素晴らしいですね。

実際問題でスポーツバイクは、実際に乗ってみるまで分からないことも多いので、こういったサービスは、非常にありがたいと思います。

ストアスポーツスペシャリティストアでの取り扱いブランド・メーカー

サイクルベースあさひでも、GIANT社やBianchi社の取り扱いはあったかと思うんですが、その他のスポーツバイクメーカーの自転車も販売されるようになっています。

自転車メーカー

● GARNEAU
● LOUIS GARNEAU
● GIANT
● Bianchi
● MERIDA
● tern
● DAHON
● FUJI
● YAMAHA
● MARIN

パーツメーカー

● 3T
● birzman
● guee
● connex
● WELDTITE
● moon
● SHIMANO
● KENDA

スポーツスペシャリティストア店舗

スポーツスペシャリティストアの店舗は全国各地で展開されています。

参考 スポーツスペシャリティストア店舗

さらに専門性を高めたTHE BASE

THE BASE

「サイクリストが集えて活用でき、人生を楽しむための自転車基地」というコンセプトのショップ「THE BASE」を新たに展開しています。

スポーツスペシャリティストアの方は、一階部分をシティサイクルやママチャリのためのフロア、二階部分をスポーツバイクのためのフロアという感じで仕切って運営している感じもあったかと思うのですが、THE BASEは完全にスポーツバイク専門店として運営しているようです。

Y'sRoadなどと同じような感じの、大規模店舗のスポーツバイク専門店という感じになるのでしょうかね。

店舗自体も「あさひ」のイメージをあえて消しているようなデザインになっていて、一般店と明確に差別化しているようです。

取り扱いブランド・メーカー

THE BASEの取り扱いブランド・メーカーも、さらに専門的になっていて、DE ROSAやCOLNAGO、LOOKなどガチ系の人たちも愛用するようなメーカーも取り扱われています。

店舗情報

店 舗 名 :THE BASE
住  所 :〒192-0362 東京都八王子市松木63-7
営  業 :12時~20時(月~金)、10時~20時(土日祝)
定 休 日 :年中無休 ※但し、棚卸のため8月および2月の内各1日、年末年始は休業
T E L :042-670-1780
駐 車 場 :あり
アクセス:電車= 京王線『京王堀之内駅』から徒歩約15分
         京王線『南大沢駅』から徒歩約16分
      車 = 多摩ニュータウン通り『板橋南』交差点から南へ約150

参考 THE BASE

サイクルベースあさひスポーツスペシャリティストアのポイント

スポーツスペシャリティストア
Photo via:http://www.cb-asahi.jp/sports/

上記の写真を見ても分かるように、従来のサイクルベースあさひのイメージを踏襲する明るい店舗です。

こじんまりとした個人経営のプロショップは、最初はなかなか敷居が高くて入りづらいと考えている人は多いかもしれません。

僕自身もそうでしたが、最初はなかなか入りづらいのがプロショップなのです。

そんなわけで、プロショップよりも「Y'sロード」などの大型販売店の方が立ち寄りやすくて人気だったりもするのですが、そのY'sロードよりもさらにお気軽な感じがするのがサイクルベースあさひのスポーツスペシャリティストアやTHE BASEというわけですね。

こういう店舗だと「ロードバイクが身の回りで流行ってるからちょっと覗いてみようかな」という程度の人でも、気軽にスポーツバイクを見ることもできますよね。

プロショップにありがちな、店員さんと常連さんたちから感じる、プレッシャーもなさそうです。

僕自身、インターネットショップで、消耗品やパーツを購入する際などで、サイクルベースあさひは、頻繁に利用していますし、実店舗でも非常に満足度の高いサービスを受けられたりもしますから、スポーツバイク専門店でもきっと、同様のサービスが受けらるんじゃないかなと思います。

とにもかくにも、スポーツバイクに興味がありつつも、専門店の敷居の高い雰囲気に気圧されて、相談どころか、立ち寄ることさえ出来ない人って意外と多いと思うんですが、サイクルベースあさひのような超大型チェーン店が運営であれば、立ち寄りづらいということもないでしょうし、気軽に立ち寄れる専門店として人気が出そうですね。

自転車ショップの関連記事

【海外通販】PRO BIKEKIT(プロバイクキット)での自転車用品の購入〜キャンセルの流れ

【海外通販】Wiggleウイグルで自転車用品パーツの購入方法と受け取りまでの流れ

Cymaサイマで電動自転車を購入して解ったネット通販で自転車を買うメリットとデメリット

クロスバイクやロードバイクの自転車用品は何処で買う?おすすめショップまとめ



-自転車ショップ, 自転車全般, 自転車購入

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.