クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車用品 買い物・店舗

自転車をネットショップCymaサイマで買ってみて解ったネットで自転車を購入するメリットとデメリット

更新日:

ネットで自転車を購入するメリットとデメリット

自転車を自転車通販サイトの大手であるCymaサイマ
で買ってみました。

Cymaサイマではロードバイクやクロスバイクなども取り扱いがありますが、本格的なモデルはほとんどなく、専らママチャリやシティサイクルなどをメインで扱っているショップです。

そんなわけで今回購入したのはロードバイクやクロスバイクではなく、いわゆる子供乗せ自転車です。

僕がCymamサイマを知ったのは職場で流れているラジオでのCMがきっかけですが、Cyamサイマは自転車通販サイトの中では自転車あさひと双璧をなす存在かと思いますが、自転車あさひとは違い、実店舗は無いようで専ら通販専門のようです。

僕の場合、自転車はロードバイクかクロスバイクにしか興味が無かったので、Cyamサイマの存在を知ってからもしばらくはチェックすることすらありませんでした。しかし子供との移動に子供乗せ自転車があれば便利だろうなと考えるようになり、Cymaサイマで購入してみようかなと思った次第です。

本当ならば自転車は自宅の近くに自転車屋さんで買うのが一番良いと思うのですが、一番近くの自転車あさひでも30分くらい掛かる場所にるため、ブログのネタ集め的な意味もあり、以前から気になっていたCymaサイマを利用してみたというわけです。

Cymaサイマは安い?自転車の価格は?

Cymaサイマは別に安く無い

ママチャリは安くもなければ高くもない

CymaサイマはCMもかなり打っているようですし、年がら年中何らかのセールをしているようですし、サイトのデザインを見ても、お買い得な雰囲気がバンバンするので非常に安いイメージがあります。

しかしママチャリを買おうと色々と価格を比較した印象としては、特に他のショップと比べて安く販売されているというような感じではありませんでした。セール品でも格別に安いわけではなさそうです

逆を言えば高いわけでもありません。

というのも子供乗せ電動アシスト自転車は、どのショップも似たような割引率で、価格にほとんど差がないのです。

もちろんモデル入れ替えの時期(12月〜2月くらい)には旧モデルがかなり安く販売されていたりするのを見かけたりしますが、基本的にはどのショップも価格は横並びと思って間違いなさそうです。

ショップのサービスや品揃えで差が出る

どのショップでも価格帯は似たような感じですが、ポイントなどのサービスには差があります。

例えばヨドバシカメラで買えばヨドバシのポイントが10%程度付きますし、ヤフーショッピングで買えばTポイント(100円につき1ポイント)が付いたりします。

Cymaサイマの場合は付属品のサービスやパーツの組み合わせでお得感が出る感じがします。

僕が購入した電動アシスト自転車はブリジストンのフロンティアと呼ばれるモデルですが、この自転車は同じブリジストンのbikkeシリーズなどのように最初からチャイルドシートが装備されている自転車ではなく、通常の電動アシスト自転車がベースになっています

このブリジストンのフロンティアを子供乗せ自転車にするためには、チャイルドシートを別途購入する必要があり、取り付けも行わなくてはいけませんが、Cymaサイマではチャイルドシートを取り付け済みの状態で販売してくれていて、別々に購入するよりも安価な価格になっていたりしてお得感が出ていたりするのです。

要するにCymaサイマの場合、あれこれ付属品を自分で選ばなくてもオリジナルカスタム品で購入できるわけです。

そんな感じでお得感の演出はショップにより異なるわけで、その辺りを踏まえてショップ選びをするのが正しいんじゃないかと思います。

個人経営の自転車屋さんで買っても色々サービスしてくれるお店もありますし、品揃えや価格が高くても、購入後のメンテナンスや相談もお願いしやすいなどのメリットがあり、それぞれなのですよね。

Cymaサイマを利用してみて感じたメリット

ちなみに僕がCymaサイマを利用してみてメリットに感じたのは下記の点です

品揃えが良い

他のショップよりも品揃えやオリジナルカスタムのラインナップが多い印象でした。
なので、自分が探している条件で自転車が見つかりやすいと思います。

色々付属してくる

サービスの自転車カバーとワイヤー錠

内容はその時々のキャンペーンで異なると思いますが、購入した自転車の他に色々と付属してきます。

僕が購入した際は、チャイルドシートの雨避けカバーとワイヤーロックが付属されてきました。

保険

Cymaサイマで自転車を購入するとロードサービス(1年間)やパンク修理の保証が付いてきます(防犯登録をした場合)。

都合よく提携店舗の近くでパンクしてくれるなんてことは滅多に無いとは思いますが、有ればあったで嬉しい保証です。

送料無料や組み立て無料について

CymaサイマがCMなどで売りにしている送料無料や組み立て無料については、有難いサービスですが、お得かどうかと言われると、どうかなー?って感じです。

というのも、他の店舗で購入しても、大抵の場合は送料無料です。実店舗に取りに行く場合ももちろん無料ですし、組み立て工賃も大抵の場合はサービスしてくれると思います。

Cymaサイマで購入と保障など

分かりやすいユーザーインターフェイス

分かりやすいユーザーインターフェイスと豊富な支払い方法

実際にCymaサイマで購入してみました。

特徴的なのが、各自転車ごとに解説があり、購入する際の参考にしやすい点、カテゴリ分けもしっかりとされていて目当てのスペックの自転車に辿り着くのが簡単など、非常に使いやすいユーザーインターフェイスです。

この点はその他の競合サイトなどと比べても圧倒的に選びやすい、特に自転車に詳しく無い人にとっては有難い部分でした。

実店舗のショップだとあれこれとスタッフの方に質問することがあると思いますが、そんな感覚で疑問に思った点はだいたい記載されている情報を見るとすぐに見つけられるようになっています。

豊富な支払い方法

豊富な支払い方法
また、支払い方法も豊富で、アマゾンのアカウントを使用できたり、クレジットカード(VISA / Master Card / JCB / Diners Club / American Express)はもちろん、コンビニ決済(セブンイレブン / ローソン / ファミリーマート / サークルK / サンクス / ミニストップ /デイリー)、それから銀行振込にも対応しています。

僕はユーザー登録をするのが面倒だったので、アマゾンアカウントを使用して支払いを済ませました。

防犯登録

防犯登録と保証サービス

ネットで自転車を購入する際に、個人的に最も気掛かりなのは防犯登録をしてくれるかどうかでした。

というのも数年前はネットで自転車を購入すると防犯登録はされないまま配送され、自分自身が自転車屋さんに持ち込んで防犯登録をする必要があったのです。

ところが、自転車屋さんに持ち込んでも自分のお店で購入されていない自転車に関しては防犯登録をするのを嫌がられたりするのです。まぁ盗品の可能性もあるわけで、そのあたりの責任を負えないというような事情もあるようです。警察で防犯登録が出来れば良いのにと思うのですが、警察では防犯登録は出来ないのですよね。

そんなわけで、防犯登録されていないまま配達されると、その時点で無駄な手間を増やしてしまうのです。

幸いにして最近はネットで購入するのと同時に防犯登録もしてくれるショップも増え、その心配もなくなりました。もちろんCymaサイマでも防犯登録をした状態で出荷してくれます

保障サービス

Cymaサイマで自転車を購入すると防犯登録に+αで自転車保険や盗難保障などの保障サービスを付加することが出来ます。

年額5,000円程度で三年間の盗難保障や示談交渉サービス付きの自転車保険に加入できるので、自転車保険とうに未加入の人は検討してみるのが良いと思います。

僕の場合はブリジストンの自転車には3年間の盗難保障が付いていることや、自動車保険や火災保険に付帯している個人責任賠償保険に加入していることから不要という判断で防犯登録のみで購入しました。

防犯登録のみの場合も、お店でパンクCAREと自転車ロードサービスが付帯するので、それだけでもお得な感じがすごくあります。

ちなみにCymaサイマのスタンダードパックで保証されている内容はau損保が提供するBycleの簡易版的な保険のようです。保険料はそれほど変わりませんがBylceの方が保障が厚いので、手間でなければau損保と契約した方がお得だと思われます。

Cymaサイマで出荷と配送と納品など

Cymaサイマで出荷と配送と納品など

土曜日曜祝日は営業していない

Cymaサイマで購入すると通常は3営業日程度で出荷されるようです。
組み立て整備までした上での出荷なので、それなりのスピード感だと思います。

留意しておかなければいけないのは土曜日日曜日祝日などは営業していないので、金曜日の午後以降に注文したりすると出荷されるまでは5日ほど待つ必要があります。

僕の場合はお正月休み中の1月2日に注文した関係で出荷が1月9日まで待つことになりました。(2018年は1月5日が金曜日だったため世間一般的には5日から仕事始めの会社が多かったと思いますが、Cymaサイマは成人の日1月8日まで休みだったようです。)

なので、あまり待ちたくない人は長期連休や週末の注文を外した方が良いでしょう。

配送は時間が掛かる

9日に名古屋から出荷されたので、日頃買い物をしているアマゾンなどの感覚で考えると出荷されれば翌日には届くので、10日か11日には届くだろうと思っていましたが、意外と時間が掛かりました。

配送は大手ではない物流会社が担当しているようでヤマト運輸や佐川急便などの大手流通会社と比べると時間がかかるようです。

ちなみに発送から納品までの経過は下記のような感じです。

9日に配送業者Aに受け渡し
10日に配送出発
11日に配送業者Aから配送業者Bに受け渡し
12日動きなし
13日夕方 配送

どの道、週末にしか受け取りが出来なかったので日程的には問題なかったですし、おそらくこれくらいのスケジュールが配送業者にも無理のない範囲だと思います。裏を返せばヤマト運輸や佐川が超優秀過ぎるということなのでしょうね。

受け渡し時の製品説明などは特になし

自転車が無事配送されてきて自宅駐輪場まで運んでくれましたが、伝票にサインすると「ありがとうございました(にっこり)」と元気よく挨拶してそのまま帰ってしまいました。

実店舗で購入する際にあるような基本的な使用方法である、鍵の賭け方や空気の補填方法、電動アシストの使い方やバッテリーの充電方法、チャイルドシートの使い方や注意点などの説明は全くありませんでした

もちろん、説明書に目を通せばそれらのことは全て書かれていますし、配送業者のお仕事でもないと思うのでしょうがないとは思うのですが、自転車を覆っていたプチプチや段ボールなどの緩衝材もそのままで「えええ?行っちゃうの?」という感じでちょっと驚いてしまったのも事実です。

少し前に家具をネットで購入した際に配送してくれたのはヤマト運輸さんでしたが、緩衝材はもちろん、簡単な掃除までして帰ってくれたので、ついつい過剰に期待してしまったところもあります。

整備具合に不満も

整備具合に不満

届けられた時点ではバッテリーに充電されていないので充電する必要があります

軽く充電が終わって、いざ乗ろうと思うと、前カゴがハンドルと水平ではなく斜めに取り付けられていることに気がつきました。新車ですからどこかにぶつけてとか倒してということは勿論なく、最初から斜めに取り付けられているのです。極端に斜めになっているわけではないですが、運転中に常に目に見えるところですし気になってしまいます。

また、タイヤには空気圧の目安となる空気ミハルくんというブリジストンならではのパーツが付けられていて、空気圧が低くなると赤い部分が見えてきて空気を入れるタイミングを教えてくれるのです。

もちろん出荷前にはしっかりと空気を入れてくれているようなのですが、空気が十分に入っているにも関わらず、前後のタイヤとも見えてはいけないはずの赤い印が全開で出ていました

要するに正常な動作をしていない状態です。

これらのことはすぐに分かるレベルのことなので、それがそのまま出荷されているというところで整備の品質が気になるところではあります。

自転車を購入する店舗の候補の一つとして有りだと思います

実際にCymaサイマで自転車を購入してみて良かった点、悪かった点など感じたことをまとめてみましたが、Cymaサイマに限らずでネットで自転車を買うと必ず付いてくる感想なのだと思います

なので印象としては、良くもなく悪くもなくで、数あるサイクルショップの中の選択肢の一つとして考えられるお店が僕の中で増えたなという印象です。

結果として、細かく気の利いたサービスや、操作や使用方法に不安のある人はネットよりも実店舗で相談しながら購入した方が安心できると思いますし、一長一短を考えながら利用するのが良いのではと思います

ネットで自転車を購入する際のメリットとデメリットをまとめると下記のような感じです。

ネットで自転車を買うメリット

● 価格を比較しやすい
● たくさんの種類から選べる
● 店舗のサービスに期待できる

ネットで自転車を買うデメリット(実店舗で買うメリットの逆)

● 細かい相談ができない
● 操作や使用方法についての説明がない
● トラブル時の相談のハードルが高い
● 届くまでどんな状態か分からない

Cymaサイマ

自転車館 Airbike

サイクルベースあさひ

Cycle Taiwan!!

-自転車用品, 買い物・店舗

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.