サイクルコンピューター・センサー レビュー

キャットアイのサイクルコンピューターのパーツを紛失したので問い合わせてみた結果

更新日:

キャットアイのサイコンのパーツを紛失

キャットアイのサイクルコンピューターの裏蓋を紛失

キャットアイのサイクルコンピューターの裏側の蓋を紛失しました

僕が日頃使っているサイクルコンピューターは、サイクルコンピューターのメーカー中でも定番中の定番であるCATEYE キャットアイの製品です

サイクルコンピューターを購入してから1年以上経ち、液晶の表示が薄くなるという電池切れのシグナルが出始めたので、電池を交換しようとサイクルコンピューターを裏向けたところ、サイクルコンピューターの裏側にあるはずの電池部分の裏蓋を紛失していることに気付きました

サイクルコンピューターの裏蓋

CATEYEのサイコンの裏蓋を紛失
Photo via:https://www.cateye.com/files/manual_dl/4/113/rd300w.pdf

上記の図の中で赤丸で囲んだ部分のパーツです。

幸い、購入したキャットアイのサイクルコンピューターは防水仕様になっているため、電池の裏蓋がなくても、その中にある電池を押さえるための蓋があり、Oリングで浸水しないような構造になっているので、電池が落ちてしまうということはなく、そのまま使用することができていたので、裏蓋を紛失していることに気が付かずにいたというわけです。

一体いつ、どのタイミングで落としたのか、全く分りませんが、今まで気付かずに使用して何の問題もなかったということは、おそらくこれから先も何の問題もないまま使用できるものと思われます。

しかしながら、本来在るべき物が無いまま使い続けるのは、なんとなくスッキリしない感じがしてしまうので、交換パーツは無いのかをメーカーに問い合わせることにしました。

キャットアイへ問い合わせ

キャットアイの製品サービス課にメールを送る

キャットアイへの問い合わせ先は、サイクルコンピューターの取扱説明書に書いてあった「製品サービス課」がおそらくそれに該当する部署と思われたので、下記のような内容でメールを送信しました。

株式会社CATEYE 製品サービス課御中
前略

御社のCC-RD300Wという品番のサイクルコンピューターを使用しています。電池を交換しようとしたところ防水カバーをカバーしている裏蓋がなくなっているのに気が付きました。

中略

そのままでも問題ないようにも思いますが、何かの弾みで電池が落ちてしまうのも嫌なので、裏蓋を購入することはできるでしょうか?

後略

キャットアイの製品サービス課からメールが届きました

メールを送信した翌日下記のような返事をいただきました。

前略

お問い合わせいただいたパーツの販売は行っていません。
しかし、今回のみ特別に送料のみ負担いただくと用意させていただきます。
82円切手を添付した返信用封筒と用件をお書きの上弊社まで封書にて送付してください。部品の代金はいただいておりません。

後略

「今回のみ」という特別対応ではあるものの、予想外の大変親切な対応に思わず「おおおお〜」っと声が出てしまいました。

そんなわけで、さっそく自宅の住所を書いた返信用封筒に切手を貼り、送付用の封筒の中に用件とともに入れて、キャットアイのカスタマーサポートの方へ送付させていただきました。

キャットアイからパーツが送られて来た

CATEYEのサイコンの裏蓋を紛失の封筒

待つ事、数日。

ポストを開けると、キャットアイのカスタマーサポートのスタンプが押された封筒がありました。

さっそく封筒を開けると

CATEYEのサイコンの裏蓋を送付

中には「送付のご案内」とパーツが同封されていました。

CATEYEのサイコンの裏蓋を嵌める

僕の持っているサイクルコンピューターにぴったりハマってくれそうな予感です。

CATEYEのサイコンの裏蓋を嵌める

サイクルコンピューターへ装着しました。

ピッタリです。

当たり前ですが、きちんとハマると嬉しいものですね。

これで無事、サイクルコンピューターの本来あるべき姿に戻すことができました。

これからもキャットアイの製品を買うよ!

CATEYEのサイコンの裏蓋のキャットアイのロゴ

キャットアイ様には、期待以上の対応をしていただいて、感謝感謝の気持ちで一杯です。

なので、次のサイクルコンピューターも、次の次のサイクルコンピューターも、キャットアイ製のものを購入したいと思います。

感動したついでに「他にはどんな製品があるのかな?」とキャットアイのWEBサイトを確認したところ、サイクルコンピューターの他、自転車用ライト、ベルなどの自転車関連用品を製造販売をしているようです。

そうなのです。
キャットアイは自転車のアクセサリーメーカーとしては国内有数のメーカーなのです。

2022年2月現在では、スマートフォンアプリなどの影響もあってか、サイクルコンピューターはここ数年大きなアップデートが無いままではありますが、ライトなどのアクセサリー関係がメインになっている印象です。

ライトに関しても、中華製品で安いライトも多く見つけることができますが、公称のスペックが怪しかったり、すぐに壊れてしまうなどの問題も多く、安物買いの銭失いになりやすいところなので、安心の日本メーカーであるキャットアイの製品を選んだ方が絶対良いと思います。

やっぱり日本のメーカーは段違いで安心です。

別件でも親切な対応をしてくれたというおはなし

余談ではありますが、僕の知り合いはキャットアイのサイクルコンピューターのセンサー部分の磁石をなくしてしまいました。

その時に、僕と同じ用にキャットアイに問い合わせしてみたところ、その時の対応は有償だったようですが「大変丁寧な対応をして貰った」と喜んでいました。

磁石などは、ホイールのスポークに取り付けたりする関係上、ネジが緩みやすいでしょうし、気付かずに紛失してしまうことも多いと考えられます。

きっと問い合わせも多いでしょうから、多くの人が満足できるようなベストな対応ができるような体勢になっているのかもしれませんね。

ありがとうキャットアイ!

国内のメーカーだと、キャットアイに限らずで、親切な対応をしてくれるメーカーも多いとは思いますが、やはり気持ちの良い対応をしていただくと、そのメーカーのファンになり、その後もそのメーカーの製品を買い求めたいと思うようになるのは当然のことですね。

今回は、キャットアイのとても親切な対応をしていただいたおかげで、紛失したパーツが手に入り、かなりハッピーな気分になれました。

ありがとうキャットアイ!

関連記事

サイクルコンピューターの最新事情|ロードバイク・クロスバイク



-サイクルコンピューター・センサー, レビュー
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.