Amazonプライムデー

Google Mapで作成したルートを.gpxファイルにしてサイコンにインポートする方法

サイクルコンピューターが高性能になり、カーナビのように地図表示をしながらのナビゲーションができるサイクルコンピューターも多くなってきました。

多くのサイクルコンピューターはスマートフォンのアプリで目的地を設定すると、自動的に最短ルートなどを作成してくれるようになり、とても便利になっています。

しかしながらサイクルコンピューターによって選択するルートは様々で、あまり通りたくないような道を指定されてしまったり、どこか経由地を追加したい場合などは、再設定が面倒だったりすることもあるので、自分自身が設定したルートで走行したいと思うこともあります。

最新のサイクルコンピューターは、そんな要望にも対応できるように、自作のルートを読み込める機能も備わっているので、どうしても経由したい場所や通りたい道があるのであれば、Google Mapなどで設定した自作のルートをサイクルコンピューターに読み込めば良いということになります。

以下、WahooのGPS対応サイクルコンピューターのELEMNTを参考にして.gpxファイルをサイクルコンピューターにインポートする方法を解説しています。

サイクルコンピューターに自作ルートを取り込む方法

サイクルコンピューターにルートを読み込む方法はSTRAVAなどのルート作成機能を使うなどいくつかの方法がありますがSTRAVAでのルート作成は有料になってしまったので、無料のサービスで.gpxファイルを作成する方法を探します。

もちろんサイクルコンピューターと連動したような有料サービスを使用してルートを作成して読み込むのが最も簡単かとは思いますが、今回はGoogle Mapと無料のWEBサービスを使用してルートを作成して.gpxファイルを作成→サイクルコンピューターに読み込む方法について解説します。

サイクルコンピューターに対応した地図形式

サイクルコンピューターに地図情報を読み込ませるには、対応した形式の地図情報を用意する必要があります。

例えばWahooのサイクルコンピューターELEMNT ROAMやBOLTの場合だと「.fit」「.gpx」「.tcx」などになります。GARMINのサイクルコンピューターを使用している人にとっては「.fit」が身近かと思いますが、汎用的な形式は「.gpx」かと思います。

このような位置情報のデータは、GPS対応のサイクルコンピューターからエクスポートして、それをSTRAVAなどのフィットネス系のサービスやGoogle Mapなどにインポートすることで、走行したルートなどを記録として残したりするのに使用されてきました。

なので、一般的には

サイクルコンピューターで位置情報ファイルを生成

.gpxファイルをエクスポート

地図サービスなどに.gpxファイルをアップロード

というような手順で位置情報が活用がされると思います。

今回はサイクルコンピューターにルートをインポートしたいので

Google Mapでルート作成

無料のツールで.gpxファイル作成

.gpxファイルのダウンロード

スマートフォンに取り込み

サイクルコンピューターにインポート

というような逆の手順を踏むことで自作ルートでナビゲーションさせることができます。誰でも簡単に出来る方法なので是非チャレンジしてください。

以下、Google Mapとフリーソフサービスを使用して.gpxファイルを作成〜インポートするまでの大まかな流れです。

Google Mapで.gpxファイルを作成する方法

Google Mapでルートを作成

1.出発地を入力

>Google Map

今更Google Mapの使い方が分からない人はいないと思いますが、一応解説しておきます。
Google Mapを開いて「目的地を検索(ここでは新宿駅と入力)」

2.ルート・乗り換えボタンを押す

Google Map

「ルート・乗り換え」ボタンを押す。

3.目的地を入力

目的地を入力

「出発地と目的地」を入力します。

どちらかに先程入力した「新宿駅」の住所が入力されているので、空いている方に「目的地(ここでは高尾山)」を入力します。

この時に、入力窓の上の方に自動車や電車、人や自転車などのアイコンがあるので、自転車を選択することで、自転車での最適なルートを自動で作成してくれます。

ただし、自転車の場合はルートが有効でない場合もあるので、ルートが作成されなかった場合は、徒歩、あるいは自動車を選択してルートを再作成します。自動車の場合は高速道路を走らないようにオプションで設定するようにしておきます。

4.ルートを調整+経由地を追加

Google Mapで自動作成されたルートはクリック&ドラッグで動かすことができます。

最初に作成されたルートでは自転車で走りづらい道が選択されていたりするので、ルートを移動させて最適なルートになるように調整をおこないます。

途中で経由したいポイントがある場合は「目的地を追加」ボタンを押すことで新しい経由地を追加することができます。

URLをコピー

URLをコピー

ルートが決まれば、ブラウザのURL部分をコピーします。

https://mapstogpx.com/で.gpxファイルの作成

https://mapstogpx.com/

Google Mapのルートを.gpxファイルに変換できるページで変換します。

参考 https://mapstogpx.com/

先ほどコピーしたGoogle MapsのURLをペーストして「LET'S GO」ボタンをクリックすると.gpxファイルがダウンロードされます。

メールやDropBoxなどからスマートフォンへ転送

メールやDropBoxなどからスマートフォンへ転送

ダウンロードした.gpxファイルをメールで送信したり、DropBoxやGoogle Driveなどにアップロードしてスマートフォンに取り込みます。

Wahoo ELEMNTの場合

ファイルをダウンロードしてスマートフォンに取り込んだら「以下を開く」でサイクルコンピューターのコンパニオンアプリELEMNTをタップしてインポートを開始します。

・gpxファイル名がルート名になるので、任意で適当なルート名を付けて「OK」をタップすればインポートが完了してルートとして表示できます。

サイクルコンピューターに関する記事一覧

GPS対応サイクルコンピューター

Wahooのサイクルコンピューター

Apple Watchとサイクルコンピューター

サイクルコンピューターその他

シータ

360度カメラ リコーシータ
360度写真をワンボタンで撮影できるカメラです。
いろいろな場所を記録していける素晴らしいカメラです。

Amazonプラ意味デー

Amazonプライムデー

Amazon 紹介

Amazon ファミリー・ミュージック

amazonfamily

ICAN

ICAN ホイールクーポン

国内発送商品ならAmazonよりも直販サイトの方が安く購入できます。

Wahoo

Wahooスポーツウォッチ

google

更新日:

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.