★★ セール情報 ★ ★

格安なサイクルジャージメーカーとブランド

自転車を趣味にすると、なにかと購入するものが多いです。

それぞれに有名メーカーや定番メーカーがあり、それらで揃えると自転車以外の道具でも平気で10万円以上のお金が飛んでいってしまいます。

一般的に、自転車用品は安物買いの銭失いになりやすいので、パーツやホイールなどに関しては、それなりに良いものを購入したほうが良い思います。

しかし、中には安価なものでも十分だと思えるものもあり、その中の一つがサイクルジャージでしょう。

有名メーカーのサイクルジャージ

サイクルジャージにもいくつかの有名・定番メーカーがあります。

ASSOS(アソス)やCastelli(カステリ)、PEARL IZUMI(パールイズミ)あたりがその定番で、サイクルジャージで10,000円〜20,000円くらいが定価です。

それなりの価格がするものですが、評判も良いメーカーですし、やっぱり特別感はあるので、お金に余裕があるのであれば、このようなメーカーのサイクルジャージを購入するのが、一番良いのだろうなと思います。

【Mercedes-Benz Collection】 ASSOS サイクルジャージ XS

【Mercedes-Benz Collection】 ASSOS サイクルジャージ XS

23,100円(05/30 14:32時点)
Amazonの情報を掲載しています


参考 ASSOS
参考 Castelli

サイクルジャージは安物でも良いという考え方

自転車用ウェアとグローブ

サイクルジャージは消耗品である

サイクルジャージは基本的には「消耗品」です。

なので、少しボロくなれば、新しいのを買い直すという考え方で良いだろうなと思っています。

中国製の安いものだと、数千円で購入できるので、有名メーカーの製品と比べれば1/3とか1/5程度の価格なので、気軽に買い換えられます。

サイクルジャージのデザインは大きく変わらない

デザインの型はほとんど変わらない

一般的な衣類だと、毎年毎年流行りがあって、翌年にはダサくて着られないということもあったりしますが、サイクルジャージの定番のデザイン(型)は大きく変わらないので、有名メーカーだろうが、中国の無名メーカーだろうが、基本的なデザインは同じです。

プリント柄も安物の方が被らなくて良い

有名メーカーのサイクルジャージだと。柄のデザインが被ってしまったり、どこかの国の有名チームと同じデザインだったりします。

そうすると、街なかで他のサイクリストと被ってしまって、気まずい思いをすることにもなります。

また、有名サイクルチームのデザインのサイクルジャージだったりして、僕のような中途半端なサイクリストにとっては、そのような有名チームのサイクルジャージを着るのは、気恥ずかしい感じがしてしまうのです。

激安無名メーカーだと、デザインが無数にありますし、無地も多いので、誰かと被ったりすることもない安心感があります。

衣類は中国の得意分野

安い製品で気になるのはその品質です。

実際問題で、電子製品などは、安い中国製品を買うと不良品が多くて「失敗したなぁ」と思うこともあります。

しかし、衣類の場合は、もともと中国の得意分野ですし、世界中の衣類の多くは中国で製造されているので、安くても電子製品ほど酷い品質のものは、そうそうありません。

たしかに、細かい部分を見ると、縫製の一部が「ちょっと失敗したのかな?」と気になるような部分があったりもしますが、それほど大きな問題ではなかったりします。

一般的な衣類と同じ考え方で良い

サイクルジャージ以外にも衣類はあり、どの分野でも「ブランド品」と呼ばれる高級な製品があります。

それらのブランド品は、一般的な製品に比べて品質が高かったり、デザインが最新だったり、あるいはそのブランドのロゴの入った服を着ることで満足できるようなものでもあります。

かと言って、格安な衣料の品質が悪くて着られないというわけでもありません。

サイクルジャージでも同じことが言えて、サイクルショップなどで見かけるようなサイクルジャージはいわゆるブランド品で、価格も高くなり、それなりの品質だったりもします。

格安のサイクルジャージも、品質も十分で、「俺のジャージはアソスだぜ!」的なこだわりがなければ無名メーカーの激安ジャージで全然オッケーってな感じです。

もちろん、衣類は自己満足の部分も大きいので「着たいものを着れば良い」というのが大前提ではあります。

Amazonで見かける格安なサイクルジャージのメーカー・ブランド

Amazonでサイクルジャージを探すと、ノーブランド品ももちろんありますが、格安な価格のサイクルジャージメーカーも見かけるようになりました。

Morethan

Morethan

日本のメーカーです。
中国のノーブランド品と比べると少し価格は高くなりますが、有名メーカーよりはかなり安い値段になっています。

デザインもシンプルで落ち着いたものが多く、派手なサイクルジャージが苦手な人には、とても良い選択肢になると思います。


参考 Morethanストア

YORKEN

YORKEN
Amazonの限定ブランドとして販売されているサイクルウェアのブランドです。

サイクルジャージの価格は3,000円〜5,000円あたりで、非常に買いやすい価格ですし、デザインも落ち着いた柄が多いです。

同じくAmazonで見かけるDareiveというAmazon限定ブランドとデザインが酷似したサイクルジャージが見られるので、どこかのOEM製品かもしれませんね。


参考 YORKENストア

DIFOS

DIFOS

基本的にはAmazon以外で見かけることがないブランドです。

楽天市場などでも見かけることがありますが、同じものでも倍以上価格が違っていたりするので転売だと思われます。

サイクルジャージの価格帯は3,000円〜5,000円。非常に買いやすい価格です。


参考 DEFOSストア

SANTIC

SANTIC
中国のスポーツウェアメーカー。

この手のメーカーでは珍しくホームページもあります。

基本的にAmazonあたりでしか見かけませんが、購入レビューも多く、品質的にも、価格を考えれば満足という意見が多いです。

サイクルジャージの価格帯は3,000円〜5,000円。


参考 公式ページ
参考 SANTICストア

ROCKBROS

ROCKBROS

サイクルジャージだけでなく、ヘルメットやグローブなど、自転車関連製品を扱うブランドです。

サイクルジャージの価格帯は4,000円〜6,000円。

参考 ROCKBROS公式ページ
参考 ROCKBROSストア

その他、もっと格安なサイクルジャージも探せば見つかると思いますが、上述したように、それほど大きな品質の差は無いと思いますので、サイクルジャージに関しては、自分が気に入ったもの、好きなものを選べば良いのではと思います。

サイクルウェアに関する記事

サイクルウェアの総合情報|ジャージ・グローブ・アイウェア

クロスバイクやロードバイクでサングラスは必要?

自転車の手袋サイクルグローブ着用は必須と思う理由

クロスバイクやロードバイクの冬の服装について考える

投稿日:

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2023 All Rights Reserved.