クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

交通安全・危険防止 自転車全般

自転車は交差点での大型車の左折巻き込み事故に注意だぞ!

更新日:

大型車左折時自転車事故

自転車関係の話題やニュースを日々調べていて、気になるのが事故のニュースです。

自転車の事故と言ってもいろいろな事故があるとは思いますが、死亡事故などニュースになるような重大事故の多くは交差点を渡ろうとした際に、左折して来た大型車との事故で圧倒的に多いです。

いわゆる左折巻き込み事故と呼ばれるもので、安全講習などでは必ず題材として取り上げらることを考えても、頻発し、重大事故に繋がることが多いのだと思います。

自転車がらみの重大事故のほとんどは交差点で起きているとも言われていて、交差点をいかに気をつけて走るかが安全運転を考える上で重要なポイントだと言えるでしょう。

大型車と自転車の左折巻き込み事故の実演動画

上記の動画は交通安全教室の様子で、大型車と自転車の左巻き込み事故の実演です。
実演と解っていてもかなりヒヤッとさせられる動画ですので巻き込み事故の危険さを理解する上でも一度は見ておいた方が良い動画でしょう。

巻き込み事故に注意するポイント

信号待ちの自動車の横をすり抜けない

巻き込み事故 自転車

自転車に乗っていると上記の写真のようなシチュエーションに頻繁に遭遇します。

例えばこの先の信号が赤だった場合、自動車の横にあるわずかな隙間をすり抜けて、なるべく前へ出ようとする自転車も多いと思います。

狭い隙間をフラフラしながら進んで行く自転車をよく目撃しますが、どう考えても危ないです。

自動車の側面には死角があるので自転車のような小さな物体は見落とされがちです。特に大型車の場合、普通車と比べると死角も多く、運転手から見落とされる可能性はさらに高くなります。

さらには内輪差も大きいわけですから、運転手が気がつかずに左折なんかを始めると、一瞬で巻き込まれてしまいます。運転手が気がつくのはバキバキと踏み潰した後でしょう。

【参考】自転車も注意したい自動車・バス・トラックの死角について

無理して前へ進んでも、その先にあるのは赤信号ですから、後方の安全な場所で停車して大型車の横には入らないというのを徹底すべきでしょう。

大型車の横には並ばない

大型車の巻き込み事故

自動車が左折しようとする際には速度を落とすので、自転車で車道を走っていたりすると左折する自動車に追いついてしまうことも珍しくありません。

自動車が左折時にもたついてしまうのは、横断歩道を渡る歩行者などを待っている可能性もあるわけで、車道も走れて横断歩道も渡れるハイブリッドな存在の自転車からすると、左折できない自動車を待っているよりも、さっさと前に出て追い抜いてしまった方が速いと判断したくなることもあるかと思います。

しかし、そのような気持ちが重大事故を招いてしまう原因となります。

交差点でスピードを落とすということは、自動車がこれから何かしようとしている合図とも思えるので、この場合も、自動車の真横に侵入したりはせず、後方で様子を確認しながら走る、というのが正しい選択だと思います。

特に大型車の場合、追い抜くのにも時間がかかり、死角にも入りやすいので、迂闊に大型車と並走してしまうと、思わぬ大事故に巻き込まれてしまうことにもなりかねません。

巻き込み事故に注意するポイントまとめ

巻き込み事故に注意するポイント

交差点での巻き込み事故を防ぎ、安全に走行するためには自動車の真横には入らずに後方で待機する、というのが基本中の基本と言えるでしょう。

自動車との交通事故の場合、よほどの過失がない限り自動車の方が悪くなってしまいますが、日頃からよく見かける自転車の走り方をみていると、事故に遭ってしまう原因の多くは実は自転車側にあるのではないかと考えることも多々あります

つまりは、交差点などでの重大事故を減らすには自転車に乗る人もしっかりと危険予測をしながら無理の無い運転を心掛ける必要があるということです。

無理をせず、譲り合いゆっくりと余裕を持った走りさえ意識できれば、事故の多くを防ぐことが出来るようになるのではと思います。

自転車の安全運転にはサイドミラーがあれば便利です。最近は自転車にサイドミラーを取り付けている人もよく見かけるようになりましたね。

以上、交差点で注意したい左巻き込み事故について思うことでした。

-交通安全・危険防止, 自転車全般
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.