クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

感想・考察・レポート 自転車全般

ロードバイクやクロスバイクに実際乗ってみて驚いたこと3つ

更新日:

ロードバイクやクロスバイクで驚いたこと

ロードバイクやクロスバイクに興味を持ち、調べてみたり実際に乗ってみて驚いたり感動したりすることは結構あります。

それは単純な驚きだけでなく、時として感動したりできるほどの喜びだったり、知れば知るほど楽しくなるスポーツサイクルの魅力でもあります。

そんなロードバイクやクロスバイクで実際に乗ってみて僕が驚いたこと3つを挙げてみました。

ロードバイクやクロスバイクで驚いたこと

値段の高さに驚いた

ロードバイクやクロスバイクの価格の高さに驚いた
ロードバイクやクロスバイクの値段については僕だけでなく、多くの人が驚くことだと思います。

それはハイエンドのコンポーネントで20万クラスのホイールを躊躇無く買ってしまう人ですら、最初はきっと驚いたと思うのです。いや、プロ選手ですら最初は絶対に驚いたと思うのです。

ロードバイクやクロスバイクに興味を持つ前までの僕にとっての自転車の相場は、イオンなどで売っているような1万円程度で、ちょっと立派な自転車で3万円くらい、という認識ででした。

なのでそれ以上の価格の自転車、まさしく桁違いの価格の自転車が存在し、それが街のサイクルショップで普通に売られているなんてことは想像だにしていませんでした。

そんなわけで、スポーツサイクルに興味を持って「よーし!奮発して最高の自転車を買うぞ!」と意気揚々と予算を6万円に設定していました。そしてネットでスポーツサイクルについて調べた結果、まともなロードバイクは10万円からという事実を知り、「エンジンも付いていないくせに・・・」と愕然とした記憶があります。

ロードバイクのパーツなどをざっと例を挙げると、カーボンハンドルやサドルなどで一流メーカー製だと3万円〜ですし、性能の良いタイヤなどは前後セットで1.5万円くらい、ホイールなどになれば前後セットで10万円からが本格的なホイールと呼ばれる感じですし、たかが自転車と言っても、ハイエンドパーツで組み上げれば100万円を超えるような金額になるのです。

それらの値段を知った当初はまさしく絶句状態でしたが、そんな僕も、今では10万円を超すホイールのカタログをを眺めながら「このスペックでこの価格ならリーズナブル!」などと言い始めたりするから面白いものです。

価格に慣れて麻痺してしまったのか、それとも目利きができるようになったのかは分かりませんが、とにもかくにも数十万円を越すような価格にも全く驚かなくなります。

イオンで売ってるママチャリと、競技用自転車であるロードバイクなどとは「自転車」というカテゴリが同じなだけで、全く別の乗り物ですから、比べること自体が間違いなのです。自動車にスーパーカーと軽自動車があるように、自転車にもスーパーバイクと大衆車があるのです。

速さや加速力に驚いた

ロードバイクやクロスバイクの速さに驚いた

ロードバイクやクロスバイクの速度や加速度にも驚かされました。

クロスバイクで20km/h、ロードバイクで30km/hくらいが、普通に出るスピードだと言われたりしますが、クロスバイクに乗る前の僕はそんな話を聞いても信じることができませんでした。

「自転車で30km/h? プロじゃあるまいしそんなに出るワケないやろ」ってな具合です。なので自転車で40km/hなんて漫画の世界でしかないと思っていたわけです。

実際問題で僕が以前ママチャリに乗っていた頃を考えても、原チャリに追い抜かれることはあっても、原チャリを追い抜く、あるいは追いつくなんてことは絶対にありませんでした。

原チャリの制限速度は30km/hですから、日頃、ヴィーンと原チャリに追い抜かれる感じからすれば、自転車で出せるスピードはせいぜいは15km/h、狂ったように立ちこぎしてMAX20km/hくらいかなと思っていたわけです。

ところがドッコイ。

初めてクロスバイクのESCAPE Airに乗った僕でさえ、スルスルっと17km/h〜20km/hくらいは出せてしまうのです。なので初めてクロスバイクに乗った時の僕の感想は「うぉ、ちょっと待って、これスゲえ!」などと驚いたのを覚えています。

そんな調子ですから、ちょっと本気で走れば25km/hくらいで走れるわけで、スルスルと滑るように走る感覚はコワいとさえ思ったものでした。

そして中には必死で走っている僕を追い抜き、一瞬で遥か彼方へ消えてしまうような、まさしく飛ぶような速さで走るロードバイクも少なくありません。一体彼らは何キロ出して走っているのかと思わされることも多く、少なくとも40km/h以上のスピードで走っているのは間違いがありません。

気になってプロの自転車選手の速度を調べると、ツールドフランスに出るようなプロ選手になれば、平均時速が50km/hを越えることも珍しくなく、プロ選手の能力の高さ、そして本格的なロードバイクの性能の高さに驚かされるのです。

ちなみに20km/hくらいが平均的な速さだと言われるクロスバイクですが、ロードバイク寄りにカスタマイズした僕のクロスバイクのESCAPE Airは、普通に走って30km/hくらいはすんなりと出るようになっています。

なので僕も多くのサイクリストに倣って、猛スピードで走り続けたいと思うのですが、安全運転こそが自転車を楽しむ上で最も大切なことだと思うこともあり、常時25km/h程度の無理の無い速度で走るようにしています。

走れる距離に驚いた

ロードバイクやクロスバイクで走れる距離に驚いた
僕は自転車で走る最適な距離と言えば5km以内が妥当な距離だと思っていました。

僕が自転車通学をしていた中学時代の距離が約4km。
駅まで自転車で通っていた高校時代の距離が約6km。
それくらいの距離だと、自転車で走るにも大して苦痛ではありません。

しかし、それ以上になると徐々に辛いと思うようになってきます。高校時代は駅ではなく学校まで直接自転車で行くこともありましたが、片道15kmはかなりキツかったのを覚えています。

当時の僕は野球部で身体を鍛えていたバリバリのスポーツ少年でしたが、当時の僕ですらその距離をキツいと思っていたわけですから、社会人になって以来全くと言って良いほど運動をしておらず、また、15年振りに自転車に乗るような人間が想定する自転車の適正距離は5km程度でも「ちょっと遠いかな・・・」と思うような距離でした。

ところが、クロスバイクを買いに行った先のGIANTストアのスタッフが言うには「15kmくらいだと、サクッと走れる距離ですからね」「毎日片道30kmを自転車通勤している人も居ますよ」だそうで「自転車で30km!? それ絶対頭おかしいやん!」と本気で思ったものです。

しかし、いざ乗ってみると走れるんですねぇ。
5kmなんて乗っていないにも等しいくらいに短いです。

流石に30kmを越えたりするとロードバイクやクロスバイクに乗り始めレベルだとはちょっと遠いと感じる距離だと思いますが、身体が慣れて来るに従って30km程度の距離であれば「じゃあ自転車で行っちゃおうかな」などと躊躇無く思える距離になってきます。

いわゆるロングライドと呼ばれる長距離走になると、クロスバイクの場合で100km、ロードバイクだと200kmなんて距離を一日で走ってしまうツワモノも居るわけですから、スポーツサイクルってスゲエ!と驚かされるのでした。

そして自分自身も「ツワモノになりてぇ!」とロングライドに挑戦してみたくなったりするのもロードバイクやクロスバイクの不思議な力だったりするのです。

それだけ走れる理由には、たたしんどいだけだったママチャリとは違い、ロードバイクやクロスバイクの場合は爽快な気分になれて「まだまだ走っていたい」と思えるというのが大きいかもしれません。

ロードバイクやクロスバイクで驚いたことまとめ

ロードバイクやクロスバイクに乗り始めると本当に沢山の驚きがあります。そしてその驚きはそのままロードバイクやクロスバイクの魅力でもあり、まだ経験したことの無い人達にもお勧めしたい理由にもなったりするのですよね。

今回ロードバイクやクロスバイクで知らなくて驚いたことの代表的な例として価格やスピード、走れる距離などについて挙げてみましたが、これらはほんの一例です。思いつく限りで書こうと思うと、とんでもなく長文になってしまうので、それはまた別の機会にまとめられればと思います。とりあえず今回はこのあたりで。

-感想・考察・レポート, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.