問題解決・疑問解決 自転車全般 豆知識・基礎知識

クロスバイクやロードバイクに体重制限はあるのか?

更新日:

クロスバイクやロードバイクに体重制限はあるのか?

常々、痩せたいと考えている管理人です。
クロスバイクやロードバイクを始める切っ掛けとして運動不足解消やダイエット目的という方も多いと思いますが、僕自身もそうだったりします。

僕の身長は175cmで体重は74kg前後。
どちらかと言えば骨太さんではありますが、体脂肪率やBMIの数値が年齢とともに適正値を上回るようになっているため、健康を考えれば、もう少し身体を絞った方が良いという状態で、それを解決する手段としてクロスバイクを選択したのでした。

そんな僕が日頃から常に体重が気になっているのにはもう一つ理由があり、このままだと現在の僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airの体重制限を越えてしまうのではないかという懸念があるからです。

というのもクロスバイクのESCAPE AirをGIANTストアで購入した際に貰った保証書には確か、80kgまでという体重制限だか耐荷重量だかの記載があったと記憶しています。(※その保証書が見つかれば良かったのですが、どこかに仕舞ってしまったようです。)

その数字を見た時に「あれ?そんなに上限が低いんだ!?」と驚いたのを覚えているので、間違いはないと思うのですが、この点について調べてみても明確な情報が一切無く、見間違いだったのかなと思う今日この頃です。

まぁ僕のその記憶が正しかったとしても、当然余裕を見た数字だと思うので、81kgの人が乗ったらすぐに壊れるというものではないのでしょうが、時として荷物と体重を合わせると80kgを越えてしまうこともあり、そんな時には「自転車への負荷が大きいんだろうなぁ」などと心配しながら乗るのです。

そんなわけで、一般的なシティサイクルに比べるとクロスバイクやロードバイクはとても軽量ですし、きっと体重制限はあるに違いないということで、クロスバイクやロードバイクの体重制限について調べてみました。

自転車メーカーによる体重制限

フレームメーカーによる体重制限

スペシャライズド specialized

● ロードバイクフレームやカーボン製シティバイク:125kg
● 金属製フレームクロスバイクやシティバイク:126kg
※スペシャライズド製のカーボンパーツ(ステムやサドルなど)、および完組ホイールが含まれる場合は109kg
via:2014 ライダー重量制限/積載重量制限

キャノデール Cannondale

● カーボンフレームなど:126kg
● その他のロードなど:261kg
● シクロクロスやクロスバイクなど:150kg~161kg
● マウンテンバイクなど:136kg~138kg
※モデルによる
via:オーナーマニュアル 56p

トレック TREK

● ロードバイク:125kg
● クロスバイク:136kg
● マウンテンバイク:136kg
via:オーナーマニュアル 56p

スコット SCOTT

● 110kg以下推奨
via:FAQ

ジャイアント GIANT

● ロードバイク:129kg
● クロスバイク:129kg
● マウンテンバイク:138kg~161kg
● グラベルバイク:150kg〜161kg

各メーカーの自転車の体重制限

主要なメーカーを中心にいろいろ調べてみた結果、体重制限についての情報が見つかったのは上記のメーカーで、その他のメーカーでは情報がなかったり、特に体重制限について定めていなかったりというような感じでした。

例えば、BMCなどはQ&Aで、体重制限はありますか?という問いに対して、体重制限は定めてないけれど、パーツ全てが該当するわけではないことに注意してください。というような回答をしています。
via:FAQ

その他のメーカーで体重制限がある場合でも、125kgか136kgが多く、そこから想像するに、何かの規格に対応するための数字ではないかと思います。

ちなみにですが、上記の数字はライダーの体重+荷物の重量になります。

ロードバイクとマウンテンバイクの体重制限

体重が重い人がスポーツバイクに乗るなら、ロードバイクよりもマウンテンバイクの方が良いなどとよく言われますが、こうして調べてみると、ロードバイクもマウンテンバイクも100kg以上でも平気だと考えると、体重が重いからと言ってロードバイクを諦める必要はあまりなさそうです。

GIANTのフレームの体重制限

GIANTのフレームの体重制限

GIANTのフレームの体重制限はアイルランドのページには表示されていて、上記の通りで129kgあたりになるようですが、日本やアメリカなどのページには記載されていませんでした。

もしかしたら何らかの規格がある場合において、それに対応させるために記載していて、必要の無い場合は表示していないのかもしれません。

僕が見た80kgの制限とは何だったのか?

さて、そこで気になるのが冒頭にも書いた、僕が見たと記憶している80kgという体重制限とは何だったのか?というところです。

日本のGIANTのページでは体重制限の表示がありませんし、体重制限の表示のあるアイルランドにはESCAPEシリーズは販売されていないようで見つけられず、特に根拠となる情報も見つけることができませんでした。

真偽は不明ですが、GIANTに聞いてみた人の情報によれば体重制限は無いそうですが・・・。

これはいよいよ僕の勘違いかな・・・と思いはじめたところ、もしかしてと思うような情報が見つかりました。

JIS D 9111 自転車-分類及び諸元

日本工業規格[JIS]では、一般道路において日常的に使用される自転車を一般用自転車として定義していて、車種の定義や想定する常用速度、設計上の乗員体重を定義しています。

a)一般用自転車 一般道路において,日常の交通手段,スポーツ,レジャーなどの用に供される一人乗りの用の自転車で,表2の諸元に適合するものをいう。 なお,車体部が折り畳み又は分割できる構造であることを問わない。 車種の定義は,次による。

1)スポーツ車 各種サイクルスポーツ用,ツーリング用及びレジャー用として長距離旅行,快速走行など,それぞれの使用目的に適するよう意図して設計された自転車で,チェンジギヤ装置を備えたものの総称。 また,専ら一般道路での乗用を意図した自転車で,マウンテンバイク及びBMX 車に外観の似たマウンテンバイク類型車(ルック車),BMX 類型車及びクロスバイクを含める。 なお,ジュニアスポーツ車は,スポーツ車又は子供車に含める。

2)シティ車 主に日常の交通手段及びレジャーに用いる短中距離,低中速走行用自転車。

3)コンパクト車 室内での保管,自動車トランクへの収納又は公共交通への持ち込みを意図し、呼び(径)20 以下の車輪及び軽量なフレームによって,軽量化及びコンパクト化を図った自転車。 車体部が折り畳み又は分割できる構造であることが多い。

4)実用車 日常業務における交通手段及び運搬手段に用いる短中距離,低速走行用自転車。

5)子供車 主に学齢前の幼児一人が日常の遊戯用として用いる二輪の自転車で,表2 の諸元に適合するもの。

via:JIS D 9111 自転車-分類及び諸元

自転車-分類及び諸元


折り畳み式のスポーツ車及びシティ車では,車輪の径の呼びが20 未満のものでもよい。
車重は,その自転車の標準仕様による質量を示す。
積載質量は,その自転車の積載装置に対する望ましい許容質量を示す。
乗員体重は,その車種を設計する上での乗員の標準的な体重を示す。

これによると、ロードバイクやクロスバイク等はスポーツ車に分類され、積載重量と乗員体重を合わせると75kgが標準的なところになるようです。

で、だいたいその辺りに適合するような数字として80kgという制限が記載されていたんじゃないかと、勝手に想像しています。

というかJIS規格の想定乗員体重は軽る過ぎやしませんかね。

クロスバイクやロードバイクの体重制限まとめ

クロスバイクやロードバイクの体重制限まとめ

いろいろ調べてみた結果をまとめてみると、基本的には体重制限は無いというのが大半ですが、一応の目安として100kg辺りを目安にすれば、多少の重たい荷物を背負っていたとしても、大丈夫な範疇になるかと思います。

勿論ですが125kg制限で126kgになると壊れるというものでもないと思いますので、通常の使用方法であれば、お相撲さんのような巨漢とかでなければ体重は気にしなくても良いのでしょう。

なにはともあれ、体重を気にせずに乗れるようで良かったです。とりあえず自分の体重をJIS規格の標準あたりまで落としたいですね(笑)

ちなみにカーボンサドルは体重制限があるものが多く80kg程度が想定されているようです。
via:http://www.giant.co.jp/giant12/acc_datail.php?p_id=A0000081&c2_code=10&status=

-問題解決・疑問解決, 自転車全般, 豆知識・基礎知識

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.