クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車事情 自転車全般

関東首都圏のロードバイク初日の出ライド事情について調べてみた

更新日:

関東首都圏のロードバイク初日の出ライド事情について調べてみた

年末からお正月にかけての乗り物と言えば初日の出走行が定番になっているかと思います。

僕もお正月の単車改造暴走こそはしませんでしたが、普通自動車運転免許を取った当初の若かりし頃は、初日の出を拝む為に大晦日の深夜から友達と一緒に初日の出の有名スポットまで自動車を走らせたものでした。

さて、そんな風物詩とも言えるお正月の初日の出走行ですが、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車の場合は一体どうしているのか気になったので調べてみることにしました。

自転車で行ける関東首都圏の初日の出スポット

自転車で行ける関東首都圏の初日の出スポッ

ロードバイクやクロスバイクなどの自転車組のみなさんはお正月の初日の出ライドはどこへ出かけているんだろうなと調べてみました。

当たり前ですが、自動車でも自転車でも「日の出が美しい場所は同じ」ということで向かう先は一緒です。

関東首都圏での初日の出の定番スポット

関東首都圏近郊での有名な初日の出スポットは下記になります。

● 高尾山
● 御岳山
● お台場
● 葛西臨海公園
● 竹橋
● 羽田空港
● 江ノ島
● 湘南
● 真鶴岬

自転車の初日の出ライドの実際

161223_3

グループライドよりも個人が多い

ロードバイクで初日の出ライドに出かけるのは自転車サークルの仲間と一緒の人が多いのかなと思ったのですが、意外とそうではないようです。

もちろんサイクルショップやサークルが主催する初日の出ライドもあるようですが、どちらかと言えば、単独ライドで初日の出を目指している方が多いように思います。

お正月は家族行事の方が大切ですし、お酒が入ることも多いですし、東京なんかだと帰省で人が一気に居なくなるので、大人数の都合が付かないのも理由の1つかもしれません。 

遠出よりも近場のスポットを目指す人が多い

初日の出ライドのもう1つのイメージとしては、お正月をどっぷり自転車に費やすイメージでロングライドを試みる方が多いかと思っていました。

例えば、都心から片道100km程度の場所にある初日の出スポットの犬吠埼などを目指して大晦日からロングライドに出かける人が多いのかなと勝手に想像していたのですが、意外と自宅近くのスポットで片道1〜2時間の場所を目指す方が多いようです。

「お正月をどっぷり自転車で」という感じではなく、せっかくだから自転車で初日の出を見るという程度のノリで、用事が済んだらさっさと家に帰って普通のお正月を過ごす、というスタイルの人が多いですね。

防寒対策と明るいライトは必要不可欠

初日の出ライドのためには、日の出前には余裕を持って現地に着いておく必要があります

関東の日の出時刻が6時40分程度なので、現地に着いて初日の出に備える時間を考えれば6時00くらいには現地に着いてうろちょろしておきたい感じかもしれません。

実際問題で初日の出スポットには人が溢れている可能性があり、場所取りだけでもそれなりに時間が必要なこともあります。

そんなわけで家を出るのは早朝の4時とか5時になるでしょうから、基本的に真っ暗な中で極寒の中を走行しなければならず、いつも以上の防寒対策が必要になります。

特に、現地に着いての日の出の待ち時間は寒さとの闘いにもなると思うので、普段着と同じレベルかそれ以上のの防寒対策が欠かせません

サイクリングロードを経由して走ろうと思う場合は街灯も無い中で闇夜を走ることになると思うので複数のライトを使用するか、キャットアイのVOLT1700などに代表される強力な明るさのライトの準備があった方が良いと思われます。

自転車の初日の出ライドについて調べたまとめ

自転車の初日の出ライド

僕の中の初日の出ライドのイメージは自動車や単車の乗りで、仲間とつるんでワイワイとしたイベント的なモノかなと思っていたのですが、意外とそうでもないようですね。

お正月の行事の一環として初日の出を見るために自転車には乗るものの、お正月自体は自転車以外の過ごし方をするというスタイルの方がほとんどのようで、正月早々にガッツリと自転車漬けになる人は流石に少ないのかもしれません。

よくよく考えれば、家庭持ちにとってはお正月は家族と過ごすための時間と考える人が多いでしょう。自分自身で考えても大晦日からお正月にかけての年越しを自由に過ごせていたのは20歳前後から結婚するまでの間です。

今現在は家族がいるので、家族でゆっくりとお正月を迎えるという過ごし方なので、初日の出を見るためにロードバイクやクロスバイクで出かけるということはありません。

実際問題で、年越しからお正月にはお酒が必要不可欠(僕にとっては)なので、必然的に正月三が日は自転車には乗れないという事情もありますわね。

でもって、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車愛好者の多くは30代後半から50代と考えると、まぁお正月は家族と過ごされる方の方が多いでしょうから「正月ライド出来る方も限られて来るのかな」という感じです。

大晦日の年越しを終えてお酒を飲まずに朝まで過ごす、あるいは除夜の鐘を聞かずに早々に布団に入り、正月早々早起きして極寒の暗闇を走り出すなんてことは、ストイックなことは家庭持ちでなくても難しいかな、なんて思ったりもします。

しかしながら、自転車で出かけて見る初日の出はまた格別なものがあるでしょうから、初日の出を見るためのお正月ライドはいつかはチャレンジしたいことの1つですね。

-自転車事情, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.