★★ セール情報 ★★

サイクリング 自転車のこといろいろ

旅行先ではレンタサイクルを活用しよう

更新日:

レンタサイクルでのんびり観光する極意

連休を利用して四国は高知の足摺岬・四万十川方面へ旅行に行って来ました。

自然が一杯の素晴らしい景観のロケーションの中で、思い切り羽を伸ばしてリフレッシュしてきました。

そんな休暇の中で、1つだけ「やり残したな」と気になったのが、町のポイントポイントで見かけたレンタサイクルでした。

足摺岬・四万十川方面に限らずで、地方の観光地に行けば、来訪者向けにレンタサイクルのサービスを行なっているところも多いと思います。

しかし、旅の予定を考える時にはレンタサイクルについてはあまり考えたりすることがありません。

実際問題で、今回の旅行の前には「愛車のクロスバイクを輪行して現地で走れたら気持ち良いだろうな」という考えはありましたが、幼い子供達も一緒だったり、両親も含めての家族旅行だったので、現地で自転車に乗ることはハナから断念していました。

そんな調子だったので、現地に着いてからレンタサイクルを見つけても「わざわざ輪行を考えなくてもレンタサイクルという手があったなぁ」と思うくらいで、レンタサイクルを利用して観光を楽しもうという考え方ができませんでした。

いずれにしても、今回はタイトなスケジュールとレンタカーでの旅行だったので、結局、旅先でレンタサイクルを借りて楽しむ時間的な余裕はありませんでした。

しかし、次回また地方の観光地を訪れる機会があれば「是非レンタサイクルを利用して自転車で観光してみたいなぁ」と思った次第です。

そこで、旅先でレンタサイクルを満喫するために必要な準備や心構えは何かについて考えてみることにしました。

るるぶ 高知 四万十 (るるぶ情報版地域)

るるぶ 高知 四万十 (るるぶ情報版地域)

1,078円(01/28 03:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

旅先でレンタサイクルを活用して観光するポイント

地方でレンタサイクルを活用し満喫する方法

事前にレンタサイクルの有無を下調べしておく

旅先でレンタサイクルを満喫するためには、まず、レンタサイクルが無ければ話が始まりません。

最近では様々な場所でレンタサイクルのサービスがあるようなので、逆にレンタサイクルが無い場所を見つけるのが難しいかもしれませんが、それでも事前に下調べをして、どこに行けば自転車を借りられるのか、どうすれば借りられるのかなどまでしっかりと調べておいた方が良いでしょう。

レンタサイクルがあっても、中途半端な時間から借りたりすると、少しの時間しか借りられなかったりして、却って慌ただしくなりかねません。

旅先で自転車を使うということは、少々贅沢な時間の使い方になります。

時間を無駄にしないためにも、自転車に乗り始めるまでの時間は極力省略したいものです。

例えば、レンタサイクルの場所を探すために無駄な時間を過ごしてしまうなんていうのは非常に勿体ないお話ですし、手続きに時間がかかるのも勿体ないお話です。

事前に調べられるものや、準備できるものは事前に済ませて置いたほうが良いでしょう。

また、観光するエリアの情報や所要時間などの情報も事前に調べておけば、余裕をもって行動することができるようになると思います。

せっかくレンタサイクルを利用しているのに、時間を気にしてあっちもこっちもと慌ただしく走り回るのでは、やはり本末転倒な気がします。

レンタサイクルを旅行のプランに組み込む

個人的にはレンタサイクルはふらりと立ち寄った場所で偶然見つけて「じゃあちょっと乗ってみるかな」という気持ちで借りるものだと思っていましたが、そういう気持ちだといざレンタサイクルを見つけても、まず乗りません(笑)

理由としては、自転車を旅行の中に組み込むということは、それなりに時間が必要ですから、よほど時間に余裕があるとか、行き当たりばったりの無計画な旅行などで無い限りは、わざわざ自転車を借りて時間を使おうとは思わないのが普通です。

思いつきで借りてみたところで、タイトなスケジュールの中ではのんびりとサイクリングを楽しむなんてことはなかなか出来ないでしょう。

なので、旅先でレンタサイクルを満喫するためには、あらかじめレンタサイクル自体をアクティビティとしてプランに組み込んでおく必要がありそうです。

僕が地方に旅行に行き「レンタサイクルに乗りたいなぁ」と思いつつも、今まで一度もレンタサイクルに乗ることが出来なかったのは「旅行のプランの中に自転車が組み込まれていなかった」というのが最大の原因だと、今回の旅行を振り返って気付きました。

先を急がずに立ち止まる

自転車に乗るとついつい目的地を目指してひたすら走り続けてしまいます。

それでも自動車などに比べればゆっくりと景色を楽しめるはずなので、充分楽しいものだとは思います。

しかし、どうせなら、気になるスポットで立ち止まってみたりすることで、よりのんびりとした気分が味わえるはずです。

いわゆる「ゆるポタ」というやつですね。

そのためにも「全部を見よう」という気持ちではなく「のんびり気分」を堪能することを優先するようにしましょう。

そうすることで、気に入ったスポットで立ち止まる余裕も出てくるものですし、結果的により充実した時間を過ごせるような気がします。

もちろん、まだ見ぬ素敵な場所がその先にあるかもしれませんが、事前に調べておけば大きな見落としは無いでしょうし、仮に見残したとしても、また次回の楽しみにとっておけば良いのではと思います。

旅先でレンタサイクルを活用して観光するポイントのまとめ

レンタサイクル活用でのんびり観光する極意まとめ

観光行くと、いつも気になっていたレンタサイクルですが、事前の予定からはいつも抜け落ちてしまいがちです。

現地に着いて「乗りたいな」と思っても、きちんと事前に計画されていなかければ「ま、いいか」で結局乗らずじまいになってしまうのです。

自転車でゆっくりと観光しようと思うと、日中の何時間かは費やしてしまうので、贅沢な時間の使い方をしなければ実現できないというのもハードルの高さだと思います。

しかし、自転車での観光を計画に取り入れて実現させることができれば、より贅沢な気分の旅行ができるものだと思います。

例えば、自動車を利用した旅行だと、どうしても先へ先へと急いでしまい「目的地に向かって一直線」というような旅行の仕方をすることになってしまいます。

しかし自転車の場合だと、その土地土地の空気を感じつつ時間を過ごすことができると思うのです。

それこそが「旅行」ではなく「旅」に近い感覚を得られるポイントかもしれません。

自動車だと速過ぎる、かと言って歩くと今度は時間ばかりが掛かり過ぎます。

僕が思うに、自転車くらいのスピードが地方の時間の流れとちょうどマッチしているのではないでしょうか。

レンタサイクルを活用して、たとえ一時間でも自転車でその土地を走ることが出来れば、自動車だけの旅行に比べてずっと印象深い旅行になりそうな気がします。

そんな教訓も踏まえて、次回こそはこの教訓を活かして、レンタサイクルを利用してみようと思うのでした。

レンタサイクルで巡る ぐんまの自転車さんぽ

レンタサイクルで巡る ぐんまの自転車さんぽ

上毛新聞社 編
1,540円(01/28 03:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

自転車と旅行に関連する記事

東京から栃木へ自転車で行けるのか?


https://escape.poo.tokyo/how-much-time-do-i-need-when-i-go-to-particular-place-by-bicycle/"

【関東】ロードバイクで初日の出を見に行こう

サイクリストに優しいJR四国をご紹介

【自転車】東京から主要都市までの距離と所要時間の目安



-サイクリング, 自転車のこといろいろ

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2023 All Rights Reserved.