セール情報

ICAN ALPHA40/50ディスクブレーキホイール 15%OFF12月5日~12月9日まで

ニュース・話題

自転車の悪質な交通違反は取り締まり強化について思うこと

投稿日:

自転車の悪質な交通違反の取締が強化されるようです。

信号無視や一時不停止などが対象

信号無視や一時不停止などが対象

自転車事故でも重大な事故に繋がる可能性のある「信号無視」「一時不停止」「右側通行(逆走)」「徐行せずに歩道を通行」が取締の強化の対象。

自転車事故の多くは信号無視などが絡んでいる

信号無視や一時不停止が対象となるのは、都内で発生した自転車の交通事故の多くで、信号無視や一時不停止が原因となっている事故が圧倒的に多いからで、2022年10月下旬より、本格的な取締が行われるようになるとのこと。

実際問題で、自転車が絡んだ、死亡、重症事故のち八割近くで、自転車側に何らかの交通違反や過失があったとされるとか、交通事故全体は減少傾向にあるのに、自転車が絡む事故はあまり減少していないなどの状況があることから「交通事故を減らすには、自転車を取り締まるのが効率が良い」というところになったのかもしれません。

主な取締対象

● 信号無視
● 一時不停止
● 右側通行(逆走)
● 徐行せずに歩道を通行

違反者には「警告」から「赤切符」へ

警視庁はこれまでは、自転車の交通違反に対しては「警告」をし、度重なる違反者に対して「赤切符」を交付する取締を行ってきていましたが、効果が薄いことなどから、今後は「警告」ではなく「赤切符」を交付して検挙するというような方針に切り替えるようです。

赤切符となると、刑事罰の対象となり、前科が付く可能性もあります。

自転車の交通違反(信号無視や逆走など)で赤キップは前科がつく可能性

自転車の交通違反取り締まり強化について思うこと

個人的には日々目にする自転車の信号無視や逆走などにウンザリしているので、自転車の交通違反の取り締まり強化は諸手を挙げて賛成となります。

ただ、気になるのは本当に力を入れて取り締まりをするのか?というところですね。

平成27年に改正道路交通法が施行されて、信号無視や酒酔い運転などが取り締まり対象とされましたが、それ以前とそれ以後で、それほど大きく状況が変わったようには思えないので「今回もまた、年末のキャンペーン的なもので終わってしまうのでは?」という気持ちもあります。

今までも取り締まろうと思えば取り締まれたのに、何故に今さら改まって取り締まりを強化しようとするのか・・・。

自転車の道路交通法改正以前と改正後の様子

実は電動自転車の取り締まり強化は別のことが目的だったりするのかも?

自転車の悪質な交通違反取り締まり強化のニュースを調べていると「フードデリバリーサービス」がやり玉に挙げられていたりすのが目に付きました。

どことは言いませんが、まぁ、なんとかイーツとかのことを指すのでしょう。

フードデリバリーサービスの外国人が乗る自転車

私が日頃出没する早稲田周辺でも、マクドナルドの前などは、フードデリバリーサービスの受け待ちの人たちで店頭が溢れていたりします。

まぁそれは良いのですが、気になるのは、彼らが乗っている自転車で、いずれも電動自転車です。

そして、この電動自転車は、いわゆるママチャリのような電動アシスト自転車とは明らかに違っていて、坂道をペダルを踏まずに登っていくのです。

いわゆる「モペッド」と呼ばれるもので、道路交通法的には原付バイクと同じ扱いになる乗り物ですが、彼らはヘルメットを着用しないで乗っているのです。

ペダル付き電動自転車(モペット)の違反と事故と取り締まり

野放しで無法状態のモペッド

ヘルメットを着用しない状態で、モペッドを乗りまわしている人がこの数年でものすごく増えた印象があります。

どんどん取り締まって欲しいものですが、半ば合法とされてしまったのかと勘違いするくらいに、放置されているような状況です。

実際問題でモペッドや電動スクーターを簡単に利用できるようにする法改正の動きもあるので、その流れもあって「多目に見過ごしているのかな」と考えたこともあります。

ペダル付原動機付自転車(モペッド)のルールについて調べたことまとめ

しかし、彼らが乗っているスピードはかなり速く、時速30km/h以上で走っているだろうと思われ、どう考えても違法な乗り物にしか思えないのです。

ところが、どういうわけか、警察は彼らを取り締まりしようとはしていないんですよね。

実際は取り締まりをしているかもしれませんが、日頃早稲田界隈で見かける彼らに対して、警察が何か取り締まりをしている姿は見たことがありません。

自転車の交通違反取り締まり強化のニュースを聞いて最初に思い浮かんだこと

そんなわけで、日頃から「どうして怪しい乗り物に乗っている外国人の取り締まりをしないんだろう?」と思っていたこともあり、自転車の交通違反取り締まり強化のニュースを聞いた時「もしかしてモペッドに乗っている外国人の取り締まりを強化するのか!?」と真っ先に思ったのでした。

いや、それこそが本当の理由なのではないだろうかと思ったりもしたのです。

モペッドが取締しづらい理由として、自転車モードと原付きモードを手元で切り替えができるため、警察が「ノーヘルで原付に乗ってたな!」と取り締まっても「自転車モードで走ってます」などと言い逃れが出来てしまうことにあるかと思います。

また、仮に悪質な運転で「警告」をしたとしても、彼らにとっては痛くも痒くもないことのようにも思えます。

当然のように彼らは信号無視もしますし、歩道をものすごいスピードで走りますし、逆走だってします。

それが、最近はものすごーくアカラサマになってきているんですよね。実際問題で酷すぎます。

もちろん、みんなが違反をするわけではないでしょうが、毎日のように違反をしている人たちを見るのもまた事実です。

そんな彼らに対して、信号無視や一時不停止などで一発目から「赤切符」を交付できるようになれば、警察としても非常に動きやすくなるんじゃないのかなと思うのです。

もしもそれが本当の目的であれば、個人的にはかなりの大歓迎ですし、徹底して取り締まりをして欲しいなと思います。期待!



-ニュース・話題

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.