クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

交通安全・危険防止 自転車全般

左折巻き込み注意!自転車も知っておきたい自動車・バス・トラックの死角について

更新日:

自動車・バス・トラックの死角について

自動車には死角があります。一般的に自動車が大きくなればなるほど死角も大きくなります。

自動車を運転する際には死角の存在を意識しておくというのは当然ですが、車道を走る自転車も自身の安全を守るために自動車の死角について知っておいた方が良いと思います。

自動車の死角について知っておけば、左折巻き込みや幅寄せなどの危険な目に遭う情況を避けられるようになると思うからです。というわけで、自動車、バス、トラックなどの資格についてまとめてみました。

思っている以上に見えない部分があるので、自転車で大型車の近くを走る場合には四角を十分意識して走るようにしてください。

自動車には死角がある

自動車免許を持っている人であれば自動車には死角があるというのは教習所で習うことですから誰でも知っていることだと思います。

しかし、自転車しか乗らない人だと、自動車に死角があることを知らない人も居るかもしれません。実際問題で僕自身が自動車の免許を取るまで知りませんでした。

そして、大型トラックやバスの死角になると、どの程度四角が大きくなるのか自動車の免許を持っている人ですら、よく知らないという人が多いと思われます。

自転車が安全に車道を走るためには死角があることを知って置く必要があると思うのですが、いろいろな交通安全のパンフレットを見ても、死角について注意をうながすものはあまり見かけません。死角の存在を知らないと、迂闊に自動車の死角に入ってしまって、左折巻き込み事故などにもつながると思うので、自動車の死角についてはもっともっと周知されたほうが良いんじゃないかと思います。

自動車の死角に入ってしまったことが原因と思われる事故

自動車の死角に入ったことが原因と思われるような事故が短期間でいくつもあったようなのでピックアップしておきます。

自転車の女児はねられ死亡 小牧の県道交差点

愛知県小牧市小針の県道交差点で、横断歩道を自転車で渡っていた小学五年生の女児(11)が左折中のコンクリートミキサー車にはねられ、全身を強く打って搬送先の病院で死亡した。
2015年12月26日 中日新聞

左折の貨物車にはねられ、自転車の男性死亡 交差点を直進中/北本

自転車横断帯を直進したところを、左折してきた貨物車にはねられた。
2015年12月22日(火) 埼玉新聞

トラックにはねられ自転車の小2死亡…堺

自転車で府道を横断しようとした小学2年男児(8)が大型トラックにはねられ死亡。
トラックは信号待ちで停車しており、信号が青に変わり動き出した前の車に続き発進させたところで事故を起こした。
yomiuri online 2015年12月20日

路線バスが自転車と接触後に電柱に衝突、9人けが

宇都宮市で路線バスが県道を走行中、路肩を走っていた自転車がバスの前方に飛び出しバスはよけきれずに自転車と接触。
TBSニュース 2015年12月18日

子供は特に注意

子供の事故が多いですね。恐らくですが子供は自動車の死角について知らないということの他に、大人に比べて小さいために余計に死角に入りやすくなるものと思われます。

僕の子供も自転車に乗り始めるようになりました。公道を走るようになるのもも時間の問題です。流石に自転車歩行者道を走るように指導して車道デビューはさせませんが、一緒に出かけた際には、自動車の左折巻き込みの危険について、ポイントポイントでしつこく話しておいた方が良いなと思っています。

自動車、バス・大型トラックのの死角

自動車の斜め後ろの死角と注意点

自動車とバスやトラックの死角についてイラストでまとめてみました。

自動車の死角

自動車の死角と自転車

バスやトラックの死角

バス・トラックの死角と自転車
自動車の死角

自動車、バス・大型トラックの死角は、車両のすぐ前方や後方、ピラーの影などいくつか存在しますが、その中で最も大きい死角が車両の斜め後ろにある死角です。

この死角は、バックミラーに写らない場所なので、ドライバーは左折しようとする際には目視確認が必要な場所ですが、大型車の場合は車高があるため隣の車線を走る自動車ですら隠れてしまうような大きな死角になってしまいます。

そのため、背が低く小さな自転車などは見落とされても不思議ではありません。

死角に入らないためのポイント

自動車の斜め後ろを走っていて急な幅寄せや、交差点で巻き込まれそうになるなどの経験がある人は、もしかしたらドライバーの死角に入ってしまっていたせいかもしれません。

渋滞などで自動車の速度が遅くなると、自動車と併走するような感じで走ることも少なからずありますから、そんな時にはなるべく上記の図のような死角の位置には入らないように気をつけて走った方が良いでしょう。

信号待ちや渋滞等で車の列が出来ている時に、車の隙間の縫うように走る人を時々見かけますが、バスや大型車の横をすり抜けようとすると、ドライバーの死角に入るため、非常に危険な行為だということを認識しておく必要があると思います。

バスや大型トラックなどの場合は死角に入ってしまう可能性が高いですし、車長が長いので抜け出すにも時間が掛かります。相手が動き出すとしばらく死角から抜け出せないような状況になり、併走している間に相手が左折し始めたりするなんてことも考えられます。

信号待ちの列をすり抜けて前に進んでみたところで目の前にあるのは赤信号ですし、列の最後尾で止まって待った方が良いでしょう。特に大型車が停まっている場合には絶対に後方で待つ、くらいの気持ちでいた方が良いでしょう。

バス・大型トラックの前方の死角と注意点

バス・大型トラックの死角
バス・大型トラックの前方の死角

大型車の場合、車両のすぐ前方も死角になります。

普通自動車の場合は車高がないので、それほど大きな死角にはならなくても、大型車の場合は、余裕で人が隠れてしまうくらいの死角があるのです。

バス停に停車しているバスを追い越す際の死角

バス停に停まっているバスを追い超す時は車両の右側から追い超さなければいけません。

しかし、運転手の視点で考えると、自転車は基本的には車道の左側を走っているものですから、意識的には左側に注意を払います。

そのため、右側から追い越しをかけている自転車を見落としてしまう可能性が大きくなると思われます。

また、バスは車長が長いため、右側から追い越しを掛けている最中に発進の合図が出てバスが動き出してしまうという危険もあります。バスと併走するような形になってしまうと長距離死角に入るような状態にもなり、大変危険です。

慌てて追い抜こうとすると死角から飛び出すような形でバスの前方に現れることにもなるので、運転手を驚かせてしまい、思わぬ事故を招くことにもなりかねません。

なので、バス停で停まっているバスが居た場合、追い越しをかけようとせずに発車するまで後方で待つようにした方が良いでしょう。

【参考】バスの右?左?バス停に停車中の路線バスが居た時に自転車が走るべき場所

自動車の死角についてのまとめ

自転車が安全に車道を走行するための基本は相手に自分の存在を知って貰うことです。

なので、バイクのように日中でもライトを点滅させたりするのは相手に自分の存在を教えるのに効果的だったりします。

しかし、それですら死角に入ってしまっては全く意味がなくなってしまいますから、自動車には死角がある、ということをしっかりと頭に入れて、死角に入らない、相手から見えやすい場所で走るということを心掛けるべきでしょう。

自動車やバス・大型トラックの死角に気をつけるポイント

● 自動車、バス・大型トラックの斜め後ろを走らない
● バス・大型トラックなどの前方は横切らない
● 交差点付近では大型車に近寄らない

これらの点を気をつければ、左折巻き込みや幅寄せなどで危険な目に遭うことも少なくなると思います。自動車の死角を意識しながら走行することを是非心がけるようにしてください。

-交通安全・危険防止, 自転車全般
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.