*

思いやり1.5メートル運動は全国展開して欲しいと心から思うのです

公開日: マナー, 自転車全般

愛媛県で2015年11月からスタートした「思いやり1.5メートル運動」が自転車乗りにとっては素敵すぎるて、全国に広まっていけば良いな思うので紹介しておきます。

sponsored link

思いやり1.5メートル運動とは

自動車等の運転者に対し、自転車の側方を通過するときは“1.5メートル以上の安全な間隔を保つ”か、道路事情等から安全な間隔を保つことができないときは“徐行する”ことを呼び掛ける運動です。

【参考】
「思いやり1.5m運動」とは
「思いやり 1 . 5 メートル運動」Q&A

思いやり1.5メートル運動Photo via:https://www.pref.ehime.jp/h15300/1-5m/1-5m.html

趣旨としては、もともと自動車が自転車の側方を通過する時は十分な感覚をとって通過してね!というような条例があるものの、そもそも安全な間隔って人によって違うよね?という根本的な問題に気が付いたことから、1.5メートルという具体的な基準を示すことで交通安全を呼びかけようというもの。

確かにその通りで、スレスレでも十分な間隔だと思う人もいるかもしれないわけで、こうして明確な基準があれば守りやすいの確かだと思います。

現状で道路交通法には明確な規定は無い

ちあみに道路交通法では残念ながら明確な規定はなく「できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない」というような程度の規定のようで、距離や徐行に関する具体的な規定は無いようです。

一応、歩行者に対しては第十八条で
「車両は、前項の規定により歩道と車道の区別のない道路を通行する場合その他の場合において、歩行者の側方を通過するときは、これとの間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない。」とあるようです。

しかし自転車は残念ながら車両ですので、自動車が自転車の側方を通過する際には適用されません。ちなみに自転車が歩行者の側方を通過する際には適用されるので注意しましょう。

思いやり1.5メートル運動への個人的な思い

自転車乗りの僕からすれば素晴らしい運動だと思います。

というのも、しばらく自転車に乗らなくて、久しぶりに自転車に乗った時などは、車道を走るのが恐いと感じたりするんです。

何故ならば、ものすごい近くをものすごいスピードで追い抜いて行く車って必ず居るんですよね。死んじゃうんじゃないかと思う経験も何度もしています。

風圧とかありますし、チキンなハートの僕なんかはビビってしまってハンドルがぶれたりするほど驚いたりもするわけです。泣きそうになって歩道を走りたくもなるんです。

そのような運転をする運転手に悪気は無いと信じたいものですが、僕自身が車を運転する時のことを考えれば、わざわざ自転車スレスレを走るなんてことは普通はしませんから、大半は悪意があるんじゃないかと思ったりもしてしまいます。何故だか車道を走る自転車を目の敵にしている人って少なからず居るんですよね・・・。

まぁそれはともかくとして、自転車が快適に走れる環境が整っていない中で、強引に自転車は車道を走るべし!となっているわけなので、せめてもの安全対策で、側方を通過する際には、1.5メートル程度も間隔を開ける、というのがはやいとこ規定されれば良いのになと思うのです。

そんなわけで、思いやり1.5メートル運動が全国展開されますようにとの願いを込めて紹介させていただきました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑