マナー 自転車全般

幅寄せ怖い!思いやり1.5メートル運動と自動車が自転車を追い越す際の安全な間隔

更新日:

思いやり1.5メートル運動と自動車が自転車を追い越す際の安全な間隔

愛媛県で2015年11月から展開してされている「思いやり1.5メートル運動」が自転車乗りにとっては素敵すぎるので、このまま全国に広まっていけば良いないう願いを込めて思いやり1.5メートル運動について紹介しておきます。

思いやり1.5メートル運動

思いやり1.5メートル運動Photo via:https://www.pref.ehime.jp/h15300/1-5m/1-5m.html

思いやり1.5メートル運動

自動車等の運転者に対し、自転車の側方を通過するときは“1.5メートル以上の安全な間隔を保つ”か、道路事情等から安全な間隔を保つことができないときは“徐行する”ことを呼び掛ける運動です。

【参考】
「思いやり1.5m運動」とは
「思いやり 1 . 5 メートル運動」Q&A

思いやり1.5メートル運動の趣旨

思いやり1.5メートル運動の趣旨としては、自動車が自転車の側方を通過する時は十分な感覚をとって通過すべしという条例があるものの、安全な間隔は人によって違うよね?という根本的な問題に気が付いたことから、1.5メートルという具体的な基準を示すことで交通安全を呼びかけようというものです。

確かにその通りで、スレスレを通貨しても安全だと思う人も居るでしょう。

なので1.5メートルという明確な基準があれば人それぞれの感覚に依らずに安全を確保できるというわけです。

現状で道路交通法には明確な規定は無い

現状で道路交通法には明確な規定は無い

道路交通法では残念ながら自動車が自転車の側方を通過する際の間隔についての明確な規定はなく「できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない」というような程度の規定で具体的な数値は明記されていないようです。

道路交通法第18条

一応、歩行者に対しては道路交通法第18条で

車両は、前項の規定により歩道と車道の区別のない道路を通行する場合その他の場合において、歩行者の側方を通過するときは、これとの間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない

とあるようです。

この安全な間隔の基準が、だいたい1.5メートル程度が目安になるのではないかと言われていたりもします。

しかし自転車は残念ながら車両ですので、自動車が自転車の側方を通過する際には道路交通法第18条は適用されません。また、自転車が歩行者の側方を通過する際には適用されるので注意が必要です。

自動車が自転車を追い越す感覚の世界基準

Photo via:Passing distance (West Midlands Police).jpg

世界的に見ても自動車が自転車を追い越す際の間隔は1メートルから1.5メートル程度取りなさいという感じのようです。

意外なのは道路が広いアメリカのほとんどの州では3フィートと決まっているようです。中には余裕を持った4フィートに決まっている州もありますが少数です。

道路の狭い日本で1.5メートルを確保するのはなかなか難しいのでしょうが、日本も世界基準できちんと感覚を明記すれば良いのにと思います。

距離
オーストラリア60km/h以下 1m
60km/h以上 1.5m
カナダ1m
アメリカ3フィート(約91cm)〜4フィート
イギリス1.5m
アイルランド1.5m
フランス1.5m

全国に広めたい思いやり1.5メートル運動

実際問題で1.5メートルも間隔を開けて通過してくれるなら、自転車乗りとしては車道を走るのもかなり快適になるように思います。

僕なんかも自動車を運転する際には、なるべく自転車との感覚を広くとって追い越すようにしています。

自転車からすればすぐ近くを自動車が追い越していくのはプレッシャーを感じますし、驚いてバランスを崩したりすることだってあります。

また、自転車がバランスを崩して転倒してしまうことも十分考えられるわけで、普通の感覚であればわざわざ自転車のすぐ側をスレスレで追い抜こうとは絶対思いませんからね。

でも残念なことに、車道を自転車で走っていると、わざわざ自転車スレスレを追い越したり、クラクションを鳴らすような自動車もまだまだ多いと感じます。

そんな走り方をして一体何のメリットがあるのか理解できませんが、自動車に乗ると性格が変わる人って多いのですよね。さっさと免許を取り上げてしまえば良いのにと思います。

そんなこんなで自転車にもドライブレコーダーが必要なんじゃないかと言われる昨今ではありますが、思いやり1.5メートル運動が全国的に広まったり、道路交通法にしっかりと間隔の数値も明記されて取り締まり対象にすることができれば、自転車の車道の走りやすさも多少は変わるんじゃないかなと思いますし、どんどん広まって欲しいと思う運動ですね。

-マナー, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.