おすすめ自転車情報 おすすめ自転車用品 写真の撮り方 自転車全般

自転車の動画撮影のブレ補正におすすめな小型スタビライザーを探せ

更新日:

自転車の動画撮影のブレ補正小型スタビライザー

GoProに代表される小型のアクションカメラは、普通のカメラでは撮影出来ないような動画を撮影できることで、自転車だけでなく、スケートボードや自動車などの乗り物系の愛好者などに愛用されています。

YouTubeなどの動画共有サイトにもGoProなどのカメラで撮影された自転車の車載動画が大量に公開されています。

また、アクションカメラは設定を変えれば長時間録画することも出来るので、趣味としての撮影だけではなく、ドライブレコーダーならぬサイクリングレコーダーとしても活用している人も多いようです。

自転車の車載動画は観ていて楽しいですし、特にロードバイクなどのレースでの動画などはかなり迫力があります。

アクションカメラでの自転車の動画撮影の課題はブレ補正

自転車でアクションカメラを使用してサイクリングレコーダーとして動画撮影するのは個人的にも興味のあるところなので、いつかはチャレンジしたいことの一つではありますが、1つだけ気になるのが映像のブレで、この問題をどう解決するかがポイントになると思っています。

上に掲載したジャパンカップの動画も然りですが、カメラがかなりブレているため、長時間観ていると目が疲れたり動画酔いしてしまうのです。

このブレを軽減したりするのにプロの現場で使用しているのが、スタビライザーやジンバルなどと呼ばれる電動制御でカメラを水平に保つための機材です。

カメラが滑らかに動くようになり動画の見やすさが全く変わるので、自転車に限らずで歩きでの手持ち撮影などでも是非とも使用したいモノではあるのですが、スタビライザーは高価なモノが多く、一眼レフなど重たいカメラを支えられるようなものになると、50万円以上するスタビライザーも珍しくありません。

近頃はGoProなどのアクションカメラやiPhoneなどのスマートフォンに対応した小型のスタビライザーも登場し、価格も30,000円程度で入手できるため個人での使用も身近なものになってきました。。

しかしながら、そのほとんどがハンドヘルドと呼ばれる手持ち撮影用のもので、少々モノが大きいために、自転車などに搭載するには、ちょっと・・・というものばかり、というのが実情です。

それでも車載動画は楽しいものなので、みなさんそのあたりは妥協して愛車にアクションカメラとスタビライザーを取り付けて撮影しているようです。

アクションカメラ用スタビライザーと自転車

3軸 GoPro Karma Grip

アクションカメラの王道でもあるGoProからも純正のスタビラーザーKarma Gripが販売されていますが、基本的には手持ち撮影用のスタビライザーのため、持ち手が長く自転車に取り付けるには少々大きいかなというのが実情です。

アダプタなどを工夫すれば上記の動画のようにロードバイク等にも取り付けられ、撮影結果は揺れが抑えられた見やすい動画が撮影できるようです。

取り付け方法

GoProは様々なタイプのマウントが純正品でも用意されているので、マウントアクセサリを組み合わせれば簡単に自転車のハンドルにも取り付けられそうです。

例えば、GoPro Karma Gripの同梱品のGoPro Karma マウントリング ACOMC-001とProハンドルバー/シートポスト/ポールマウントを使用すれば取り付けが可能と思います。

またGoPro Karma Gripは専用のハーネスを使用すればGoPro HERO 4にも対応できます。

ハンドル下に取り付ける場合はスタビライザー本体が当たってしまう可能性もあるので延長マウントを使用するのが良いかもしれません。

3軸 FEIYU TECH G5

アクションカメラ用のスタビライザーの代名詞とも言える中国のFeiyuのスタビライザーもよく使用されているものの1つでFeiyu的には自転車での撮影はWGシリーズを推しているようですが、あくまでヘルメットに装備するような使用方法を想定しているようで、実際にはGoProの Karma Gripと同じ手持ちタイプのFeiyu G5などの方が調子が良いようです。

Feiyu G5はGopro Karma Gripよりも一回り小さいのもポイントなのと、同じ技術を使用したカメラと一体型のSUMMON+も評判が良いとのこと。

取り付け方法

取り付け方はGoPro Krma Gripと同様で、ハンドル下にステムと平行に取り付けるのが最も目立たず邪魔にならない場所になると思います。

手持ちの部分に三脚穴があるので、クランプ付きホルダーを使用することでハンドルへの取り付けも出来ます。

1軸で小型化された自転車用スタビライザーWenPod X1

GAZERCAM スタビライザー WenPod X1 GoPro/スマートフォン用 電動1軸制御式 371039

GoPro Karma GrpiやFeiyu G5よりもコンパクトでデザイン的にも自転車用途に向いていると思われるのがWENPOD X1という自転車に取り付けられるスタビライザーです。

一般的な三軸方式ではなく、一軸方式にすることによって構造をシンプルにすることができ、通常のアクションカメラのマウンターと変わらないレベルまで小型化されています。

スペック
サイズ:90 (長さ) X 55 (幅) X 85 (高さ)mm
重量: 215g (含バッテリー)
稼働時間:約6時間
充電時間:約2時間
対応機種:プラスチックケース付きGoPro HEROおよびスクリーンサイズ6インチ以下の世界中のほとんどのスマートフォン
対応マウント:すべてのGoProマウント

GoProが取り付けられるので、その他の同じサイズの類似カメラでも取り付けられると思われます。

また中国製品にありがちではありますが、似たような製品が後追いでかなり格安で販売されるパターンが多く、このWENPOD X1の場合も同様で下記のような類似製品が既に販売されているようです。
安い・・・。

取り付け方法

GoProはと同じタイプのマウント方式なので、GoProに対応したマウントアクセサリを組み合わせれば簡単に自転車のハンドルにも取り付けられそうです。

スタビライザーの1軸2軸3軸とは

スタビライザーの1軸2軸3軸とは

スタビライザーには色々な種類がありますが、スタビライザー選びでポイントとなるのは補正をどの方向で行なうかによります。

3軸方式

Gopro Karma GripやFeiyu G5などは3軸方式のスタビライザーで、垂直方向、水平方向、回転方向に補正されるので、激しい揺れや手持ち撮影などで、有効な方式になります。

自転車などの場合で、山道など右折や左折が多いシーンでは、水平方向の補正が働くと、カーブを曲がっても元々の進行方向をしばらく保とうとし、数秒後にようやく進行方向に戻ってくるため不自然で見づらい動画となります。

そのためわざと水平方向の補正を殺したりして撮影することも多いようです。

スキー等のように広々とした場所を一定方向にひたすら滑るような場合や、自転車だと真っすぐな道をひたすら走り続けるような場合に3軸スタビライザーは適していると思われます。

2軸方式

2軸方式はスマートフォン用などでは多く販売されていますが、アクションカメラ用になるとかなり少なくなります。

数少ない2軸方式のスタビライザーではFEIYUのWG2で、自転車やバイクなどの用途では最も適したスタビライザーだと思います。

多少の凸凹道を走る分にも揺れが補正されるのでかなり見やすい動画になると思います。

ただ、ヘルメットの上に装着するようなことを基本にしたようなデザインなので、自転車で使用するにはスマートさがあまり無いかも・・・。

1軸方式

WenPod X1で採用されている方式で、シンプルなので小型化が出来るスタビライザー。

左右と上下の補正がなく、傾きだけが補正されるので、凸凹道を走る際や手持ちで歩いて撮影するような場合には不向きですが、ロードバイク等で舗装された道を走るだけであれば1軸方式でも充分だと思います。

以上、自転車の動画撮影で便利なスタビライザーについてでした。

-おすすめ自転車情報, おすすめ自転車用品, 写真の撮り方, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.