*

自転車にサイクルレコーダーを付けて自動車の幅寄せ対策をしてみる

公開日: その他, 交通安全・危険防止, 自転車全般, 自転車用品

自転車にサイクルレコーダーを付けて自動車の幅寄せ対策
自転車に乗って車道を走っていると、時として風圧を感じるほど近くまで幅を寄せて猛スピードで抜き去って行く自動車に遭遇します。

ヒヤッとするどころか、死さえ頭をよぎる瞬間です。

そういう乱暴な自動車の運転手は日頃のニュースを見ないのか、はたまた勉強しないのか、未だに自転車が車道を走ることが大嫌いなようで「邪魔だから歩道を走れ!」と言わんばかりに幅寄せをしてすれすれを追い抜いていくのです。

僕も自動車の運転をする身ですから言わせてもらうと、普通の感覚で運転していれば例え狭い道でも自転車のスレスレを走って抜き去るなんてことは絶対にしませんから、故意で自転車に対して嫌がらせをしているのは間違いがなく、免許を取り上げてしまえば良いのにと思うほど腹が立つ行為なのです。

そこで車の幅寄せ対策として考えたのがアクションカメラをサイクルレコーダーとして使用して車に逆プレッシャーをかけられないか、ということ。

sponsored link

車の幅寄せ対策にアクションカメラは使えるか

車の幅寄せ対策にアクションカメラは使えるか

アクションカメラと言えば、GoProに代表される小型カメラで、オフロードバイクやMTBなどのヘルメットに装備したりして撮影でき、従来のカメラでは撮影出来なかったようなダイナミックな映像が撮影出来るカメラとして人気です。

ロードバイクの場合はツールドフランスなどのメジャーなレースなどでも使用されていたりして、臨場感溢れる迫力満点の映像は見ているだけでもなかなか楽しい映像です。

アクションカメラの代名詞的なGoPro以外にも、最近は中国製の無名メーカーが同等の性能を持った小型カメラをかなり格安で販売していたりするので、以前よりも手軽にアクションカメラを手に入れられるようになりました。

また、アクションカメラの多くはループ撮影機能を持ったものがほとんどなので、ドライブレコーダーのように繰り返し繰り返し延々と撮影出来るため自転車にアクションカメラを装備してサイクルレコーダーのようにして使用している人も居ます。

アクションカメラのxiaomi Yiを自転車に取り付ける

アクションカメラのxiaomi Yiを自転車に取り付ける

僕も中国メーカーの格安なアクションカメラのxiaomi Yiと呼ばれるカメラを入手してクロスバイクのシートポストに取り付けてみることにしました。

多少不格好にはなりますが、ひとまず実験というところで適当なマウントスタンドを購入。
自由に角度を調節できる雲台です。

アクションカメラのxiaomi Yiをシートポストに取り付け

こんな感じで、アクションカメラのxiaomi Yiをシートポストに取り付けてみました。
ちょと存在感有り過ぎですが、目的としてはドライバーに気付いてもらわなくてはいけないので、これくらい目立った方が良いかもしれません。

アクションカメラのxiaomi Yiで自転車動画を撮影した結果

アクションカメラをドライブレコーダーにしてみて撮影

早速アクションカメラのxiaomi Yiをシートポストに取り付けて後ろ向けに撮影してみました。

本来ならば動画をアップしたいところですが、自動車のナンバーのモザイク処理などが面倒だったため、画像で書き出したものを数枚アップしておきます。

自転車にアクションカメラを搭載して撮影

後ろ向きに撮影しているのでタイヤは後輪で走行している車道は左側です。
実際に撮影してみると、自動車もハッキリ写っていてナンバーなどももちろん確認出来ます。

アクションカメラを自転車に搭載して撮影

夕方日没に近い薄暗い中での撮影でしたが、思っていた以上に鮮明に撮影することが出来ました。

忌野清志郎

ちなみに最後の写真の現場は、ロードバイクでのツーリングを趣味にしていたことで有名なロックミュージシャンの忌野清志郎さんのファンならピンと来るであろう、たまらん坂のお参りスポットです。

自転車にアクションカメラを取り付けてサイクルレコーダーとして使用できるか?

アクションカメラのxiaomi Yiで撮影した結果

自転車のサイクルレコーダーとして使えるか?

日没後の暗い道でも撮影してみましたが、街灯程度の明るさがあれば意外としっかりと映すことができました。

また解像度が低くてもそこそこ綺麗に撮れます。
長時間撮影するためにはバッテリーの問題だけが気になりますが、満充電していれば一時間半程度は撮影できるので、街乗り程度の利用だと必要十分だと思います。

自転車のサイクルレコーダーの効果は?

さて、今回自転車にアクションカメラを搭載してサイクルレコーダーとして使用してみた目的である自動車の幅寄せ対策の効果ですが、心なしかいつもよりも距離を開けて追い抜いていく自動車が多かったように思います。

しかし、それがアクションカメラを搭載していたのを警戒して距離を離して追い抜いたか、たまたまだったかはもう少し長い期間使用してみないと何とも言えない感じです。

ただし、手応えとしては幅寄せ対策には効果あるんじゃないかなと思いましたし、万が一幅寄せされて危ない目に遭った場合は記録として使用できるので、安心感はサイクルレコーダーを使用するとしないとでは随分違います。

撮影した自転車アクションカメラの動画は楽しいか?

アクションカメラで撮影した自転車の車載動画は見て楽しめるのか?という点については、最初は楽しいかな・・・と期待して見てみたのですが、あまり楽しいものではありません

自動車でもドライブレコーダーの映像を眺めて楽しんでい人なんて居ませんよね。
全編が非常に淡々とした説明動画になるので、全くつまらない、というのが正直な感想です。

ただ、自分の走り方や走行位置を客観的に見ることができるので、走行動画を確認することでより安全を意識した走行ができそうです。

楽しい自転車アクションカメラの動画もある

FDR-X1000VPhoto via:http://www.sony.jp/actioncam/products/FDR-X1000V/feature_4.html

SONYのアクションカメラであるFDR-X1000VなどはGPSを内蔵していて、専用ソフトを使えば、地図や速度、距離なども併せて表示出来る機能があり、これであれば、走行記録として後から見ても楽しめそうです。

まとめ

そんなこんなで、幅寄せ対策としてアクションカメラを取り付けることでちょっとした手応えを感じることができたので、自転車に搭載していてもう少しサマになるようなカメラ、例えば上記のFDR-X1000Vなどを本気で検討してみようかなと思いました。

単純にサイクルレコーダーとして搭載するのであれば、カメラのデザイン的にはロケット型のpanasonicのHX-A1H-Dが小型で45gの軽量という点で非常に魅力的です。


Comment

  1. より:

    安全運転でたのむわ

  2. ああ より:

    参考になりました
    ただこれって車道を右側走行してないですか?

    • escape air より:

      ああ様
      コメントありがとうございます。
      あー。見方によっては右走行に見えますね。。。
      見切れているタイヤは後輪です。つまりは後方カメラになってます。煽り対策には後方カメラの方が良いかなと思った次第です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑