クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

交通安全・危険防止 自転車全般

自転車でトンネルを走るのは恐い!西栗子トンネルの事故で思うリアライトは明るい方が良いという話

更新日:

自転車のリアライトは絶対明るい方が良い

山形県米沢市の国道13号線にある西栗子トンネル内を通行中の自転車が後続のトラックに追突され、自転車を運転していた男性が死亡するという事故がありました。

トンネル内は道路幅も狭いうえに視認性も悪くなるため自転車でトンネル内の車道を走行する際は「危険だな」と感じる場面は非常に多いです。

自転車でトンネル内を安全に走行するためにはドライバーに自分の存在を認識してもらいやすくするために、できるだけ明るいリアライトを装備するなどの工夫が必要だと思ったというお話です。

トンネル内で自転車が後続車に追突された死亡事故

2015年11月18日に山形県米沢市の国道13号線にある西栗子トンネルで中型トラックがトンネル内を走行中の自転車に追突し、自転車を運転していた72歳の男性が死亡するという事故が起きました。

自転車の男性、はねられ死亡 米沢・西栗子トンネル内
2015年11月23日(月) 16時30分

トンネル内を自転車で走行する場合は非常に緊張感を強いられるようなことが多いです。道路幅が狭いだけでなく、出入り口付近では明暗差の関係で視認性も悪くなりますし、対向車のライトに飲まれる場合もあります。

自転車乗りにとってトンネル内は非常に危険なポイントなので出来るだけ避けて通りたいと思っているのは僕だけではないと思います。

西栗子トンネル

西栗子トンネルは山形県米沢市の国道13号にある片側一車線の延長2675mトンネルです。
交通量は多めとのこと。

どのようなトンネルなのかは、上に掲載したGoogleストリートビューか動画(47秒過ぎから)で確認できると思います。

また、自転車で国道13号を走破した評をまとめている個人サイトでも西栗子トンネルについて下記のようなレポートが見つかりました。

大型車にとっては一杯一杯の車線の外には僅か30cmばかりの路側帯。
一応Uターン横坑があるものの、2675m中に、上り下り車線それぞれ一度きりで、しかも、大型車は利用できない狭さ。
非常電話も少ない。
 まあ、昭和41年竣工といえば、ともすれば古隧道として当サイトに紹介されてもおかしくないような年代モノなのだから、大目に見るべきなのか。何かあってからでは、遅いのだが…。
http://yamaiga.com/road/bansei/main10.html

というような紹介がされてあり、かなり危険な道だったことが伺えます。そしてその何かがあったというわけですね。

twitterでの西栗子トンネルの情報

上記のように、自転車で通行するには、かなり危険なトンネルとして知る人ぞ知るトンネルのようです。

周辺の地図を確認してみましたが、他に迂回するような道も無さそうなので、このトンネルを通るしかないのでしょうが、動画を見ただけでもかなり恐怖心を煽られるような道です。

しかも危険で狭くて逃げ場もないような情況が延々2km以上も続く上に、交通量が多いとなると、相当な緊張感の中で走行しなければいけません。

山道での2kmだと速くても6分程度、ママチャリなんかだと10分程度はかかるでしょうら、出来るならば走行したくないと考えるようなトンネルかと思います。

西栗子トンネルと同じような古いトンネルは全国どこにでもあるもので、自転車で走行中にトンネルに出くわしてしまった時には、トンネルに入るのは躊躇してしまいます。その道に詳しければ危ないことも知っていますが、知らずに入ってしまって、延々と2km以上もトンネルが続くと思うとヒヤヒヤなのは間違いありません。

明るいリアライトのススメ

自転車用の明るいリアライトのススメ

道路交通法では反射板の装備だけでOK

トンネルの中で自動車に自分の存在を知ってもらうための一番の方法は、とにもかくにも目立つこと。つまりは明るいリアライトが最も効果的だと思います。もっと言うのであれば自転車が後方へ自分の存在をアピールするにはリアライトしかありません。ここを疎かにするかしないかで安全に走行できるか否かの違いが出てくるものと思われます。

道路交通法的には反射板が装備されていればリアライトの装備は必要ないことになっていますが、トンネル内のようなオレンジ色の照明の中では、自転車に標準装備してあるような小さな赤い反射板程度では気づいてもらえるのはかなり近くにきてからになるでしょう。

なので、より安全に走行するためには絶対にリアライトを装備した方が良いのです。しかもできるだけ明るいリアライトを選びたいところです。

明るく目立つリアライトは幅寄せされづらい

個人的な経験からのお話ですが、僕が最初に買ったリアライトは10ルーメン程度の小さく暗いものでした。反射板よりは目立ちますが、実際問題であまり目立ちません。

そのせいか、自動車に幅寄せされることも多く、非常に大きなストレスを感じていました。そこで、自動車の幅寄せ対策としていろいろ考えた結果、明るく目立つライトを使用するという結論にいたりました。なるべく目立って自分の存在を後続車にアピールしようと考えたのです。

そこで、70ルーメン程度の明るさがあるknogというメーカーのBLINDER ROAD REARというライトに変更したところ、幅寄せして追い抜いて行く自動車は明らかに減りました。明るいライトは自動車の幅寄せ対策には非常に効果的だと感じています。

ライトが明るいと自動車の運転手が自転車の存在に気が付くタイミングが早くなるというのは勿論ですが、ライトの明るさ=乗り物の大きさというようなイメージがあるのでしょう、バイク等を追い越す時と同じような感じで余裕を持った距離感で追い抜きしてくれるようになります。

そんな経験からも、明るめのリアライトは、自身の安全を守るためのアイテムとして強くお奨めしたいモノの一つです。

明るいリアライト

上記のknogのBLINDER ROAD REARの他にも自転車用の明るいリアライトを紹介しておきます。

CATEYE VOLT50

僕の知り合いが使用しているCAT EYEのVOLT5050ルーメン程度と明るく、デザインも良くコンパクトでおすすめできるリアライトです。

CAT EYEのRAPID X3

CAT EYEのRAPID X3150ルーメンあり、かなり明るいライトになるので後続車への強力なアピールができるものと思います。性能のわりに価格が安いのも魅力です。

LEZYNE STRIP DRIVE PRO

LEZYNEの STRIP DRIVE PRO300ルーメンですから、僕の知る範囲ではリアライトとしては最も明るいライトになるかと思います。

-交通安全・危険防止, 自転車全般
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.