クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

感想・考察・レポート 自転車全般

自転車ライフを満喫する方法!自転車のある暮らしを季節や行事で考える

更新日:

自転車ライフを満喫する方法!自転車のある暮らしを季節や行事で考える

ひょんなことからスポーツサイクルというものに興味を持ち、クロスバイクを購入してからはや数年が経ちました。

自転車は今では僕の生活になくてはならない存在となっているので、なるべく「自転車中心の暮らしをしていきたい」なんてことを考えたりもします。

自転車と「一年を通じてどう過ごしていくか?」なんてことを考えたりすることも多く、自転車を数年乗ってみて、なんとなく自転車と過ごす定番の年間サイクルも見えてきた気もするので、自転車のある暮らしを前提にした一年のサイクルを季節や行事を踏まえて考えてみました。

自転車のある暮らしの一年のサイクル

一月の自転車

年末の大掃除で磨き上げてピカピカになった愛車とともに新年を迎えます。大晦日から元旦にかけての初日の出ライドで走り初めをする人もいるでしょう。

寒いのであまり自転車に乗りたいと思わない季節なので、人によっては完全にオフシーズンにしてしまう人もいますが、雨の少ない冬の間こそが本当の自転車シーズンだと考える人も多いです。

東北地方や日本海側などの極寒地でもなければ、たとえ冬であっても走っているうちに体が温まるので寒さもそれほど気にならないはずです。

とは言いつつも、確かに寒い中、自転車で出かけるのは辛い季節というのも否めないところで、暖かくなった時のことを考えたりして今年の自転車ライフについていろいろな思いを巡らせるのが楽しい時期でもあると思います。

暖かくなってからの自転車ライフを考えると自転車に乗りたい欲求が自然と高まってくるので、その衝動をどう処理するために「やっぱり冬の間は室内トレーニングがベストかな、暖かくなってからに供えようかな」などと考えて、三本ローラーの購入を考えたりもするのもこの時期だと思います。

最近はWahooなどの室内サイクリングのシステムも充実していますし、室内練習でも楽しくトレーニングが出来てモチベーションを保てるようになってきています。

二月の自転車

二月の自転車業界の動きは電動ママチャリやシティサイクルの新モデルが出揃う季節です。どのメーカーも春の新シーズンに合わせて前倒しで新作を発表するので12月1月2月にかけて各メーカーから新年度モデルが次々に発表されるのです。

年末から年明けにかけて新車販売のラッシュシーズンとなるので、型落ち自転車が安売りされるようにもなる季節でもあります。新しく電動自転車などを検討している人は二月あたりから自転車探しをするのが良いでしょう。

電動自転車も毎年新モデルが出ますが、大きく変わるのはバッテリーの持続時間やコンパクト化なのに、長距離にこだわらなければ型落ちモデルでも十分だと思います。

ロードバイク的には基本的に雨の少ないシーズンなので自転車向きな季節でもありますが、一年の中で最も冷え込むシーズンでもあるので朝の凍結や降雪などを気にする必要もある季節でもあり、街で見かける自転車の姿がかなり少なくなる季節でもあります。

三月の自転車

三月になれば、ポカポカと暖かい日も多くなり、自転車に乗りたい欲求も高まる季節です。

多少肌寒いくらいが自転車に乗るには最適な季節だとは思いますが、三月はまさにそんな季節です。暑くもなく雨も少ないので一年を通して自転車のベストシーズンでもあると思います。

そんなわけで冬の間に姿を消していたサイクリストたちがが再び活動を始める季節なので、自転車に乗っている人を多く見かけるようになります。

ただし、花粉が多くなる季節でもあるので花粉症のサイクリストにとっては辛いシーズンになってしまうでしょう。

商業的には春からの新生活にあわせて自転車販売が一気に活気付く季節でもあります。

四月の自転車

四月は春の陽気で気持ち良い気候の中、のんびりサイクリングロードなどを走りたくなる季節です。

サイクリングロードを走ると桜や野の花などいろいろと目に楽しい季節なので、ストイックに走り込むというよりは景色を楽しみながらのゆったりサイクリングが似合う季節だと思います。

自転車シーズン幕開けと言った感じで自転車レースなどのイベントも各地で開催される始めます。

自転車業界で言えば春からの新生活のために色々と準備する関係で、一年を通して最も自転車が売れる月でもあります。

五月の自転車

五月は気候も良くて大型連休もあるので日頃の週末サイクリングでは出来ないようなロングライドや輪行などを試みたくなる季節です。

世界的にもジロ・デ・イタリアやツアー・オブ・ジャパンなど有名な自転車レースなども次々に開催されるようになります。

シマノなどのパーツメーカーからは新モデルの発表があることが多いですね。スポーツバイクの新年度モデルが6月から8月にかけて多く発表されるの関係があるのだと思います。

そんな関係でサイクルショップでは人気モデルからどんどん品薄になるなど、なんとなく新モデルの登場の気配を感じるようになります。

六月の自転車

六月は世界的に自転車レース関連のニュースや話題も多くなり否が応でも自転車気分が盛り上がる季節です。

ただし、日本の場合は梅雨なので雨が多く、長雨が続くと自転車に乗る習慣自体がなくなってしまいがちかもしれません。

GIANTなどの台湾メーカーなどが先陣を切って他のメーカーよりも早めの新モデルの発表をしたりするのも六月です。

新しいコンポーネントなどが発表されている場合は、旧モデルを搭載した完成車などが安売りされはじめるので、掘り出し物が見つかりやすくなります。僕自身も初めてクロスバイクを買ったのは六月でいつもよりもセールが多くなる季節です。

七月の自転車

七月は梅雨の季節が終わっていよいよ自転車本格的な自転車シーズンの到来と言えるかもしれません。

ツール・ド・フランスなどの大きなレースを前に各自転車メーカーからも続々と新モデルが発表されるようになります。

世界的なレースの中継などを見てストイックな気持ちで走りたくなる季節でもありますね。

日差しが日に日に強くなるので、炎天下の中を数日走れば真っ黒に日焼けしてしまうようになります。サイクルジャージやグローブの日焼けあとはサイクリストにとって誇らしげでもあるでしょう。

水分補給と着替えは欠かせない季節です。

八月の自転車

八月はひたすら暑い季節です。暑すぎて自転車の姿が街から消えたりもします。必然的に、滝のように汗を大量にかくので、汗対策は絶対に必要な季節でもあります。

各自転車メーカーの新モデルが店頭に並びはじめるようになり、ツール・ド・フランスなど大きなレースで活躍したチームが乗っていたメーカーの自転車が人気になります。

九月の自転車

九月は気候も良いので市民レースが毎週末にあちこちで行われる季節です。

世界的な自転車レースであるブエルタ・ア・エスパーニャ終了とともに今シーズンのメインレースは全ては終了です。

自転車レースが終了する代わりに自転車の展示イベントが各地で開催されるようになり、新モデルやアクセサリーなどの新商品などが目白押しとなります。

十月の自転車

十月になると気温も下がり自転車で走るのにとても気持ちの良い季節です。

この季節に自転車に乗らないでいつ乗るんだと思えるくらいに自転車にとっては最高の季節で、個人的には最も好きな季節でもあります。

それとは裏腹に自転車レースなども徐々に減り、自転車シーズンももうそろそろ終わりが近づいてきたかなと感じたりもします。

ロードバイクやクロスバイクなどの新モデルやウェアなどが各メーカーから出揃い、ロードバイク関係の展示会が行われたりするのもこの時期です。

十一月の自転車

十一月は気温はぐっと下がってくるものの、まだまだ自転車向きの気持ち良い季節です。

少しずつ寒くなるので冬支度が始まり、サイクルショップなどでも冬用の長袖サイクルジャージやウインドブレーカーなどの防寒グッズが並び始めます。

冬のサイクルジャージなどは意外と高いので購入に躊躇してしまいます。「シーズンが終わる頃のバーゲンの時期にでも買おうかな」などと考えたくなりますが、サイクルジャージは一般的なアパレルとは違い、流行り廃りが大きく変化するものでもなく、また数量もあまり作っていないのか、本格的に寒くなる頃にはほとんど在庫がなくなり、派手なデザインなどあまり着たくないようなものししか購入できなくなってしまいます

良いデザインのものはすぐになくなってしまうので、サイクルジャージの場合は欲しいものは見つけたその時に買うのがベストです。

十二月の自転車

十二月は師走といわれるだけあり、師匠でなくてもなんだかんだ忙しく、お酒を飲む機会も増えたり、寒くなったりで自転車に乗る機会が激減する季節です。

人によっては十二月早々に走り納めをしたりもするようです。走り納めの後は一年の汚れを落とすためにオーバーホールしたり大掃除したりして、来たる来年に備えることになります。

自転車のある暮らしを季節や行事で考えてみるのまとめ

以上、自転車を中心にした一年を考えてみました。

改めて自転車と過ごす一年を考えてみると自転車に乗りはじめるまでは全く知らない&興味の無いことばかりだったことに気が付きます。

自転車に乗ってあちこち出かける時はもちろんですが、イベントや新モデルの時期など、以前よりも季節の変化などは自転車を通じて知ることが多くなりました。転車に乗っていて本当に良かったなと思えるポイントでもあります。

自転車とともに一年を過ごし、より楽しく、よりハードに、より充実した自転車ライフが過ごせることは幸せですね。これからもより充実した自転車ライフを満喫するために、いろいろな自転車情報にアンテナを張っていきたいと思います。

-感想・考察・レポート, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.