バッグ・財布・ツールボトル レビュー

自転車用リュックは背中が汗で蒸れないドイターのRace EXP Airがおすすめ!

投稿日:

自転車リュックの背中の汗対策DeuterのRace EXP Air

自転車で荷物を運ぶ時にはバックパックは必須なのですが、背中とバッグが密着して汗でビチャビチャになってしまうという問題があります。

その問題を解決してくれるのが、Deuter(ドイター)というメーカーの、Race EXP Air (レースEXPエアー) という自転車用のバックパックです。

この記事では、DeuterDeuter(ドイター)のRace EXP Air (レースEXPエアー) についてレビューしています。

ロードバイクやクロスバイクの荷物はリュックで持ち運ぶのが基本

ロードバイクやクロスバイクに乗る時には、なるべく荷物を少なくした方が良いのは間違いありません。

しかしながら、日々の生活の中で自転車に乗ろうと思うと、財布や鍵、着替えなど、どうしても持ち運ぶ必要があるものは以外とあります。

残念ながら、ロードバイクやクロスバイクにはママチャリのような前カゴなどは無いですから、荷物はリュックやメッセンジャーバッグに入れて持ち運ぶということになります。

問題は、バックパックやリュックは背中と密着するために、汗でビチャビチャになってしまうというとkろおです。

ビチャビチャになるだけならまだ良いのですが、バックパックが塩を吹いてしまったり、生地を通り越してバッグの中の物を汗で濡らしてしまったりすることも珍しくありません。

汗だけの問題ではなく、走っている最中の蒸れるような暑さや、走り終えた後のビチャビチャ感はとても不快で、バックパックの背中の汗の問題は、ロードバイクやクロスバイクに限らず、自転車乗りを悩ます大きな問題の一つだと思います。

というわけで、そんな汗の悩みを解決する素敵なバックパックを購入たのでご紹介しておきたいと思います。

自転車用リュックの背中の汗対策の定番Deuter(ドイター)のRace EXP Air

背中の汗対策で好評なDeuterのRace EXP Air

自転車用リュックの背中の汗対策の定番Deuter(ドイター)のRace EXP Air

ロードバイクやクロスバイクなどの自転車乗りを悩ませる「背中の汗対策」として、定番のリュックDeuterのRace EXP Airを購入したので紹介したいと思います。

紹介と言っても、ロードバイクやクロスバイクに乗る際のリュックとしては、DeuterのRace EXP Airは定番中の定番なので、いろいろなところで情報は見つけられるかと思いますので、よくある機能的な詳細は端折って、僕なりの視点でレビューしておきたいと思います。

僕の身の回りでもDeuterのRace EXP Airを使っている人は何人も居て「背中の汗対策をするには最高だ」「これ以上のモノはなかなか無いね」という感じのナイスな評判です。

僕自身もかねてから欲しいと思っていたので、今年の夏がやって来る前に、DeuterのRace EXP Airを購入することにしたのでした。

背中が蒸れないエアコンフォートフレックスライトシステム

背中が蒸れないブリッジ型の背面パネル

Deuter Race EXP Airの最大の特徴は、ブリッジ型になった背中のパネルです

このパネルのおかげで、背中とリュックが密着せず空気が流れるので、排熱効果と蒸れ防止効果がえられるて背中が汗でビチャビチャにならないというわけです。

これは「エアコンフォートフレックスライトシステム」と呼ばれるもので、通気性をよくして発汗を押さえるシステムになります。

構造は非常に単純なので、他のメーカーが真似しようと思えば真似できそうな気がしますが、ドイター以外には全く見かけないので、おそらく特許を取得しているものと思われます。

普通のリュックの場合だと、30分も自転車に乗れば背中がビチャビチャになってしまうのに対して、いくら走っても背中はサラリとしたままです。

背中を風が抜けていくのも感じられて、とても快適で、この快適さを覚えてしまうと他のリュックやメッセンジャーバッグを使うのに抵抗を覚えてしまうほどです。

ショルダーストラップもメッシュ素材で快適

Deuter Race EXP Airのメッシュ

背面パネルだけでなく、ショルダーストラップもしっかりとメッシュ構造になっていて、かなり風通しの良い構造になっています。

Deuter Race EXP Airの全体的なデザイン

ツートンカラーのスポーティなデザイン

ドイター deuter レース EXP エアー

Deuter Race EXP Airの全体的なデザインはこんな感じで、ドイターに詳しい人であれば、お馴染みなデザインかと思います。

僕は黒と白の組み合わせで購入しましたが、黒の部分が赤か黄緑のカラーバリエーションがあります。

ドイター定番のツートーンのスポーティなデザインなので、あまりカジュアルな服装には似合わない感じがしますが、ピチピチのサイクルウェアであればバッチリ似合うようなデザインですね。

メインポケット

Deuter Race EXP Airのメインポケット

メインポケットは背面のパネルがブリッジ状態になっている影響で、リュック全体の見た目の大きさから考えると、容量は少なめの12リットルです。

メインポケットの内部にポッコリと異物がある感じなので、ノートパソコンやタブレットなどを持ち運ぶには無理があると思います。

タブレットならiPadミニあたりがせいぜいなところかと思います。

アジャスターで少しだけ容量を増やせる

Deuter Race EXP Airのアジャスタ

もう少し容量が欲しい場合は、サイドに拡張用のジッパーが有り、これを開くとMAXで3リットル増やすことができるようです。

しかし、いずれにしてもそれほど大きな容量ではないので、荷物の持ち運びの為のリュックサックではなく、必要最低限な装備品を入れる為のリュックサックと思った方が良いと思います。

あれも、これもと入れられるほどの容量はありませんが、着替えやタオルなど、身の回り品を一通り入れるには充分だと思います。

フロントポケット

Deuter Race EXP Airのフロントポケット

Deuter Race EXP Airのフロントのポケットは小物入れになっていて、財布や鍵、携帯などすぐに取り出したいモノを入れておくのに便利です。

二つ折り財布であればフロントポケットに収まります。

サイクリストい愛用している人が多いと言われる、CHUMSのコインケースも良い感じで収まりました。

自転車用の財布はCHUMSのエコキーコインケースが良い

Deuter Race EXP Airの小物入れ

フロントポケットの中にはさらにもう一つポケットがあり、防水仕様になっているようです。

スマートフォンなど濡らしたくないものなどはここに入れると良いと思います。

フロントポケットの中にはメッシュのポケットも二つあるので、パンク修理キットなどの小さなものでもバラバラにならずに持ち運べそうです。

ヘルメットホルダー

Deuter Race EXP Airのヘルメットホルダー

フロントポケット下にもジッパーが有ります。

Deuter Race EXP Airのヘルメットネット

開くと黒いネットのようなものが出て来ます。

Deuter Race EXP Airのヘルメットホルダー

ヘルメットホルダーのネットです。

自転車を降りた後、持ち運びが煩わしいヘルメットですが、ヘルメットホルダーで固定しておけば、持ち運びも楽になります。

レインカバー

Deuter Race EXP Airのレインカバー

さらにボトム部分にもジッパーがあり、そのジッパーを開くと、蛍光イエローの布が出て来ます。

蛍光イエローの布の正体は、レインカバーとしてDeuter Race EXP Air全体を包むための布のようです。

急な雨などでもバッグの中身を濡らさなくて済むというわけで、とことん「自転車に乗る時に使用することを前提として考えられたバックパック」だと思います。

僕の場合、雨の日は自転車に乗る事が無いので、恐らく使用することがないと思われますが、万が一の保険と考えると嬉しい装備です。

サイドポケット

Deuter Race EXP Airのサイドポケット

Deuter Race EXP Airの両サイドにもポケットがあり、水筒やペットボトル等のドリンクを挟むことができます。

自転車用リュックの背中の汗対策の定番DeuterのRace EXP Airまとめ

自転車用の背中の汗対策グッズとしては「汗とおる君」などのメッシュのパネルをリュックの背中部分に取り付けるものなどもあります。

しかし、リュックと背中が密着しないようにデザインされたDeuterのRace EXP Airの方が見た目もスマートですし、使い勝手も良いかと思います。

汗とおる君 (トワイライトグレー)

汗とおる君 (トワイライトグレー)

2,460円(09/28 16:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

今まで、いろいろと荷物がある場合には、30リットルのメッセンジャーバッグか、20リットルのリュックサックを使用していましたが、どうしても背中に汗をかいてしまうのが悩みどころでした。

また、大量にモノを入れられる便利さがある反面、重量が重く、比較的近距離の走行じゃないと辛くなってしまうと感じていました。

しかし、Deuter Race EXP Airなら、汗の問題は解決できますし、容量的にお出かけに必要最低限の装備で出かけられる気軽さもあるので、今後メインで使うようなリュックサックになるような気がします。

Deuter Race EXP Airのポイント

● 大きな物は入れられない
● カジュアルな服装には似合わない
● 必要最低限の着替えやタオル、携行食、道具などは入れられる
● 自転車に乗るためにデザインされた専用リュック
● 背中の汗対策グッズとしてのベストソリューション

自転車バッグ・収納グッズに関する記事一覧

自転車バッグ・収納グッズの総合情報|選び方・種類・用途など

メッセンジャーバッグ・バッグパック

メッセンジャーバッグとバックパックの違いを解説

背中の汗対策ができる自転車用バックパック|ロードバイク・クロスバイク

自転車の雨対策ザックカバー・リュックカバーは飛ばされないタイプがおすすめ

メッセンジャーバッグとは(特徴と用途)

メッセンジャーバッグのおすすめメーカー



-バッグ・財布・ツールボトル, レビュー
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.