*

自転車用リュックの背中の汗はドイターのRace EXP Airで解決!

公開日: バッグ・財布, 問題解決・疑問解決, 自転車全般

自転車リュックの背中の汗対策DeuterのRace EXP Air

sponsored link

ロードバイクやクロスバイクの荷物はリュックで持ち運ぶのが基本

ロードバイクやクロスバイクに乗る時にはなるべく荷物は少ない方が良いのは間違いないわけですが、日々の生活の中で自転車に乗ろうと思うと、財布や鍵、着替えなど、どうしても必要なものは以外とあります。

ロードバイクやクロスバイクには基本的にはママチャリのような前カゴなどは無いですから、荷物はリュックやメッセンジャーバッグに入れて持ち運ぶということになります。

しかし、リュックは背中と密着するために、ものすごく汗をかきます。
文字通りビチャビチャレベルで汗をかいてしまうので、リュックが塩を吹いてしまったり、生地を通り越してバッグの中の物を濡らしてしまったりすることも珍しくありません。

この背中の汗は、走っている最中の蒸れるような暑さや、走り終えた後の冷えたビチャビチャはとっても不快で、ロードバイクやクロスバイクに限らず、自転車乗りを悩ます大きな問題の一つだと思います。

というわけで、そんな悩みを解決する素敵なリュックを購入たのでご紹介しておきたいと思います。

自転車用リュックの背中の汗対策の定番と言えばDeuter(ドイター)のRace EXP Air

自転車用リュックの背中の汗対策の定番DeuterのRace EXP Air
ロードバイクやクロスバイクなど自転車乗りを悩ませる背中の汗対策として定番のリュックDeuterのRace EXP Airを購入しました。

ご紹介と言っても、ロードバイクやクロスバイクにリュックを背負って乗る際の背中の汗対策グッズとしてDeuterのRace EXP Airは定番中の定番なので、いろいろな所で情報を得られるとは思いますから目新しいことは何も無いとおもいますが、せっかくなので僕なりの視点でレビューしておこうと思います。

背中の汗対策グッズとして好評なDeuterのRace EXP Air

DeuterのRace EXP Airを使っている人は身の回りでも何人も居て「背中の汗対策をするには最高だ」「これ以上のモノはなかなか無いね」という評判を日頃から耳にしていました。

なので、僕自身も「欲しい、欲しい」と思っていたのですが、僕は既に自転車用のバッグとしてメッセンジャーバッグやトレーニング用の小さなリュックなどいくつものバッグを持っていたので、新しいバッグを購入するのを躊躇っていました。

背中の汗も創意工夫をしてなんとか誤摩化しながら何度かの夏を乗り切ってきたわけです。

【関連】クロスバイクやロードバイクに乗る時のバックパックと背中の汗対策|Escape airと自転車ライフ

しかし、自分ができる範囲の汗対策では限界を感じることも多かったので、今年の夏がやって来る前に、DeuterのRace EXP Airを購入することにしたのでした。

DeuterのRace EXP Airのご紹介

ドイター独特のツートンカラーのスポーティなデザイン

ドイター deuter レース EXP エアー

Deuter Race EXP Airの全体的なデザインはこんな感じ。
ベースの色はブラックの他にレッドとグリーンがあります。

ドイター定番のツートーンのスポーティなデザインなので、あまりカジュアルな服装には似合わない感じがします。ピチピチのサイクルウェアとまではいかなくても、それなりにスポーティな服装の方が違和感がないかもしれません。

Race EXP Airの最大の特徴はブリッジ型の背面パネル

Deuter Race EXP Airの特徴

Deuter Race EXP Airの最大の特徴は、ブリッジ型になった背中のパネル。
パネルがブリッジ型なので背中とリュックが密着せず、排熱効果と、空気が流れるので発汗も少なく、またすぐに蒸発してしまうので、ビチャビチャにならないというわけです。

Deuter Race EXP Airの特徴は良くも悪くもこのパネルに尽きると思います。
これはエアコンフォートフレックスライトシステムと呼ばれるもので、通気性をよくして発汗を押さえるシステムとのこと。真似しようと思えば他のメーカーも真似できそうな気がしますが、全く見かけないので、特許が絡んでいるのかもしれません。

普通のリュックではすぐに背中がビチャビチャになってしまうのに対して、数十キロ乗っても背中はサラリとしたままで、この快適さを覚えてしまうと他のリュックやメッセンジャーバッグを使うのに抵抗を覚えてしまうかもしれません。

Deuter Race EXP Airのメッシュ

背中部分のパネルの前にはメッシュのネットが張られていて、走行中にはかなり風通しが良くなる構造です。

Deuter Race EXP Airのメッシュ

汗をかきやすい肩ヒモ部分も全てメッシュになっていて、汗対策はバッチリな感じです。

Deuter Race EXP Airのメインポケット

Deuter Race EXP Airのメインポケット

メインポケットは背面のパネルがブリッジ状態になっている影響で、リュック全体の見た目の大きさから考えると、容量は少なめの12リットルです。

メインポケットの内部にポッコリと異物がある感じなので、ノートパソコンやタブレットなどを持ち運ぶには無理があると思います。iPadミニあたりがせいぜいなところかと。

Deuter Race EXP Airのアジャスタ

もう少し容量が欲しい場合は、サイドに拡張用のジップロックが有り、MAXで3リットル増やすことができるようです。

しかし、いずれにしてもそれほど大きな容量ではないので、荷物の持ち運びの為のリュックサックではなく、必要最低限な装備品を入れる為のリュックサックと思った方が良いと思います。

Deuter Race EXP Airのメイン

あれも、これもと入れられるほどの容量はありませんが、着替えやタオルなど、身の回り品を一通り入れるには充分だと思います。

Panaracerのミニフロアポンプを入れられるくらいの深さもあります。

Deuter Race EXP Airのフロントポケット

Deuter Race EXP Airのフロントポケット

フロントのポケットは小物入れになっていて、財布や鍵、携帯などすぐに取り出したいモノを入れておくのに便利です。

長財布はメインポケットに入れるしかありませんが、二つ折り財布であればフロントポケットに収まります。CHUMSのコインケースも良い感じで収まりました。

Deuter Race EXP Airの小物入れ

フロントポケットの中にもポケットがあり防水仕様になっているようです。
スマートフォンなどどうしても濡らしたくないものなどはここに入れると良いと思います。

メッシュのポケットも二部屋あるので、パンク修理キットなどの小さなものでもバラバラにならずに持ち運べそうです。

Deuter Race EXP Airのヘルメットホルダー

Deuter Race EXP Airのヘルメットホルダー

フロントポケット下にもジッパーが有ります。

Deuter Race EXP Airのヘルメットネット

開くと黒いネットのようなものが出て来ます。

Deuter Race EXP Airのヘルメットホルダー

ヘルメットホルダーのネットです。
自転車を降りた後、持ち運びが煩わしいヘルメットですが、ヘルメットホルダーで固定しておけば、持ち運びも楽になります。

Deuter Race EXP Airのレインカバー

Deuter Race EXP Airのレインカバー

さらにボトム部分にもジッパーがあります。
そのジッパーを開くと、蛍光イエローの布が出て来ます。
蛍光イエローの布の正体はレインカバーとしてDeuter Race EXP Air全体を包むための布のようです。急な雨などでもバッグの中身を濡らさなくて済むというわけです。

僕の場合、雨の日は自転車に乗る事が無いので、恐らく使用することがないと思われますが、万が一の保険と考えると嬉しい装備です。

Deuter Race EXP Airのサイドポケット

Deuter Race EXP Airのサイドポケット

Deuter Race EXP Airの両サイドにもポケットがあり、水筒やペットボトル等のドリンクを挟むことができます。

自転車用リュックの背中の汗対策の定番DeuterのRace EXP Airまとめ

自転車用の背中の汗対策グッズとしては、汗とおる君などのメッシュのパネルをリュックの背中部分に取り付けるものなどもありますが、やはりそれ専用に作られたDeuterのRace EXP Airの方が見た目もスマートですし、使い勝手も良いかと思います。

今まで、いろいろと荷物がある場合には30リットルのメッセンジャーバッグか20リットルのリュックサックを使用していましたが、どうしても汗をかいてしまうのが悩みどころでしたし、大量にモノを入れられる便利さがある反面、重量が重く、比較的近距離の走行じゃないと大変だなと感じていました。

しかし、Deuter Race EXP Airなら、汗の問題は解決できますし、お出かけに必要最低限の装備で出かけられる気軽さもあるので、今後メインで使うようなリュックサックになるような気がします。

Deuter Race EXP Airのポイント

・大きな物は入れられない
・カジュアルな服装には似合わない
・必要最低限の着替えやタオル、携行食、道具などは入れられる
・自転車専用リュック
・背中の汗対策グッズとして秀逸

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑