メッセンジャーバッグのおすすめメーカー

メッセンジャーバッグのブランド

メッセンジャーバッグを作っているブランドも沢山あります。

有名なメーカーやよく見るブランドは下記になります。
それぞれに特徴があり、どのメーカーが良いとかの判断は用途や好みでだいぶ変わるものと思われますが、日本で人気のメッセンジャーバッグのブランドといえばChrome(クローム)やCrumpler(クランプラー)、Timbuk2(ティンバックツー)などが特に有名だと思います。

メッセンジャーバッグのブランド一覧

Bagaboo
BAILEY WORKS(ベイリーワークス)
beruf(ベルーフ)
Chrome(クローム)
Crumpler(クランプラー)
De Martini(ディ マティーニ)
FREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ)
FREITAG
Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)
Mission Workshop(ミッションワークショップ))
ORTLIEB(オルトリーブ)
R.E.LOAD
RESISTANT
Under The Weather
Timbuk2(ティンバックツー)
ZoBags

おすすめメッセンジャーバッグ3大ブランド

数あるメッセンジャーバッグのブランドの中で個人的に気に入っていておすすめできるのは下記の3つのブランドになります。3ブランドともにサンフランシスコを拠点にするバッグメーカーです。

Chrome(クローム)

Chrome(クローム)

CHROME クローム
Photo via:https://amzn.to/2nOMIMg

メッセンジャーバッグの代名詞的なブランドであるChrome(クローム)は、自転車に乗っていない日常生活の中でも見かけることが多いバッグブランドで、自転車乗りなら知らない人は居ないと思えるくらいのメジャーな存在ですね。

金属製のバックルに特徴的なChrome(クローム)のペガサスのロゴが埋め込まれていて男っぽさ溢れるオシャレなメッセンジャーバッグが特徴です。

Timbuk2(ティンバックツー)

Timbuk2(ティンバックツー)

TIMBUK2 ティンバックツー
Photo via:https://amzn.to/2mX7v0d

ナルトのような渦巻マークがトレードマークのメッセンジャーバッグブランド。
スリーパネルと呼ばれる縦にさん分割されたトリコロールカラーが象徴的なメッセンジャーバッグが有名なので、知っている人も多いと思います。

Chrome(クローム)と並んで定番中の定番のメッセンジャーバッグブランドです。

MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)

MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)

MISSION WORKSHOP ミッションワークショップ
Photo via:https://amzn.to/2nPM3tW

最後のおすすめはMISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)。
Chrome(クローム)やTimbuk2(ティンバックツー)と比べると比較的新しいブランドですが、登場するや否やそのシンプルながらもスタイリッシュなデザインで一気にメジャーブランドに成長したメッセンジャーバッグのブランドです。

僕自身たまたまネットで見た広告でそのセンスの良いブランドロゴに一目惚れしてしまいメッセンジャーバッグやバックパックなどを次々に購入してしまうほど大好きなブランドです。

元々Chrome(クローム)で働いていたスタッフが独立して立ち上げたブランドなので、基本的なメッセンジャーバッグの機能はChrome(クローム)の良いところを踏襲した感じになっていて、新鋭ブランドらしからぬ熟れた感じがあるのも特徴です。

他のメッセンジャーバッグに比べると価格はやや高めではありますが、記事や縫製などの品質は確かです。Chrome(クローム)やTimbuk2(ティンバックツー)は学生向きな雰囲気もありますが、MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)はもう少し大人が持っていても違和感の無いデザインと質感です。

シンプルなデザインはレディースでもいける

多くのメッセンジャーバッグは男性を意識したデザインで、MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)も基本的には男性向けのメッセンジャーバッグですが、シンプルなデザインなので小型のMONTYならレディースでも全然いけるんじゃないかと思います。実際に女性でも持っている人を時々みかけます。

左右肩掛けに対応

MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)のメッセンジャーバッグの特徴として、多くのメッセンジャーバッグは左肩掛け専用なのに対してMISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)のメッセンジャーバッグは左右のスイッチができるため右肩掛けでも対応できるという点です。

僕自身が肩掛けバッグは必ず右肩に掛けるため、メッセンジャーバッグの選択肢があまりなかったのですが、MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)のお陰で悩むこともなくなりました。

僕が愛用しているメッセンジャーバッグはMISSION WORKSHOPのRummy

MISSION WORKSHOPのRummy

僕は、MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)のメッセンジャーバッグの中型サイズであるRummy(ラミー)を愛用しています。Made in USAらしい少し荒目な生地の質感とシンプルなデザインが気に入って使っているバッグの一つです。

もちろん雨が降っても大丈夫なように撥水性の高い生地と内側には防水生地が使用されているので、急な雨に降られても安心な仕様になっています。

サイズは27Lで一般的なバックパックのミドルサイズと同じ程度の容量ですが、ロールトップに出来るため、見た目よりもかなり多めに収納できるメッセンジャーバッグです。買い物などに出かけた際にも容量に余裕があって重宝しています。

ただ、基本的にはメッセンジャーバッグはあまり物を入れずに半分程度の荷物に留めるというのが基本的な使い方になると思うので27Lだと16リットルで小型のリュックサックくらいの容量で使うのがベストな感じです。

自転車バッグ・収納グッズに関する記事一覧

メッセンジャーバッグ・バッグパック

収納アクセサリー



投稿日:

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.