*

チタンとカーボンアロイレバーの軽量クイックリリーススキュアー

公開日: ホイール・タイヤ, 自転車メンテ・改造

チタンとカーボンアロイレバーの軽量クイックリリース

スキュアーを買ってみました。
ホイールをフレームに固定する為の部品です。

一般的にはクイックリリースとかクイックレリーズなどと言われているもので、工具無しでも素早く緩められる機構を備えたものをそう呼ぶようですが、正式な部品名としてはスキュアーと呼ぶようです。

クイックリリースはタイヤ交換などを素早く行なうために発明されたもので、ロードバイクは競技用の自転車ということもあり、基本的にクイックリリースタイプのスキュアーが装備されているために、スキュアーのことをクイックリリースと呼んでいるようです。

イックリリースタイプだとメンテナンスの際にも楽ですが、本来は主にレースなどで秒単位で競い合っている場合においてはその存在意義があるわけで、特に素早く外す必要が無いような人は、クイックリリースじゃないタイプのものを選択したりもするようで、六角レンチで外すことのできるタイプなどは、ヘックスボルトスキュアーなどと呼ばれているようです。

ちなみに、ヘックスタイプのスキュワーだと、クイックリリースのレバーなどが無いため、より一層の軽量化が出来たり、防犯面ではクイックリリースタイプのものよりも安心できるといったメリットがあるようです。

念のため、ヘックスとは6角のことで、いわゆる六角レンチを使用するタイプのものです。

sponsored link

チタンとカーボンアロイレバーの軽量クイックリリーススキュアーを買いました

チタンとカーボンアロイレバーの軽量クイックリリーススキュアー
チタンとカーボンアロイレバーの軽量クイックリリーススキュアーを買いました。メーカーはLifeline。Wiggleの愛用者なら一瞬でピンとくるかと思います。

ネットの情報等によれば、WiggleがOEMで製造しているオリジナルブランドのようなものらしいです。

【参考】Wiggle(ウィグル)で自転車用品・パーツの購入方法、受け取りまでの流れ|Escape airと自転車ライフ

軽量化にはほとんど興味がない僕なので、必要性があったのかと言われればそれほど必要なものではなかったのですが、今現在使用しているスキュアーのタケノコバネが一つなくなっているのに気が付いたので、新しいタケノコバネを買わなければということもあり、どうせ買うならスキュアーごと買っても良いかなというのが動機です。

行方不明になったタケノコバネ

行方不明になったタケノコバネ。

ちなみにタケノコバネについてサックリ調べた範囲では、クイックリリースを外す際などにスムーズに外せるようするためにあるとかで、無くてもライド自体には支障が無いものらしいですが、もう少し詳しく知りたいと思うので、これはこれで調べたらまたまとめてみたいと思います。

クイックリリーススキュアー

まずはクイックリリーススキュアーの基本的なところで、通常は前後セットで売っていますし、購入するものかと思いますが、フロントのみ、エンドのみで売っている場合もあります。

購入の際に注意しなければいけないのは、エンド用の幅で、主にロードバイクなどの標準サイズである130mmのものと、クロスバイクやマウンテンバイクの標準サイズである135mmのものがあります。

ちなみにクロスバイクのESCAPEシリーズはロードバイクと同じ130mm幅なので、今回僕が購入したものも130mm幅のものです。

【参考】リアエンド幅130mmのクロスバイクならロード用ホイールも使えて改造・カスタマイズがより楽しくなる|Escape airと自転車ライフ

しかしながら、135mmのものは、大抵の場合130mmと兼用できるようで、対応サイズ130mm-135mmなどというような表記も多く、それをロードバイク等で使用した場合は5mmほど軸が余る程度で、使用に関しては特に問題がない感じです。

また、ロードバイク等で使えるコンパクトなスタンドupstandなどを使用する際には130mmだと余裕がなくなり、かなりキツくなるので、135mmのものを使用した方がよさそうです。

【参考】ロードバイクの見た目を損なわないスティック式の自転車スタンドupstandみたいなUL-Q4M|Escape airと自転車ライフ

チタンとカーボンアロイレバーの軽量クイックリリーススキュアー詳細

チタンとカーボンアロイレバーの軽量クイックリリーススキュアー

クイックリリース部分です。
カーボンアロイレバーとのことで、機構部分はアロイ、つまりはアルミ合金で、レバーの部分がカーボンになっているようです。

タケノコバネの色もいわゆる鈍色なので、もしかしたらチタン製なのかもしれません。

チタンとカーボンアロイレバーの軽量クイックリリーススキュアー

クイックリリース部分を解放した状態。
機構部分に小さくLifelineのロゴとCB/TIという表記。
CB:カーボン TI:チタン

クイックリリーススキュアーのエンド部

エンド部の黒い部分の素材もアロイのようです。
Lifelineのクイックリリーススキュアーにはカラーバリエーションはありませんが、オシャレ自転車用などでは色々なカラーのものも存在します。

僕は愛車のクロスバイクのESCAPE AIRは、ほぼ黒と白のパーツでまとめていることもあり、黒を選択しました。

パーツ的には小さいながらも比較的目に付く部分だと思うので、アクセントとしてカラータイプのものを選択するのもアリかと思います。

160529_9

クイックリリーススキュアーとして考えれば、4,000円程度は安くはない価格だと思いますが、チタン製で考えれば他メーカーなどは6,000円〜で1万円を越えてくるものもあり、かなり格安なものになります。

なので、質感は価格相応と言いますか「良い仕事してますね〜」と思うほどではないかな。

チタンとカーボンアロイレバーのクイックリリーススキュアー重量

160529_10

注目の重量は44g(前後セット)。
商品詳細のスペックには50gと書かれていました。

軽量なクイックリリーススキュアーかと言われると、上には上がいくらでもあるので中堅レベル的な重量かと思いますが、一般的なクイックリリーススキュアーは80g〜140g程度のようなので、それを思うとかなり軽く、価格で考えればリーズナブルかなと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑