クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

カスタマイズ考 自転車メンテ・改造

クロスバイクを軽量化した場合に必要な費用と重量の目安

更新日:

クロスバイクの計量化と費用

ロードバイクやクロスバイクの性能を示す1つの基準として重要視されているのが重量で、ロードバイクの場合だと最低でも10kg以下というのが昔からよく言われているようです。

最近はクロスバイクでも10kgを切るようなモデルも多くなってきましたし、ロードバイクの場合はカーボンフレームが主流となり計量化が進みハイエンドモデルであれば7kgを切るような超軽量モデルもあり、レースの規定よりも軽くなり過ぎて逆にウエイトを載せたりもするようになっています。

人力で進む乗り物だけに重量の違いによる影響は顕著で、特に重力に逆らう坂道などではその影響が大きくなります。

僕がスポーツバイクの入門機としてクロスバイクのESCAPE Airを選んだのは、10kgを切った軽量クロスバイクとして当時話題になったのも大きなポイントでした。

自転車の知識が一切無かった当時の僕でさえ、重量が軽い=高スペックな自転車というような価値観があることは知っていましたし、軽ければ軽いほど、走り出しや坂道などで有利になるので、自転車にとって重量は非常に重要視されているポイントなのです。

しかしながら、クロスバイクのESCAPE Airがいくらクロスバイクの中では軽い部類であったとしても、所詮はアルミフレームの自転車なのでカーボンフレームのロードバイクの重量には、どれだけ頑張っても追いつけません。

それを理解しているので、無理にクロスバイクのESCAPE Airの軽量化を目指そうとは思わないのですが、もしもお金が遣い切れないほどあったとしたら、どこまで軽量化できるのか試してみたいと考えることはあります。

というわけで、僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airをもしも軽量化できるならば、どこまで軽くなるのかをシュミレーションしてみて、およそ到達できる重量と、それを達成する為に必要な費用を考えてみたいと思います。

クロスバイクを軽量化するための前提条件

条件1:基本的に現状のスタイルを維持しつつ改造する

僕のクロスバイクのESCAPE Airは既にいろいろな改造カスタマイズで手を加えていて、ハンドルもブルホーン化しています。ブルホーンバーからフラットバーにするだけでいくらか軽くなるとは思いますが、今回のシュミレーションはあくまで元の形を買えないことを前提に軽量化を目指します。

条件2:好きなパーツでの軽量化を目指します

おそらく世の中には軽量化マニアご愛用のパーツが沢山あると思いますが、その辺りを網羅するのも大変なので、現状よりも軽くなると思われるカーボン製のパーツを中心に探して、見つかったパーツの中で僕の好みにハマったパーツで検討したいと思います。

なので、パーツごとに最軽量なパーツを探して検討しているわけではありません。

条件3:重量はカタログ等の重量を参考

あくまでシュミレーションですから実際にパーツを計量しているわけではなく、カタログで記載されている重量を判断材料にしています。あくまでザックリした目安の数字で厳密ではありません。

条件4:ホイールとタイヤは変更しない

ホイールとタイヤを検証しはじめるとキリがないのと、クロスバイクにレース用の超高級計量ホイールを履かせるのも現実味がないので考えないことにします。

ちなみに今現在で僕のクロスバイクに履かせているホイールはFulcrum Racing 3(1555g)とコンチネンタルグランプリ 4000S(215g x 2)になります。

条件5:価格はネットで販売されていた実売価格を参考にしています

ショップでパーツを交換するとパーツ代金の他に工賃が加算されますが、価格や工賃はショップによって異なるため、全ての作業を自分で行なうことを前提として工賃を計算しないものとします。パーツ価格も大きく異なるのでネットで見つかった価格を参考にしており、最安値を探しているわけではありません。

クロスバイクを軽量化してみる

今現在の僕の愛車であるGIANT社のクロスバイクのESCAPE Airの重量は8.9kgです。純正の状態での重量がペダルを含んで10.2kg程度だったと思うので既に1kg以上は軽量化している状態ですが、これがどこまで軽くなるのかシュミレーションしてみます。

ハンドルを交換して軽量化する

変更前

肩下がりしたタイプのブルホーンバーでアルミ製です。重量は約230g

変更後

同じくProfiledesignのカーボン製ブルホーンバーです。重量はアルミ製から約25g軽くなって約205g

結果

軽量化 25g
費用 ¥29,980

エアロブレーキを交換して軽量化する

変更前

ブルホーンバーの先端に取り付けるタイプのエアロブレーキ。アルミ製で左右合わせて約244g

変更後

同じくProfiledesignのエアロブレーキでカーボン製。こちらは左右合わせて約200g

結果

軽量化 44g
軽量化合計 69g
費用 ¥9,088
費用合計 ¥39,068

コンポーネントを交換して軽量化する

変更前

Shimano 105 5700系

ブルホーン仕様なのでSTIブレーキは含まない重量を計算すると約1,757g。ちなみに純正のESCAPE Airを改造した際に、最も計量化に影響があったパーツがコンポーネントの主要部分であるクランクセットになります。およそ500g程度は計量化できたと思います。

変更後

STIブレーキを除いた重量は約1.383gとさすがに軽いですね。

結果

軽量化 626g
軽量化合計 695g
費用 ¥103,234
費用合計 ¥142,302

サドルを交換して軽量化する

変更前

比較的クッションの少ない薄いサドルです。レール部分がアルミなのでそれなりの重量で約243g

変更後

サドルといえばフィジークといわれるほど定番。その中でもカーボンレールを使用した軽量モデルのサドルで重量は約160g

結果

軽量化 77g
軽量化合計 772g
費用 ¥18,960
費用合計 ¥161,262

シートポストを交換して軽量化する

変更前

何かのクロスバイクに使用されていたシートポストを使用しています。黒のパーツを探していて知り合いから譲り受けたのをそのまま使用しています。アルミ製で約240g

変更後

ハンドルとステムとメーカーを揃えるというのがスポーツバイクのコーディネートの暗黙のルールでもあるので、同じProfiledesingのカーボン製シートポストを選択。重量は約210g

結果

軽量化 30g
軽量化合計 802g
費用 ¥15,727
費用合計 ¥176,989

クロスバイクの計量化のためにフォークを交換

交換前

僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Ariの中で唯一残された純正パーツです。純正のフォークは重たく、約900gもの重量があります。

交換後

フォークの交換はVブレーキ用のマウンターに対応したカーボン製のフォークを考えるとかなり選択肢が限られていて、そうなると選択肢はこのTNIのアルミカーボンフォークが現実的な選択肢となります。重量はカーボン製フォークとしてはかなり重く700g程度です。
ちなみに軽量なカーボンフォークになると300g台のものもあります。

結果

軽量化 200g
軽量化合計 1,002g
費用 ¥12,960
費用合計 ¥189,949

ペダルを交換して軽量化する

交換前

シマノのマウンテンバイク用の両面SPDペダル。価格が安くデザインも僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airとマッチしているため使用していますが、重量ななかなかのもので左右ペアで約455g

交換後

シマノのSPDペダルで最も軽量なのはULTEGRAグレードのPD-A600で、重量も他の物と比べるとかなり軽い約286gになっています。

結果

軽量化 169g
軽量化合計 1,171g
費用 ¥7,462
費用合計 ¥197,411

クロスバイクを軽量化シュミレーションの結果

重量は約1.2kg減って8.9kg → 7.7kg。そして計量化に掛かる費用の合計は¥197,411でした!実に1グラムあたり約170円となり軽量化がいかにコストが掛かるかが分かりますね。

今回のシュミレーションではパーツはとりあえず好きなメーカーのカーボン製のパーツを選んだだけなので、純粋に計量化だけを考えてパーツを選択すればさらに200gくらいは計量化できるのではないかと思います。これに加えてホイールを考えれば500gは計量化できるものと思われます。

カーボン製ホイールと言えばかなり高級なイメージですが、今では中華カーボンホイールも手軽に購入できるようになり、評価もそこそこ良いのでお手軽でリーズナブルな軽量化を目指すには最も良い選択になると思います。

さらに軽量化を目指すなら、ネジをチタンに変更したり、バーテープを軽量なものに変更するなどの方法があると思います。それこそグラム単位の軽量化になりますが、地理も積もればの精神が軽量化には必要なので、ボルト類を軽量化すれば50グラム程度は軽量化できるかもしれません。

つまりGIANT社のクロスバイクのESCAPEのような入門用の自転車でも、とことんお金を掛ければ6kg台も夢ではなさそうです。

とは言いつつも、そうなると費用合計が約30万円程度は必要になるでしょうから、素直にロードバイクを買って、その中で更に軽量化を目指した方が良いという話になります。

軽量化も突き詰めればかなり楽しそうな世界ではありますが、1gの軽量化に掛かる費用が170円程度というのは流石に現実に引き戻されてしまうところですね。軽量化はカーボンフレームのロードバイクを買った上でやるべきことなのかな、とも思います。

まずは痩せるのが先

今現在の僕の体重が74kg前後です。無理なく減量できるレベルで考えれば67kgくらいまではすんなりと落とせるはずです。

ロードバイクやクロスバイクで500g計量化するのは大変ですが、たるんだ身体をした人間が500g減量するのは簡単に出来てしまいます。一説ではウンコ一回の重量が500gと言われていますから、トイレに行くだけで簡単に軽量化できてしまうわけです。

これ以上は書かなくてもわかると思いますが、軽量化を目指す、あるいは重量を重要視するのであれば、まずは自分自身を軽量化するのが先ということになりますね。それが最も効果的かつ現実的な軽量化になると思います。

-カスタマイズ考, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.