クロスバイク用Vブレーキ対応のカーボンフォーク

クロスバイクにVブレーキ対応のカーボンフォークを探す

クロスバイクのフォークは、一般的にアルミ製やクロモリ製のものが使われていますが、本格的なロードバイクと同じようにしたいと思い、カーボン製のフォークへの交換を検討してみました。

しかしながら、カーボンフォークの多くは、キャリパーブレーキ用の台座を備えたものになり、クロスバイクに採用されているVブレーキに対応したブレーキ台座を備えたカーボンフォークはあまり存在しません。

見つかったとしても、怪しげな中華メーカー製になり、Vブレーキ対応のカーボンフォークは数種類しか候補がないのです。

この問題は、僕自身が、クロスバイクのフロントフォークをカーボンフォークに交換する際に、つまづいた部分でもあるので、誰かのお役に立てばと思い、Vブレーキ対応のカーボンフォークについてまとめておきたいと思います。

Vブレーキ対応のカーボンフォークを探す際の注意点

カーボンフォークの多くはキャリパーブレーキ用のブレーキ台座

ロードバイクやクロスバイクで使用できるカーボンフォークのほとんどが、ロードバイクなどで採用されていることの多いキャリパーブレーキ用のブレーキ台座を備えているものになります。

Vブレーキに対応したブレーキ台座を備えたカーボンフォークの候補は、数えるくらいしかありません。

まずは、このことを念頭に置いてカーボンフォークを探すことになり、実際のところで、ほとんど選択肢がありません。

フォークには複数の規格や形状がある

自転車用のフォークには、複数の規格や種類があります。

例えば、ブレード部分だけがカーボンでコラム部分がアルミで作られた、通称「アルカーボン」と呼ばれるようなフォークや、コラム部分まで全てカーボンで作られた「フルカーボン」があります。

また、フォークにはいくつかの規格のような定番サイズや、形状の違いがある点にも気をつけなければいけません。

このあたりの規格や仕様は、フレームのトップチューブの形状やヘッドパーツの種類とも関わってくるため、適当に選べば良いというものではありません。

フォークを選択する際には、自身の自転車のフレームのトップチューブの形状やヘッドパーツを事前に調べておく必要があるのです。

これらの規格や形状については、下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

そして、Vブレーキ用のブレーキ台座を備えたカーボンフォークが見つかっても、残念ながらコラムの形状の違いなどで、取り付けできなということもあったりするので、注意が必要です。

フロントフォークに関する基礎情報|形状・規格

Vブレーキ用の台座を備えたカーボンフォーク

下記にピックアップしたカーボンフォークは、GIANT社のクロスバイクのESCAPEシリーズなどで使用できるタイプのフォークで、700CタイヤとVブレーキに対応した製品となります。

コラム部分がアルミ製の、通称「アルカーボン」などと言われるカーボンフォークですが、実質下記の3種類しかありません。

OnebyESU OBS-CBC 45

ベントタイプ
コラム径:1-1/8”
オフセット:45mm
肩下:396mm
重量:624g
価格:25,000円前後

ONEBYESU OBS-CBC 48

ベントタイプ
コラム径:1-1/8”
オフセット:48mm
重量:624g
価格:25,000円前後

ONEBYESU OBS-CBC 52

ベントタイプ
コラム径:1-1/8”
オフセット:52mm
重量:624g
価格:25,000円前後

オフセットの違いによる走行性能の違いについて

上記の3種類の、ベントが異なるタイプという以外は、基本的に同じ仕様となります。

オフセットは、一般的には40mm程度のものが多いと思います。

ESCAPEシリーズに元から装備されているフロントフォークのオフセットは45mm程度なので、OnebyESU OBS-CBC 45などは、クロスバイクで標準的なオフセットを持ったカーボンフォークと言えると思います。

オフセットが長くなると「トレイル」は小さくなり、直進安定性が増すことになります。

フルカーボンでVブレーキ対応のカーボンフォークはあるか?

フルカーボン製でVブレーキ対応の台座を備えたカーボンフォークも、同じくONEBYESUから販売されています。

しかし、コラムの形状がテーパードタイプとなり、残念ながら、ESCAPEなどの一般的なクロスバイクのフレームでは取り付けることができない仕様となっています。

Vブレーキ用のブレーキ台座を備えたカーボンフォークまとめ

Vブレーキ用のブレーキ台座を備えたカーボンフォークについて調べてみると、驚くほどその選択肢少ないです。

アリババやAliexpressなどの、中国系のショップを探せば、カーボンフォークを見つけることもできますが、頼みの中国製ですらVブレーキ用のブレーキ台座を備えたカーボンフォークが見つからないような状況です。

そんなわけで、クロスバイクをカーボンフォークにする際の選択肢は非常に少なく、実質、OnebyESUのカーボンフォークくらいしか選択肢が無いと言えるでしょう。

クロスバイクもロードバイクも、ブレーキの主流はディスクブレーキになりつつありますし、Vブレーキ自体も、シマノの製品ラインナップからもどんどん姿を消しているような現状で選択肢が限られてきています。

今現在で、自転車パーツの多くは中国や台湾で製造されています。

にも関わらず、中国系のサイトでVブレーキ用の台座を備えたカーボンフォークが見つからないということは、中国でも製造されていない(少なくとも積極的には製造されていない)と考えることができます。

つまりは、現状でONEBYESUが製造を止めてしまったりすると、もうVブレーキ用のブレーキ台座を備えたカーボンフォークは、中古市場以外での入手することができなくなってしまうと思われます。

ということで、クロスバイクのカーボンフォーク化に興味が有るのであれば、Vブレーキ用のブレーキ台座を備えたカーボンフォークを入手できる今のうちにやってしまうのがベストということになりますね。

クロスバイクのフォーク交換に関する記事

投稿日:

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.