クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車用品

激安自転車周辺アイテム買って良いモノ悪いモノ

投稿日:

激安自転車周辺アイテム買って良いモノ悪いモノ

クロスバイクやロードバイクなどの自転車にはライトや鍵などの必須な周辺アイテムがいくつかあります。

それぞれに有名メーカーがあり、例えばライトの場合だとキャットアイレザイン、鍵であればクリプトナイトABUSなどが有名です。

有名メーカーの製品は価格も高いですが、価格相応に性能や品質も良く、耐久性や信頼度などもあるのでお金に余裕がある場合は、定評のあるメーカーの製品を購入するのが最も間違いがないと思われます。

しかしながら何かと出費の多い自転車ですから、出来るだけ安く済ませたいと思うことが多いのもまた事実。

そこで気になるのがアマゾンなどで売られている激安な自転車周辺アイテムです。

有名メーカー品に比べて安いけど、買って本当に大丈夫なのか?ちゃんと使えるのか?などと不安な部分もありますが、最近は中国の業者による格安な製品も大量に販売されるようになり、意外と品質が良いものも見つかったりするので、モノによっては有名メーカーにこだわらなくても十分満足できるものも多くなってきたように思います。

もちろん「安かろう悪かろう」や「安物買いの銭失い」的な部分もありますが、中国製の激安品でも良いんじゃないかなと思うモノについて考えてみました。

自転車用ライト

自転車用ライト

ライトをきっかけに中国製の激安自転車アイテムに興味を持つ

僕がクロスバイクに乗り始めた頃の自転車ライトは乾電池式が主流でバッテリー式はまだ少数でした。

そんな中で、小型でデザインも良く、明るさも十分だったknogのBlinder Roadと呼ばれるライトを購入しました。

当時の自転車用のライトメーカーと言えばキャットアイ、レザイン、ジェントスなどが主流でしたが、そんな中で価格は高いものの優れたデザインで新進気鋭のメーカーとしてknogがひときわ目立った存在だったのでした。

個人的には今後もずっとknogのライトを使い続けたいなと思うほど気に入ったライトでした。

そんなある日、アマゾンで大量に見かけるようになった激安な中国製の自転車周辺アイテムの存在が気になり始めたところで、モノは試しと中国製の激安なライトを入手したのが激安な中国製の自転車周辺アイテムに興味を持ったきっかけです。

最初はその値段から考えて「どうせ安っぽくておもちゃみたいなモノだろう」と思っていたのですが、いざ手元にモノが届くと、価格からは想像できないほどの明るく、見た目も安っぽくないことに驚いてしまいました。

それまでの激安な中国製のイメージと言えば、作りも粗雑で、安物買いの銭失いを地でいくような酷いものがほとんどだったのですが、メーカー品と言われても遜色のない立派なものだったのです。

この出来事をきっかけにして「激安アイテムでも意外と使えるものが増えてきているのかも」と思うようになり、それ以来、メーカー品にこだわる必要がないのかもしれないと思うようになったのでした。

ライトは激安品でも十分使える

最近の自転車ライトの主流はバッテリー式です。
そしてライトはLEDがほとんどのライトで採用されています。

バッテリーもLEDライトも数年前と比べると驚くくらいに性能が向上していて小型軽量化や大容量化が進み、どんどん明るくなっています。今では1000ルーメンを超えるような超明るいライトも珍しくなくなってきました

ほんの数年前までは300ルーメンあたりでが上限だったのに、日進月歩で性能がアップしています。

スペック的には1000ルーメンもあれば街中での使用では十分な明るさだと思われるので、今後はバッテリーの容量が重要視され、小さなバッテリーで長時間持続するようなモノがどんどん出てくるでしょう。

価格の高い有名メーカーの製品にはスペックが最新のモノが多いですが、一年もすればすぐに性能は追いつかれるでしょうし、バッテリー自体にも寿命があるので、たとえ良いライトを買ったとしても数年に一度は買い換える必要があるものです。

それを考えるとライトは消耗品として考えて激安かつそこそこ性能の良いものを選ぶのが良いんじゃないかと思います。

スペックは信用できない

中国の業者が取り扱う製品で信用できないのはスペックです。

どう見ても同じ製品でメーカード名だけ違うものが沢山の見つかります。
同じ製品と思われるのでスペックも同じと思うのですが、その一つ一つを比較してみると、スペックが微妙に違っていたりします。

例えば、アマゾンで販売されていたとあるライトを比較すると、見た目やデザインは全く同じなのに明るさが1200ルーメンと700ルーメンで差があります。そしてレビューに目を通すと「1200ルーメンは無いと思います」などと明るさを疑問に思うコメントが書かれていたりします。

実は僕自身もそれらのライトと同じデザインのライトを持っているのですが、他のライトと比較して明るさを考えると、500〜700ルーメンくらいが妥当な明るさなんじゃないかなと思います。

また、僕自身、日頃の仕事で中国と関わるビジネスに関わっていたする経験からも、表示されているスペックはあまり信用できないと思った方が良いと思います。

例えば、中国のアリババなどで売られている製品を見比べると、どう見ても同じ製品がスペック違いで山ほど出品されていたりする訳です。おそらく大元の製造業者は同じなのですが、そこから仕入れる業者がスペックを適当に変更して販売してしまうというようなことも平気でやってしまっているのではないかと思われます。

なので、中には1,000ルーメンを超えるようなスペックで激安なライトも見つけられますが、そのようなハイスペックなライトでもだいたい500〜700ルーメンくらいだと思っておいた方が良いと思います。それでも十分に明るいですし不便は無いと思います。

● スペックは信用できない
● 初期不良も多い
● 台座などのデザインが酷い

自転車用鍵

自転車用鍵

U字ロックはABUSやクリプトナイトの2強を除けば似たり寄ったり

自転車用の鍵も特にメーカーにこだわらなくても良いかなと思うようになったモノの一つです。

個人的には自転車用の鍵はU字ロックがおすすめで、有名なABUSクリプトナイトあたりだと確かに信頼感はあります。

しかし、U字ロックだとメーカー問わずでそれなりに防御力は高いですし、U字ロックが破られるような盗難であれば何をやってもダメかなとも思うのです。

でもって流通しているU字ロックの多くは台湾のULACというメーカーのOEMだったりするので、ABUSやクリプトナイト以外だと、どれを選んでも似たような感じです。

またU字ロックの場合は激安な中国製のモノはあまりなく、価格は安くても2,000円程度なので、構造的にそれほど安く作れるものではないのかもしれません。

ワイヤーロックは激安品でも良い

ワイヤーロックは激安中国製が溢れています。

ワイヤーロックに関しては有名メーカーでもラインナップにありますが、いずれも用意したけどあまり本気で取り組んではいないようなやっつけ感があります

勝手な想像ですがワイヤーロックはワイヤーカッターで簡単に切断できてしまうので、適当な扱いなのかもしれません。

そんなこんなで有名メーカーでもそれほど高くないですし、激安品であれば1,000円以下のモノも沢山見つかります。極端な話、100円ショップにだってそこそこの太さのワイヤーロックが見つけられます。

ワイヤーロックはコンビニに入るときのように数分程度しか自転車から離れないような時に使うためのものなので、ガッチリ強固な防御力は無いため、別に有名メーカーの製品でなくても良いんじゃないかと思います。

● ワイヤーロックやチェーンロックは何を選んでも同じ
● ブラケットがダサくて安っぽいのを我慢できれば有り

自転車用ウェアとグローブ

自転車用ウェアとグローブ

僕はウェアは消耗品と考えているので、激安な中国製でも良いと思ってます。

おそらくパールイズミアソスなどの方がウェアとしての性能も良いでしょうし、耐久性や着心地の部分でもきっと優れているのでしょうけど。

幸いにして自転車用ウェアは一般のアパレルほど流行り廃りでシルエットが変化するモノでもないので、どのメーカーのウェアを着ても似たような見た目になるので、流行り廃りを気にしなくても良いというのもメーカー品にこだわらなくても良いと思う理由の一つです。

実際に買ってみても普通に着られるので、半額やそれ以下、下手すると1/10程度で買えるモノもあったりもするので、お買い得感は非常に高いです。

メリットは安いだけでなく有名メーカー品だとデザインが被ってしまったり、どこかの国の有名チームと同じデザインだったりするので、僕のような中途半端なサイクリストにとっては気恥ずかしい感じがしてしまうのですが、激安無名メーカーだと、デザインが無数にありますし、無地も多いので誰かと被ったりすることもない安心感があります。

グローブに関してもウェア以上に消耗品だと思いますし、軍手最強説ってのもあるくらいなので、激安で購入できるモノがあれば、それで十分だと思っています。

「俺のジャージはアソスだぜ!」的なこだわりがなければ無名メーカーの激安ジャージで全然オッケーってな感じです。

● 自転車用ウェアはシルエットが変化しない
● ボロくなれば心置きなく捨てられるくらい安い
● 無地も多くて他人とカブる心配が無い
● 細かい部分(ホツレなど)は気になるかも
● 耐久性や性能、着心地などの違いはあるかも
● メーカー品を着ているという優越感は無い

サイクルコンピューター

サイクルコンピューター

サイクルコンピューターも有名どころだと GRMINキャットアイなどが筆頭に挙がりますが、本格的にデータを活用するつもりがなければ、中国製の無名メーカーのサイクルコンピューターでも十分に用事は足りると思われます。

サイクルコンピューター選びのポイントとなるのは夜でも視認性を確保するためにバックライトが搭載されていることにとなると思いますが、有名メーカーの製品は意外とバックライトが搭載されているモデルが少なく、あったとしても10,000円を超えるような高価なモデルになるのです。

それに対して中国製の激安サイクルコンピューターにはバックライトが付いているのが当たり前で、価格も2,000円〜4,000円程度でかなり安く手に入ります

有名メーカーのサイクルコンピューターと比べてスペックが上なのに価格は安いモノがほとんどなのです。

例の如くで、どこまでデーターが正確に取れるかという不安はありますが、多くの人は詳細で正確なデータは必要ないでしょうから、大体の目安程度のデーターであればメーカーにこだわらなくても十分満足できると思われます。

ましてSTRAVAなどの利用を考えない、速度と走行距離さえ測れればそれで良いと考えるのであれば、全くもってメーカー品にこだわる必要は無いでしょう

自転車周辺アイテムは激安品で良いなと思うようになったモノまとめ

自転車周辺アイテムは激安品で良いなと思うようになったモノまとめ

ライト、鍵、自転車ウェア、サイクルコンピューターあたりは、メーカーやデザイン、プロ仕様の性能にこだわらなければ、そこそこの品質のものが以前では考えられなかったような激安な価格で手に入るようになっています

もちろんハズレを引いてしまうことは有りますが、体制として、日本のメーカーのように文句を言われないようにしっかりと検査して問題のない製品だけを出荷しようという体制ではなく、多分大丈夫だから全て出荷して、何か文句言われたら新しいのと取り替えようという考え方なので、不具合品に当たることはよくあることだったりするのです。

そんな時には交換してもらえば良いだけなので、その辺りに目をつむることができれば、選択肢として激安な中国製品を購入するのも有りなんじゃないかと思います。

逆に精度を要求される工具類や安全を左右するヘルメットの類などに関しては、メーカー品を選ぶのが絶対的な安心感と信頼があります。ハイエンドなパーツ類などもメーカー品にこだわりたいところだと思います。

ハイエンドな製品と同等のスペックの製品を中国でもきっと作ることが出来ると思われますが、性能や精度を求められる製品に関しては中国で製造してもコストが高くなってしまうので中国製品を選ぶメリットもなくなってしまいます。その辺りに関してはやはり有名メーカーに分があるでしょう。

その辺りは中国もよくわかっているのか、あまりハイエンドな製品は出回らず、そこそこ適当に使えれば良いようなものが多いですね。

激安でそこそこの品質の自転車周辺アイテムが入手できるようになって財布に優しく嬉しいと思う反面、多くのメーカーが激安な中国メーカーに駆逐されてしまうんじゃないかという思いもあり、ちょっと複雑な気分ではありますけどね。

以上、自転車周辺アイテムは激安品で良いなと思うようになったモノまとめでした。

-自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.