チェーンオイル ニュース・話題 新製品・話題の製品 自転車用品

FINISH LINEのチェーンオイルの特徴についてのまとめ

更新日:

FINISH LINEのチェーンオイルPhoto via:https://amzn.to/3FOwTJh

自転車のチェーンオイルの種類は多く、用途によって使い分ける必要があります。

オイルの種類にはウェットとかドライとか色々なタイプがあり、それぞれに特徴があるわけですが、なんとなく分かった気になっていたのですが、改めて調べてみると知らなかったことが意外あるものです。

そこで、よりよいチェーンオイルを選ぶために、僕が日頃から愛用しているチェーンオイルのメーカーであるFINISH LINE(フィニッシュライン)のチェーン用 潤滑剤について、それぞれの特徴や適した用途についてまとめてみました。

FINISH LINEのチェーンオイル

FINISH LINEのチェーン用潤滑剤は全部で6種類(e-Bike用を含めれば7種類)。ウェット系やドライ系など、タイプの違う潤滑剤がラインナップされています。

CERAMIC WET CHAIN LUBE

CERAMIC WET CHAIN LUBE

FINISH LINEにはセラミック窒化ホウ素を配合した潤滑油がドライとウェットの二種類あり、ウェット系の潤滑油がこのCERAMIC WET CHAIN LUBE

特徴

長距離かつ、こまめな注油ができない状況が想定されるような場面に適したチェーンオイルなので、レース用のチェーンオイルという扱いで間違いないかと思います。

耐久性が高く、一度注油すれば100km以上のステージでも油切れの心配がない、というのが最大のメリットかと思います。

反面、ウェット系なので、少なからずゴミやホコリを集めてしまうので、使用後はこまめに洗浄をおこなわないと、すぐにチェーンが黒くなってしまうことになります。

FINISH LINE的には日常用途でも使えるチェーンオイルとしていますが、なるべく注油の回数を少なくしたい人で、チェーンが黒くなるのをあまり気にしないような人向けのチェーンオイルということになりそうです。

WET BIKE LUBRICANT

WET BIKE LUBRICANT

ウェット系のチェーンオイル。

特徴

100kmを超すようなロングライドでも余裕の持続性と、マウンテンバイクやシクロクロスなど泥水や悪天候の中でも走行するような状況でもオイルが流れてしまわないような粘度の高いのが特徴。

日常使いと言うよりは、過酷な環境で走行する場合に万全の装備をするような感じで使用したいチェーンオイルです。

持続力が高い=粘度が高いということでもあるので、土埃やゴミを集めてしまいやすい上に、固着してしまうこともありえるので、定期的な洗浄や拭き取りが重要になってくるチェーンオイルでもあります。

FINISH LINE - Wet Bike Lubricant 120ml

FINISH LINE - Wet Bike Lubricant 120ml

1,100円(12/05 01:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

1-STEP™ CLEANER & LUBRICANT

1-STEP™ CLEANER & LUBRICANT

洗浄剤入のチェーンオイルで、洗浄と注油ができてしまうリンスインシャンプーのようなチェーンオイル。

特徴

汚れを落としつつ潤滑皮膜も残してくれる一石二鳥のチェーンオイルなので、メンテナンスの手間が軽減できると言うメリットがあります。

毎日の走行後に一日の汚れを拭き取る感じでササッと使うのが良いかと思います。

防錆剤も多く含まれているようなので、通勤や通学など、雨天でも走行するような自転車の乗り方をしている人に最適なチェーンオイルです。

DRY BIKE LUBRICANT

DRY BIKE LUBRICANT

ドライ系のチェーンオイルではあるものの、FINISH LINEの潤滑油の中ではニュートラルなポジションにあるオールマイティなチェーンオイルです。

特徴

マウンテンバイク系でもロードバイク系でもどちらでも使いやすいスタンダードなタイプで、用途を選ばずどんな環境でも使用できるチェーンオイルです。

どのタイプのチェーンオイルにすべきか悩んだ時にはまずこのチェーンオイルを選択して、ウェット系かさらなるドライ系が良いのかを検討するのが良いと思います。

ドライ系と言っても、ある程度の粘度があるので、なるべくならばマメに清掃はした方がチェーンやスプロケットなどはきれいに保てると思います。

WAX BIKE LUBRICANT

WAX BIKE LUBRICANT

オイル感のないサラサラ系のチェーンオイル

特徴

チェーンやスプロケットなどを綺麗な状態に保ちたい場合に検討したいのがWAX BIKE LUBRICANT。

サラサラ系のオイルなので、砂埃や汚れが付着してしまうことも少ないので、走行後にウェスなどで吹いてあげるだけでチェーンをピカピカな状態に保ってくれます。

反面、雨や水には弱いので、条件の悪い場所を走行する場合や、雨天が多い時期などでは不向きと言えるでしょう。

あまり持続性はないので70km~100km程度の走行だとちょっと心もとない感じでしょうか。また基本的には走行後に汚れを拭き取るついでに注油するくらいが丁度良いかと思います。

CERAMIC WAX CHAIN LUBE

CERAMIC WAX CHAIN LUBE

ドライ系のオイルを極めたらこうなりました!的なチェーンオイル。

特徴

ワックス系のチェーンオイルで、かなりサラサラしているので、注油時にはポタポタとチェーンにとどまらずに垂れてしまうくらいです。

ベタベタする感じは皆無なので、土埃や汚れを集めてしまうこともありません。

個人的にもチェーンとスプロケットを絶対に汚したくないという気持ちからこのチェーンオイルを使用しています。

ただ、一長一短があり、持続性がなく、たとえ数十キロ程度であっても走行後は必ず注油した方が良いと思われrますし、雨などの天気が悪い日には流れ落ちてしまうので状況を選ぶチェーンオイルでもあります。

チェーンオイルも使い分けが重要

改めてチェーンオイルについて調べてみて分かったのは、チェーンオイルも複数用意しておいて、用途に応じて使い分けるというのがベストな気がします。

例えば、僕は最もサラサラ系のCERAMIC WAX CHAIN LUBEを日常でも使用していますが、週末にサイクリングロードなどに出かけて100km程度走行するような時には、いくら事前に注油をしたとしても、途中からオイル切れになってしまう可能性があります。

そんな時には、もう少し持久性のあるDRY BIKE LUBRICANTなどをスポット的に使用してみるのが良いのだろうなと思います。

また、オイルによってメンテナンスの頻度や手入れ方法も違ってくるので、そのあたりも意識できるようになるとより快適な自転車ライフが手に入りそうな気がします。

関連記事

-チェーンオイル, ニュース・話題, 新製品・話題の製品, 自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.