*

スピードを出すことをやめたら自転車がさらに楽しくなった3つの理由

公開日: 感想・考察・レポート

自転車とスピード

クロスバイクやロードバイクに限らず、あらゆる乗り物についてまわるもの、それはスピードです。

決められた時間の中で、どれだけ遠くまで行けるのか、あるいは、決められた距離をどれだけ速く移動出来るのか、乗り物にとって、スピードにこだわり追求することは究極のロマンなのかもしれません。

自転車もロード競技などの世界でも、スピードは最重要視されるものだと思いますが、日常生活の自転車ライフにおいては、スピードにこだわるのをやめたほうが、自転車が楽しくなるよというお話です。

sponsored link

自転車で無理にスピードを出すのをやめました

自転車で無理にスピードを出さない

スピードの向こう側に憧れていたあの頃

僕がスポーツバイクの魅力に見せられた一番のポイントは、ママチャリやシティバイクでは到底出すことのできないようなスピードで走ることが出来るという点でした。

とにもかくにも速く走りたいという一心でスピードの出るカスタムを考えてみたり、より効率的な自転車の乗り方を研究したりしたものです。

ある時は長い下り坂で最高速度を狙い、またある時は片道30kmの通勤路でのタイムトライアルを試みたり、またある時は風のよう走り去るロードバイクに負けてたまるかと必死で追いかけてみたり、スピードを出すことにこだわり、そのための努力もしてきました。

それもこれも全て、スピードという魔物に取り憑かれていたせいだと思います。

自分の体力の限界と闘い、苦しくてゼェゼェと息を切らしながらも、ひたすらペダルを踏み続けたその理由は「今、俺、風になってるぅぅぅ!」と思える瞬間に出会えるからなのでした。

そんな気持ち良さもあって、ひたすらスピードを意識して走り続けた僕でしたが、ある日を境に無理にスピードを出さないようになりました。

スピードを捨てて普通の自転車乗りになった日

スピードを出さなくなった理由は安全運転です。

スピードを出すと、それに比例して危険な目に遭うことも多くなる、ということに気が付いたのです。

バイクや自動車などでもスピードが出るのに比例して視野が狭くなり事故を起こしやすくなると言われていますが、自転車の場合は自力で走っている分、さらに周りを見る余裕がなくなるものと思われます。

スピードにこだわって自転車に乗っている時には、わずか片道30kmの通勤路でも、危険な目に遭うことが度々ありました。

できるだけ速く走りたいという気持ちが、無理な走行にも繋がりますし、どちらかが譲り合うような情況の時にも相手が譲ってくれるだろうという考え方になってきます。

よく言われる例として、黄色信号で停車しようとするのではなく、そのまま進め!という判断になってしまうのです。

そうなると当然、危険な情況も増えてくるわけで、このままいけば遅かれ早かれで、いつか事故をしてしまうと考えるようになり、特に事故などを起こしたわけではありませんが、スピードよりも安全運転を意識して自転車に乗るようになったのでした。

それまでの僕にとって、自転車に乗る際の最も大きな魅力でもあり動機でもあったスピードを捨ててしまうということは、自転車の醍醐味の大部分を捨ててしまうのと同じようなもので、自転車に乗る楽しみが半減するのでは・・・と思ったものでした。

ところがスピードを出さなくなると何故だか自転車がより一層楽しくなったのです。

スピードを出すことをやめたら自転車がさらに楽しくなった3つの理由

スピードを出すことをやめたら自転車がさらに楽しくなった

危険な目に遭うことが極端に少なくなった

スピードを出さなくなって安全面では大きく変わりました。これほどまでにスピードと安全運転が関係しているのかと思うほど実感出来る変化でした。

当たり前と言えば当たり前ですが、先を急ぐために無理にスピードを出すというようなことをしなくなれば、余裕が出て、周りの情況をきちんと把握できるようになります。

例えば、もうすぐ信号が切り替わるかも・・・と思った瞬間に、スピードを上げるのではなく、ペダルを踏むのをやめて停車する準備に入ったり、他の自転車や自動車などに道を譲ったり、安全を優先した走りが出来るようになるのです。

スピードにこだわっていた頃は、急ぐあまりに危ないタイミングでも交差点に突っ込んでいたこともあり、危険な場面に何度も遭遇していました。

その度に、ヒヤッとしたり、時にはムカついたりで、ストレスを感じることが多くありました。

スピードにこだわるあまり、楽しいサイクリングとはかけ離れた乗り方をしていたというわけです。

信号待ちでイライラしなくなった

自転車で街中を走る以上は、信号に引っかかるというのは宿命です。

信号に引っかからないようにすることなんて無理なわけですが、スピードにこだわっていると信号待ちの時間がそのまままるまるストレスになってしまいます。

例えば、職場までの道をタイムアタックしたりしていると、一つ一つの信号で引っかかることが致命的なタイムロスにつながります。

そうなると、信号に引っかかる度にイライラしてしまうことになります。
引っかかった信号の次の信号で引っかかる、なんていこともザラにあることですが、スピードにこだわっていると、信号に引っかかると、もの凄くストレスに感じてしまうのです。

前述したように、シティライドで信号に引っかからない事自体が無理な話なのに、その度にイライラ、ムカムカしていると、とてもじゃないですが、自転車を楽しめなくなってしまいます。

スピードにこだわらなくなってからは、信号で待つことも当たり前のこととして受け入れられるようになり、ストレスをほとんど感じずに走行ができるようになりました。

周囲の景色や情況を楽しむ余裕ができた

スピードにこだわると、いかに速く走れるかということばかりを考えるようになり、身の回りの景色や、街並などを楽しむ余裕がなくなります。

のんびりと走ることで、新しく出来たお店などにも気付くことができますし、変わりゆく季節の変化などにもすぐに気付けるようになります。

のんびりと余裕をもったサイクリングで景色を見ながら周囲の変化や発見を楽しめるようになれば、いつも走っている道ですら、楽しみながら走れるようになるのです。

また、シティライドの場合は信号も多いので、必死で速度を上げて走っても、のんびり走っても、目的地に辿り着くまでの所要時間にはほとんど大差がなかったりするので、ゼェゼェとしんどい思いをしながら走るくらいなら、周りの景色を楽しみながら余裕を持って走った方が絶対に楽しいはずです。

関連記事として「街中は急いでも急がなくても結局同じというおはなし」で、シティライドでは急いでも急がなくても所要時間はほとんど変わらないという記事を書いています。

スピードを出すことをやめたら自転車がさらに楽しくなった3つの理由まとめ

自転車でスピードを出さなくても楽しい

自転車の楽しみ方はいろいろで、乗る人の数だけいろいろな感じ方や楽しみ方があるものと思います。

極端に言えば、楽しい、楽しくないは個人の考え方であり、たまたま僕がゆっくりサイクリングを快適と思うだけなのかもしれませんが、スピードを捨てることで、今まで見えなかった景色が見えてきたというお話です。

もちろん乗り物である以上、スピードはロマンではありますが、それは無理して出そうとするものではなく、日々乗り続ける中で、鍛えられて自然と速く走れるようになった、というのが理想なのかもしれません。

何はともあれ、無理なスピードや乗り方は事故のもと。
交通安全を意識して安全に楽しく乗りたいものですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑