クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

道路交通法・ルール

海外(アメリカ)の自転車の手信号

投稿日:

海外の自転車の手信号

自転車には自動車のように方向指示器などがないため、右折するのか左折するのか、それとも停止するのかなどが判断できません。

そこで手を使って進行方向を意思表示するハンドサイン(手信号)が使われたりします

一昔前は自転車で手信号を出すのは、ご老人ばかりだったように思いますが、最近ではロードバイクやクロスバイクに乗る人などが手信号を出しているのをよく見かけるようになりました。

実際に自分が自転車に乗る際にも、また自動車に乗る際にも手信号を出したり出してもらったりした方が、お互いの意思疎通ができて安全運転に繋がるものだと確信していますし、子供と2人で自転車でお出かけした際にも、後ろを付いてくる子供に進行方向を事前に教えてあげるのに手信号は非常に役立っています。

さて、この度、ちょっとした用事でアメリカに行くことになり、自転車の手信号が海外にも有るのかどうかが気になったので調べてみることにしました

自転車の手信号はアメリカでも基本的に日本と同じ

アメリカでの自転車の手信号の種類

海外の自転車の手信号 左折 右折 停止

クロスバイクやロードバイクで使われる自転車の手信号はローカルルールまでを含めてしまうと沢山の種類がありますが、一般的な交通法の中で使われる手信号は左折と右折、そして停止の三種類が基本で日本と同様です。

左折:左手を真横に伸ばす。
右折:右手を真横に伸ばすか左手を曲げた状態で上げる。
停止:左手を斜め下に伸ばす

停止のサインは日本とは手が逆になる

ご存知の通りでアメリカは右側通行になるので自転車も日本とは逆の右側通行でキープライトになるため、停止のハンドサインも日本とは逆になります。

日本の場合は右手を使って停止のサインを出しますがアメリカでは左手で停止のサインを出すのが基本のようです。

実際は右手でも左手でもどちらで出しても良いようですが、自動車などにアピールするためには車道側に出した方が見えやすいという理由があるかと思います。

カリフォルニア州とネバダ州の手信号

ちなみにアメリカは州によってルールが違うことも多々あります。
例えば自転車のヘルメットの着用は義務付けられている州もあれば18歳以上は着用の義務は無いなどの違いがあったりします。

僕が今回訪問する先はカリフォルニア州とネバダ州ですが、手信号に関しては同じルールのようです。

カリフォルニア州の自転車の手信号

カリフォルニア州の自転車の手信号
Photo via:https://www.dmv.ca.gov/portal/dmv/?1dmy&urile=wcm:path:/dmv_content_en/dmv/pubs/brochures/fast_facts/ffdl37

ネバダ州の自転車の手信号

カリフォルニア州の自転車の手信号
Photo via:https://www.nevadadot.com/home/showdocument?id=3630

基本的には同じ手信号で通じる

手の動作で意味を伝える代表的なものと言えば手話ですが、手話は日本と海外では意味が異なるものがほとんどです。

なので日本のジェスチャーをそのまま海外では使えないことも多いのですが、自転車の手信号に関しては日本で使用する手信号はそのままアメリカでも使用できるようですね。

交通ルール系は、日本の運転免許があれば申請だけで海外でも運転できたりもするように、比較的国際的に共通したルールが適用されているようにも思います。まぁ安全を基準に考えれば基本的には同じようなルールになるからなのでしょう。

海外ではシェアサイクルも積極的に利用されているようですし、海外で自転車に乗る機会ももしかしたらあるかもしれません。そんな時には積極的に手信号を使ってみたいと思います。

-道路交通法・ルール

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.