クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

感想・考察・レポート 自転車全般

信号無視のママチャリおじさんに敗れた話

更新日:

いつものようにクロスバイクに乗って通勤していたところ、ママチャリに乗った50歳くらいのおじさんと遭遇しました。

ママチャリのおじさんは脇道から僕の走っていた車道に合流して、僕の前を走るような状態になりました。

僕はそのママチャリおじさんを追い抜いて走り去ろうとしましたが、結局、追い抜けなかったどころか、遥か大差を付けられて負けてしまったというお話です。

信号無視するママチャリに乗ったおじさん

24インチのママチャリに乗ったおじさん

僕がクロスバイクで走っている前方の約100mほど先に合流してきたママチャリに乗ったおじさんがいました。いつもの場合であれば、余裕で抜き去ることができるような場面です。

強くペダルを踏み込んでグングンとスピードを上げて、そのママチャリおじさんを追い抜きにかかりました。

赤信号の壁と信号無視

しかし、ペダルを踏み込んだ瞬間に信号が赤に変わったので、僕はブレーキをかけて減速し、クロスバイクを信号の停止線に合わせて停車させました。

ママチャリのおじさんも一緒に停車するものと思っていたのですが、こともあろうにママチャリおじさんは信号無視をして走り続けたのでした

信号が青になった頃には、すでにかなり先まで行ってしまったママチャリおじさんに追いつくべく、必死でペダルを踏み込んでクロスバイクを走らせ、ようやくママチャリおじさんに追いつこうかというその時に、またしても赤信号!

そして、ママチャリおじさんはまたしても信号無視で走り去って行くのでした。

信号無視のママチャリおじさんに完敗

何度か同じことを繰り返した挙げ句、やっとのことでママチャリおじさんを追い抜くことができましたが、それもつかの間。信号待ちをしている間にママチャリおじさんはは停車している僕の横を、颯爽とすり抜けて走り去って行くのです。

こんな感じで抜きつ抜かれつを何度か繰り返した後、最終的には僕が連続して信号に引っかかってしまい、ママチャリおじさんは遥か彼方まで走り去ってしまい、結局抜き返すことができないまま見失ってしまいました

信号は時間と体力を奪う

信号が最大の敵

ママチャリおじさんに勝てなかったのは、ママチャリおじさんが速かったからというわけではありません。恐らく速度は15km/h程度で、それほど必死に自転車を走らせているというわけではありませんでした。

しかし、信号無視を繰り返せば、その速度であってもクロスバイクやロードバイクよりも先を走ることができるのです。

信号は時間と体力を奪う

日頃のサイクリングでも常々思うことですが、信号で停止すると時間と体力を奪われます

例えば、僕の自宅から会社までは片道25km程度です。

ざっくり計算すればロードバイクやクロスバイクであれば1時間程度でたどり着くことができて、心地よい運動量になりそうな気がします。

実際問題でサイクリングロードや田舎道であれば、ほとんど信号が無いので、25kmくらいの道であれば、少し汗を滲ますくらいの運動量で辿り着いてしまいます。

しかし、郊外から都心に向かって通勤する場合、やたらと信号の数が多く、1時間50分程の時間が掛かり、ストップ・アンド・ゴーを繰り返すので、たどり着く頃にはぐったりと疲れてしまうくらい体力を消費することになるのです。

信号待ちの時間を計測したことがあるのですが、25kmほどの道を走るのに、信号待ちが20回以上で、総待機時間が30分を超えてしまいました。

それくらい信号に引っ掛かってしまうと、相手がたとえママチャリであったとしても勝てるわけがないのでした。

信号は守ろう

僕は信号はきっちりと守ります。
正直なことを言えば、かつては信号無視をしてしまうこともありましたが、クロスバイクやロードバイクに乗るようになってからは、特にルールを守るということを意識するようになりました。

自転車のマナーの悪さを非難する矛先としてクロスバイクやロードバイクがやり玉に挙がることも珍しくありませんし、万が一何かの事故を起こした場合に、こんな自転車関係のブログを書いていると炎上しかねませんから、人一倍気をつけるようにしています。

きっと世の中の多くの人もルールを守っていると思いますが、自転車に乗っている人の数が多いせいもあって、残念ながら毎日のように信号無視や逆走をする自転車を見かけますからルールを守らない人が相当数いるというのもまた事実かと思います。

しかし交通ルールを守らないということは、必然的に危険が伴うということでもあります。当たり前ですが、青の時は進め、赤は停まれというルールが守られているという前提でみんなが動いているわけですから、そこを無視して自分勝手に走ってしまえば事故にあっても仕方がないと言えるでしょう。

自転車が絡む交通死亡事故の理由の多くは、信号無視など何らかの法令違反が原因だという報告もあります。ルールを守れない人は自動車に轢き殺されても不思議ではないということですね。

ママチャリに乗った信号無視おじさんに負けてしまって悔しいと思ってしまいましたが、この場合は負けるが勝ちで良いのです。

僕自身も自転車に乗ったおじさんではありますが、今後もきちんとしたお手本になるような自転車の乗り方をしていきたいと思います。

※念の為、ママチャリに乗ったおじさんと公道でレースをしていたわけではありません。僕自身が勝手にママチャリに乗ったおじさんを目標にして走っていただけで、ママチャリに乗ったおじさんはおそらく僕のことは全く意識していなかったと思われます。交通安全を意識した走行を常に心がけるようにしましょうね。

-感想・考察・レポート, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.