*

自転車は信号待ちで車列をすり抜けて前に出て良いの?

公開日: 交通安全・危険防止, 問題解決・疑問解決, 自転車全般

自転車の車道での信号待ちですり抜け

自転車が車道を走るということが一般的になりつつある昨今ですが、自転車の場合ルールが曖昧なところも多々あったりするために、どうするのが良いのかの判断に迷う事も少なくありません。

そんな迷うことの1つが、自転車で車道を走る際の信号待ちの方法です。

信号待ちで並んでいる車の左側の空きスペースを直進して先頭まで出る、いわゆるすり抜けが正しいのか、あるいは無理にでもすり抜けして先頭まで出なければいけないのか、それとも無理な直進はせずに車の後方で一緒に信号待ちしても良いのか、いやいや、何が何でも後方で待つべきなのか、いつも悩んでしまうのです。

そんなわけで車道での信号待ちの際の自転車のすり抜けなどについて調べてみました。

車道の信号待ちで自転車のすり抜けは良いの?悪いの?

自転車の車道での信号待ちですり抜け

世の中的にはすり抜けて先頭まで出る派が多いかも

僕個人の判断としては、安全を最優先に考えて車の左側をすり抜けたりせずに適当なところで待つようにしています。

理由としては自転車で急いでも急がなくても所要時間はほとんど変わらないですし、無理に前まで出たところですぐに自動車に抜かれてしまうのですから、それであるなら、より安全な走りを考えた方が良いだろうという判断で、信号待ちでは後方で待つようにしています。

しかしながら、実際に車道を走っていてそのような場面に出くわす時、後方で待たずに左側を無理をしてでもすり抜けていく自転車が多いと感じています。

道路交通法的にはどうなのか?

道路交通法的には信号待ちの際のすり抜けは特に違反行為ではないようです。
原付バイクなども同じですから、すり抜けて前へ出る行為が頻繁に見られます。

そんなわけで道路交通法で考えれば、すり抜けて前に出ても、車列の後方で停車してもどちらでも良いといういう感じです。

どちらでも良いという情況なので、実際問題ですり抜ける派とすり抜けない派で分れてしまっていますし、狭い道だとすり抜けをしなくても、広くて余裕がある場合にはすり抜けする人も多いのではないかと思います。

安全を考えれば自動車後方で待つのが良い

安全面を考えれば、すり抜けせずに車列の後方で待つのが断然良いように思えます。

交差点だと左折する自動車もいるはずですから巻き込みを大いに警戒する必要があります。自動車を運転する側から考えると、目の前の信号が青に変わって左折しようとする際に自転車などにすり抜けで並進されると死角に入ってしまい非常に危険です。

特に、バスやトラック等は普通車と比べると死角が大きいですし、内輪差も大きいので普通自動車のように左折前にはあらかじめ車両を左側に寄せてすり抜けを防止するということもしづらいものと思われます。

そんな中で、スペースがあるからとすり抜けをしてしまうと、死角に入ってしまって巻き込み事故に遭うことも考えられます。

自転車の事故の7割は交差点で起きているとの調査結果もあるようですし、交差点付近では通常よりもさらに注意して走る必要があると思った方が良いと思います。

交差点は自転車にとって事故が多発するポイントでもあるので、無理なすり抜けなどをせず、車列の中で待つというふうにした方が、巻き込み事故などに対しては絶対に有効になりますし、安全面を考えてもその方が絶対に良いでしょう。

車道の信号待ちの際の自転車のすり抜けまとめ

車道の信号待ちで自転車のすり抜けまとめ

自転車の信号待ちのすり抜けについては、僕自身は基本的にはすり抜けせずに自動車の後方で待つようにはしています。

しかしながら、いつもいつもというわけではなく、十分な広さがあると判断できる場合など、情況によってはすり抜けして前に出ることもあります。

自転車の信号待ちの際のすり抜けについては様々な意見があってすり抜ける派とすり抜けない派で大きく分れているようです。

僕自身で考えても情況によりすり抜けしたり、しなかったりがありますし、すり抜け出来ると判断する幅の広さも個人によって違ってくるでしょうから、自転車の信号待ちに関して、いろいろと意見が割れてしまうのも仕方の無いところなのかもしれません。

車道の信号待ちで自転車のすり抜け

ちなみにすり抜けをしないで車列の後方で待つ場合、自転車の停車位置は上記の図のように左端ではなく、自動車の真後ろに付いても良いようです。

こうすれば車列の一員になった気もしますし、後から来た自動車が横に並ぶなんてこともありません。

しかしながら、後ろから追突される可能性などを考えれば、無難に左側に停車するのが良いと思います。

自動車の場合は追突されてサンドイッチにされてもそう簡単には潰れませんが、自転車は生身なのでどう考えても危ないですからね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑