Amazon セール

マナー・ルール違反 自転車全般 道路交通法・マナー・交通安全

自転車は信号待ちで車列をすり抜けて前に出て良いの?

更新日:

自転車の車道での信号待ちですり抜け

自転車が車道を走るということが一般的になりつつある昨今ですが、自転車の場合ルールが曖昧なところが多々あるために、どうするのが正しいのか判断に迷うことも少なくありません。

そんな判断に迷うことの1つが自転車で車道を走る際の信号待ちの方法です。

信号待ちで並んでいる自動車の左側の空きスペースを直進して先頭まで出る、いわゆるすり抜けが正しいのか、あるいは無理にでもすり抜けして先頭まで出なければいけないのか、それとも無理な直進はせずに自動車の後方で一緒に信号待ちした方が良いのか、いやいや、何が何でも後方で待つべきなのか、いつもその判断に悩んでしまうのです。

そんなわけで車道での信号待ちの際の自転車のすり抜けなどについて調べてみました。

車道の信号待ちで自転車のすり抜けは良いの?悪いの?

自転車の車道での信号待ちですり抜け

世の中的にはすり抜けて先頭まで出る派が多いかも

僕個人の判断としては、安全を最優先に考えて自動車の左側をすり抜けたりせずに後方の適当なところで待つようにしています。

すり抜けしない理由としては、急いでも急がなくても目的地までの所要時間はほとんど変わらないですし、無理に前まで出たところですぐに自動車に抜かれてしまういます。それなら、より安全な方を選択した方が良いという判断で、信号待ちでは後方で待つようにしています。

しかしながら、実際に車道を走っていてそのような場面に出くわす時、後方で待たずに左側を無理をしてでもすり抜けていく自転車が多いと感じています。

道路交通法的にはどうなのか?

道路交通法的には信号待ちの際のすり抜けは特に違反行為ではないようです。

確かに原付バイクなども信号待ちで並んでいる自動車の左側をすり抜けて前へ出る行為が頻繁に見られます。

そんなわけで道路交通法で考えれば、すり抜けて前に出ても問題は無いという判断になるかと想います。もちろん車列の後方で停車して良いといういう感じです。

すり抜けて前に出ても、後方で待っても「どちらでも良い」という情況なので、実際問題ですり抜ける派とすり抜けない派で分れてしまっていますし、狭い道だと無理してすり抜けをせずに後方で待つ人も、道路が広くて余裕がある場合にはすり抜けする人も多いのではないかと思います。

安全を考えれば自動車後方で待つのが良い

安全面を考えれば、すり抜けせずに車列の後方で待つのが断然良いように思えます。

交差点だと左折する自動車もいるはずですから巻き込みを大いに警戒する必要があります。自動車を運転する側から考えると、目の前の信号が青に変わって左折しようとする際に自転車などにすり抜けで並進されると死角に入ってしまい非常に危険です。

そのため左折する自動車などはすり抜けさせないように予め車道の左側ギリギリまで幅寄せしたりして対策をしたりしますが、バスやトラック等は内輪差が大きいので普通自動車のように左寄せさせることができません。

そうすると何も考えない自転車がすり抜けをして巻き込み事故に遭うというようなことも多いと思われます。

実際問題で日頃、自転車の死亡事故のニュースをチェックしていたりすると多くは左折する自動車に巻き込まれてしまうという事故です。

自転車の事故の7割は交差点で起きているとの調査結果もあるようですし、交差点付近では通常よりもさらに注意して走る必要があると思った方が良いでしょう。

交差点は自転車にとって事故が多発するポイントでもあるので、無理なすり抜けなどをせず、車列の後方で待つというふうにした方が良いでしょう。

巻き込み事故などに対しては有効になりますし、安全面を考えてもその方が絶対に良いです。

車道の信号待ちの際の自転車のすり抜けまとめ

車道の信号待ちで自転車のすり抜けまとめ

どちらがより安全かを考えて判断する

自転車の信号待ちのすり抜けについては、冒頭にも書いたように僕自身は基本的にはすり抜けせずに自動車の後方で待つようにはしています。

しかしながら、いつもいつもというわけではなく、十分な広さがあると判断できる場合など、情況によってはすり抜けして前に出ることもあります。

僕個人でも時と場合で変わってしまうので、当然のように世の中の意見も「前に出る派」と「後方で待つ派」に分かれてしまい、時として論争を生んでしまう問題でもあります。

道路交通法的にはいずれも間違いではありませんし、自転車の信号待ちに関して、いろいろと意見が割れてしまうのも仕方の無いところなので、最終的なジャッジは「どちらの方がより安全か?」ということを基準にして考えるしかないかもしれませんね。

後方で待つ場合の停車位置

車道の信号待ちで自転車のすり抜け

ちなみにすり抜けをしないで車列の後方で待つ場合、自転車の停車位置は上記の図のように左端ではなく、自動車の真後ろに付いても良いようです。

こうすれば車列の一員になった気もしますし、後から来た自動車が横に並ぶなんてこともありません。後方で待っていても後ろから来た自動車が横に並んだりすると、それはそれで危険な気がしますから、このような停車の方法も悪くはないでしょう。

しかしながら、後ろから追突される可能性などを考えると、サンドイッチになって第事故になりかねないので、こちらも安全を考えれば無難に左側に停車するのが良いと思います。

関連記事

シータ

360度カメラ リコーシータ
360度写真をワンボタンで撮影できるカメラです。
いろいろな場所を記録していける素晴らしいカメラです。

自転車保険

自転車保険
自転車でも保険の加入が基本になってきています。
ロードサービスや盗難補償が付いた自転車向けの保険も有るので未加入の方は検討してみると良いでしょう。

ICAN

ICAN ホイール・フレーム クーポン

国内発送商品ならAmazonよりも直販サイトの方が安く購入できます。

Amazon

Amazon 自転車用品

Escapeショップ

Google

-マナー・ルール違反, 自転車全般, 道路交通法・マナー・交通安全

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.