道路交通法・ルール

踏切前など自転車の一時停止を守ってますか?

更新日:

踏切前など自転車の一時停止を守ってますか?

日頃の自転車の乗車マナーで感じていることの一つが一時停止です。
一時停止をしなくてはいけない場所でも、一時停止を守っていない人がすごく多いですよね。

自転車に乗るには免許が必要無いので、道路交通法自体を知らないために一時停止を守れていない人も中には居るとは思いますが、けして難しいルールではなく、単純明快に一時停止するかしないかだけのルールなので、たとえ免許を持っていなくても知っていておかしくはないルールなのですが、残念ながらあまり守られていないような印象です。

自転車にも義務があるけど意外と守られていない一時停止

踏切前の一時停止

自転車踏切前の一時停止

自動車やバイクの運転免許を持っている人であれば、踏切前の一時停止の義務を知らない人は居ないと思いますが、自転車も踏切前では一時停止の義務があることを知らない人も多いかもしれません。

しかし、自転車も車両なので、踏切を通過する前には踏切の直前で一時停止する必要があります。

第三十三条 車両等は、踏切を通過しようとするときは、踏切の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止し、かつ、安全であることを確認した後でなければ進行してはならない。ただし、信号機の表示する信号に従うときは、踏切の直前で停止しないで進行することができる。

ちなみに終電終了後の電車が走っていない真夜中の時間でも踏切前は一時停止する必要があります。

踏切では万が一の事故があれば、自分だけでなく多くの人が犠牲になってしまう大事故にも繋がりますから、しっかりと一時停止をするように心掛けましょう。

赤点滅信号の一時停止

赤点滅信号の一時停止

踏切と同じく、自動車免許などを持っていないと知らない人も多いのが赤信号が点滅している場合です。

夜間の交通量の少ない道路を走行しているとたまに見かけることがあるのが赤の点滅信号ですが、一時停止の標識と同じ意味が有るので停止線で一時停止して、安全確認をする必要があります。

もちろん車道を通行する自転車も例外ではありません。

止まれの標識の有る場所

止まれの標識の有る場所

止まれの標識の有る場所も当たり前ですが一時停止が必要な場所です。

小学生でも意味を知っているくらいの当たり前の標識ではあるのですが、住宅街などで多く見られるこの標識を守って一時停止するような自転車は本当に少ないのではないかと思います。

一時停止には理由があるから止まりましょう

一時停止には理由があるから止まりましょう

一時停止が必要な場所は、そのまま直進すると危険だから一時停止の必要があるわけで、一時停止の必要がある場所では、止まらずに直進したら死ぬかもよ、くらいに思っておいた方が良いのではないかと思います。

自転車で一時停止の標識ごとに停止するのは面倒ですし、馬鹿馬鹿しさも感じるような場所もあるのは確かですが、安全はそれぞれが意識し合って、ルールが守られてこそ成立するものだと思うので、例え自転車でも、面倒がったり、大丈夫などと停止しないのは大きな事故にも繋がることになりますから、必ずルールを守って走行するようにすべきなのだと思います。

現状として踏切前の一時停止どころか、信号すら守られていないというような情況がありますから、きちんと守られるようになるほど意識が高くなるのははまだまだ先のことかもしれませんね。

自転車と言えども、一時停止をしっかりと守った安全運転を心掛けていきましょう。

ちなみに上記の写真のような道路にペイントされた自転車ストップマークは、止まれの標識とは違い、従わなくてはいけない義務はないようです。しかし一時停止した方が安全と思われる場所だからこそペイントされているのでしょうし、極力このようなマークにも従った安全運転をするのが望ましいんじゃないかと思います。

-道路交通法・ルール
-, ,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.