クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

道路交通法・ルール

自転車のベル(警音器)と道路交通法の基本

更新日:

自転車のベル(警音器)と道路交通法のおかしな話

自転車のベルは道交法で装備が義務付けられていますが、実は無闇矢鱈に鳴らして良いものではなく、ごく限られた場所でしか鳴らすことができません。そんなわけで自転車のベルの装着義務について疑問を感じる人も多いようです。

僕自身も自転車のベルについてよく理解していない部分もあったので、自転車のベルはいつ鳴らせばよいのか?そもそも自転車のベルは必要なのか?などについて調べてみました。

道路交通法と自転車のベル(警音器)

道路交通法と自転車のベル

自転車にはベルの装備が必須

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクはもちろん、一般的なママチャリまで含めて公道を走る全ての自転車にはベル(警報機)の装備が義務づけられています。

一般的なママチャリには購入時からベルが装備されているので、壊れていない限りはベルは装備されているものと思われますが、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクには購入時にベルが装着されていない場合が多く、ベルを装備しないで走っている人も多いようです。

僕自身も、自転車にはベルの装備が必須ということを知った時には「え?そうなの?」と驚いてしまいましたが、よくよく考えれば、自転車も自動車やバイクなどと同じ車両ですから「警笛鳴らせ」の標識がある場所では警笛を鳴らす必要があるわけですから、ベルの装備をしていないアウトとなるというのは理解できます。

道路交通法とベルの装備について

参考までに道路交通法を引用すると、ベル(警音器)の使用が下記のように決められています。

道路交通法第54条(警音器の使用等)

第五十四条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。

一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。

二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。
(罰則 第一項については第百二十条第一項第八号、同条第二項 第二項については第百二十一条第一項第六号)
[5万円以下の罰金等]
(警察庁資料より引用)

道路運送車両の保安基準

第四章 軽車両の保安基準
(警音器)
第七十二条  乗用に供する軽車両には、適当な音響を発する警音器を備えなければならない

道路運送車両法

(軽車両の構造及び装置)
第四十五条  軽車両は、次に掲げる事項について、国土交通省令で定める保安上の技術基準に適合するものでなければ、運行の用に供してはならない。
一  長さ、幅及び高さ
二  接地部及び接地圧
三  制動装置
四  車体
五  警音器

東京都自転車安全利用指針

第4節 自転車の安全利用に必要となる一般的な知識
第3 自転車の通行場所等
6 歩道の通行に関する条件、通行場所及び通行方法
(3) 通行方法
イ 警音器は危険を防止するためやむを得ない場合に鳴らすものです。歩行者に自分の存在を気付かせたり、進路を譲らせたりする目的で警音器を鳴らしてはなりません。(東京都自転車安全利用指針より引用)

第4節 自転車の安全利用に必要となる一般的な知識
第8 安全な自転車の利用、他者への配慮等 ····
1 東京都自転車点検整備指針を踏まえて点検整備した自転車を利用するよう努めなければなりません。特に、警音器、ブレーキ、前照灯及び反射器材又は尾灯灯が壊れた自転車を利用することは禁止されています。(前照灯、反射器材又は尾灯については、夜間等に限ります。)(東京都自転車安全利用指針より引用)

第5節 自転車の安全利用に必要となる発展的な知識····
第5 警音器 ·
1 みだりに警音器を鳴らしてはなりません。
2 右の道路標識によって指定された場所や区間における左右の見通しの利かない交差点や道路の曲がり角、上り坂の頂上では、警音器を鳴らさなければなりません。(東京都自転車安全利用指針より引用)

右の標識ってのは
自転車とベルの標識
警笛鳴らせの標識です。(国土交通省:道路標識一覧(PDF 760KB)より引用)

ベルは基本的に人には鳴らしてはけない

興味深いのは、自転車には警音機の装備が義務づけられてはいるものの、どこでも鳴らして良いというわけではないという点です。

テレビのドラマなどでも「チリリン」と自転車に乗った主人公がベルを鳴らしながら走るシーンなどがあったりしますが道路交通法的にはやってはいけない行為となります。

歩道走行中に歩行者に対して「自転車が通るから寄って頂戴」的な意味でベルを鳴らしたりしている人もよく見かけますがそれもNG。歩道はあくまで歩行者優先の道路ですから、目の前で歩行者に道を塞がれていても、自転車はベルを鳴らしてはいけませんし、歩行者の邪魔にならないようにゆっくり走行しなければいけません。

危険を防止する時ってどんな時?

ベルの使用は基本的には警笛鳴らせの道路標識がある場所に限られていますが、危険を防止するのにやむおえない時には例外的にベルを鳴らして良いことになっています。

僕の解釈が間違っているかもしれませんが、例えば、車道走行中に、他の自転車を追い抜く際などは、相手に自分の存在を教えることは危険を防止することになるでしょうから使用しても良い場合になるのかもしれません。

法律用語というのは日頃使わない言葉も多数出てくるので、解釈が難しいことも多いですね。SNSでベルについて言及されている方のコメントを確認してみても様々な意見が見受けられます。

例えば、目の前に視界の悪い脇道があり、もしかしたら自転車や歩行者が飛び出してくるかもしれないというシチュエーションの場合、相手に自分の存在を知らせるために(予想される危険を回避するために)ベルを鳴らすのは良い(むしろ鳴らさなきゃしけない)と考える人もいたりします。

おそらく「左右の見通しの利かない交差点や道路の曲がり角、上り坂の頂上では、警音器を鳴らさなければなりません。」という部分を踏まえての意見だと思うのですが、その前にある「道路標識によって指定された場所や区間における」という言葉を見落としてしまっているものだと思われます。

警笛鳴らせの標識なんて、市街地を走っている限り出くわすことはほぼありませんから、ここが自転車にベル(警報機)の装備が意味がないと言われるところですね。鳴らせる場所が無いものを装備する必要があるのか?というものです。

追記
コメント欄で「危険を防止する時」の解釈について指摘をいただきましたので、改めて危険を防止する時について下記の記事でまとめてみました。

参考 → 自転車の警音器(ベル)の危険を防止するためにやむを得ない場合について考える|Escape airと自転車ライフ

僕のクロスバイクに使用しているベルの紹介

自転車のお勧めベル

僕の愛車であるクロスバイクのESCAEP AirにCATEYE製の小さなベルを装備しています。CATEYEのベルは10円玉くらいの大きさの小さなベルで、装備していてもほとんど存在感がありません。

あまり使用する機会がないものですから重たくなく目立たない小さなベルが良いなと思い選択しました。

CATEYEの自転車のベル

ベルの正面にはご存知のCATEYEのロゴである猫の顔。可愛いですね。

CATEYEの自転車のベルのお勧め

タイラップを外せます。このタイラップはキャットアイ製のサイクルコンピューターなどとも共用できます。

自転車のベル

奥行きはこんな感じ。

自転車のベルの取り付け

僕の場合は付属のタイラップを外して、サイクルコンピュータを固定してあるタイラップと共用して取付けています。

自転車のベルの付け方
ステムの真下に付けても良いと思いますが、正面や真横から見た際に、ベルのシルエットが目立ってしまうので、ハンドルとステムの陰にひっそりと装備しています。

参考 → 自転車の警音器(ベル)の危険を防止するためにやむを得ない場合について考える|Escape airと自転車ライフ

関連記事

自転車マナーと交通規則やルールに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-道路交通法・ルール
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.