クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

交通安全・危険防止 自転車全般

スマホを見ながら自転車に乗るのは危険

更新日:

スマホを見ながら自転車に乗る奴について

ながらスマホは世界的な問題となっています。歩道を歩けば前を全くみないで突っ込んでくるながらスマホの歩行者も多いですし、フラフラと予測不能な動きをして「邪魔だな」と感じる人は高確率でスマホを操作しながら歩いています。

歩行車の場合でもお年寄りなどにぶつかれば大きな事故になりそうな気がしてとても危ないなと感じますし、実際問題でトラブルも多発しています。

要するに大迷惑なながらスマホなので、そろそろ法律的にも規制をした方が良いのではと感じたりすることも多いのですが、そんなながらスマホを自転車に乗りながらしてしまう人も沢山いるのが現状です。

自動車でもまだながらスマホをする人が沢山いるくらいですから、自転車にまで運転マナーが浸透するようになるにはよほど厳罰にしてしっかり取締をしなければ実現できるものではないとは思いますが、自転車と歩行車の事故のニュースなどを見ると「前を見ていなかった」というような、スマホの使用を疑わせるような事故が多いです。

そんなわけで自転車に乗車時のスマホの使用について調べてみました。

スマートフォンを操作しながら自転車に乗るのはNG

スマートフォンを操作しながら自転車に乗るのは危険

スマートフォンを操作しながら自転車に乗った結果、歩行車にぶつかり死亡事故になるなどの重大な事故が多発しています。

大々的に報道された2017年12月には川崎市で女子大生がイヤホンをしながらスマホを操作して、さらには片手にジュースを持って自転車を運転し老人をはねて死亡させた事故などは、曲芸レベルのマナーで交通安全意識の低さがもろに影響した事故かと思います。

自転車スマホでの死亡事故で有罪 20歳の元女子大生に「自覚欠いた運転」
スマートフォンと飲み物を持ちながら電動アシスト自転車に乗り、歩行者にぶつかって死亡させたとして、重過失致死罪で在宅起訴された元大学生、森野実空被告(20)に、横浜地裁川崎支部(江見健一裁判長)は27日、禁錮2年、執行猶予4年(求刑禁錮2年)の判決を言い渡した。
引用元 産経ニュース

死亡事故や人身事故までにはならなくてもスマホがらみの事故はかなり多いと予想できます。通話やスマホを操作すれば前方不注意や注意散漫になり事故が増えるのは当たり前の話です。実際問題で、街を歩いていてもながらスマホで突っ込んで来る歩行者や自転車は多いです。

乗り物に乗っていて「前を見ていなかった」なんてことっがそもそも信じられない理由になりますが、「前を見ていなかった」などの理由で自転車で事故を起こしてしまう原因のほとんどはスマホが原因だと言っても過言ではないかと思われます。そのくらいにスマホ使用と前方不注意は関係があるでしょう。

個人的には自転車でのながらスマホは死亡事故にも繋がる行為ですから自動車同様に厳しく取り締まって欲しいと願うばかりですが、現状で見て見ぬふりのユルユルな状況です。すでに取り締まり対象で罰則もある自動車ですら、いまだに通話やスマホ操作をしながら運転する人は非常に多いのが現状です。

自転車の携帯電話使用と法律

スマートフォンはナビやサイクルコンピューターとして使用する分には問題ありませんが、手持ちで画面を操作しながらというのは、自動車同様に自転車も道路交通法違反になるためやってはいけない行為になります・・・って思ったんですが、下記を読むと自転車は除外されているようです。

1・道路交通法
 (運転者の遵守事項)
第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
 五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

当然穴があるのは承知のようで、自転車に関しては各自治体が別途条例等で定めているようです。例えば東京都の場合だと下記のような感じです。

自転車を運転するときは、携帯電話装置を手で保持して通話し、又は画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと
道路交通規則第8条第4号

要するに自転車乗車時に手に持ってスマートフォンを使用することは道路甲突速違反となります。また注視しないということも明記されているので、手に持っていなくても、メールを見たり、ウェブを見たりするのはNGとなると思います。

自転車でスマートフォンを使うなら

自転車でスマートフォンを使うなら

自転車でスマートフォンを使用するならスマートフォンホルダーが必要

自転車でスマートフォンをナビやサイクルコンピューターとして使用する人も多いかと思います。そのような場合は手に持たずにスマートフォンホルダーなどを使用しなければいけません。。

スマートフォンホルダーがあっても目線が前方から切れると危険

実際に自転車に乗ってみると分かりますが、スマートフォンホルダーをステムやハンドルに取り付けた場合、かなり下を向かないと確認できないため、前方から目線を切ってしまうことになります。

それでもサイクルコンピュータなどであればそれなりに視認性も良いので、必要な情報を確認してすぐに目線を戻すことができますが、スマートフォンの画面だと日中などは視認性も悪いので長時間前方から目を離してしまいがちです。

それではやはり危ないと思われるので、もう少し良い取り付け方法はないかと検討した結果、エクステンションマウントというアイテムに辿り着きました。

前方に設置するためのエクステンションマウント

エクステンションマウントとはライトやサイクルコンピューターでごちゃごちゃしてしまいがちなハンドル周りを整理するために使用するマウントで、ハンドルよりも手前にマウントが飛び出したものです。

エクステンションマウントを使用するとスマートフォンをハンドルのなるべく先方に配置できるようになり、結果として目線が上がり、前方から目線を切らずに画面も確認できるようになります。スマートフォンをサイクルコンピューターやナビと使用しても安全性は高くなるというわけです。

まとめ

ながらスマホは歩きながらでも危険なものですし、本人が気づいていないだけで多くの人に迷惑をかけている行為でもあります。徒歩でも危険なわけですから、自転車などの乗り物であればなおさら危険な行為になります。

実際に他人を巻き込んだ重大事故も多発していますし、自転車に乗車中にスマートフォンの操作をしたりするということは非常に危険な行為だということをしっかり認識する必要があると思います。

そんなわけで、自転車乗車中にはスマートフォンはなるべく使用しない、使用する場合は、スマートフォンホルダーを設置するなどして、ナビやサイクルコンピューター代わりに使用する程度に留めるというのが最低限の使用マナーかと思います。

-交通安全・危険防止, 自転車全般
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.