クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

道路交通法・ルール

自転車の法定速度って時速何キロ?

更新日:

自転車の法定速度

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクと呼ばれるような自転車は、一般的なママチャリやシティサイクルなどと比べるとスピードが出やすく、少し頑張れば30km/hくらいの速度で走ることができます。

速い人になると50km/hを超えるようなスピードで走れるようになるわけですが、果たして自転車は時速何キロまで出して良いのでしょうか?

例えば、原動機の付いた自転車、いわゆる原チャリには法定速度があり、最高速度は30km/hと定められています。

ということは、原動機は付いてはいませんが、ロードバイクやクロスバイクなどを含めた自転車の法定速度も「30km/hくらいなのかな?」あるいは原動機が付いていないのでもう少し控えめの「20km/hくらいかも?」などと考えたりするわけです。

そこで、本当のところはどうなっているのか、自転車の法定速度について調べてみることにしました。

法定速度とは

法定速度とは

「法定速度」とは道路標識等で最高速度の指定が無い場合に出せる車両ごとに定められた最高速度のことで、一般道においては自動車や自動二輪などは60km/h、原動機付自転車の場合は30km/hとなっています。

ちなみに標識等で指定されている最高速度は「指定最高速度」と呼ばれ、法定速度とは異なります。

車両は、道路標識等により、その最高速度が指定されている道路においてはその最高速度を、その他道路においては政令で定める最高速度を超える速度で進行してはならない。
道路交通法第22条第1項

自転車の最高速度

自転車の最高速度

自転車が出して良い最高速度は標識の有無などによって変わります。

道路標識等で最高速度が指定されている場合

道路標識等で最高速度が指定されている場合の自転車の最高速度

道路標識等で最高速度が指定されている場合は、その指定最高速度に従う必要があります。つまり、指定最高速度が50km/hの標識がある道路の場合、50km/h以上で走行してはいけません。

原動機付自転車の場合は法定速度が30km/hと決められているので、指定最高速度が50km/hの道路であっても30km/h以上で走ってはいけません。

一方、自転車の場合は原動機付自転車のような法定速度はないため、50km/hで走ることが出来るようです。ただしこれには根本的な問題があり、自転車には速度計の装備が義務付けられていないので「どのように速度を知るか?」という部分が問題になります。要するに、速度を知ることが出来なければ速度を守ることが出来ません

道路標識等で最高速度が指定されていない場合

道路標識等で最高速度が指定されていない場合の自転車の最高速度

道路標識等で最高速度が指定されていない道路の場合、自動車や自動二輪等は法定速度が適用され60km/hが最高速度となります。

しかし、自転車には法定速度が定められていないため、解釈の仕方によっては無制限でスピードを出しても問題無いという考え方が出来るようです。

自転車には速度計の装備が義務付けられていない

この点については度々議論となるようですが、自転車に法定速度が定められていないのは、自転車に速度計の装備が義務付けられていないので速度を考えて走れない、そもそも自転車がそのようなスピードで走り続けるのは現実的に不可能、などの理由があるようです。

しかしながら常識的に考えれば、取り締まるされる場合には少なくとも自動車などの法定速度と同じ速さで取り締まりされると思っておいた方が良いかと思います。

この速度計の装備が義務付けられていないことこそが、諸悪の根源と言いますか、議論が枯れない原因となっているわけですね。

自転車は速度超過の取締対象?

実際問題で速度計が無いということは速度を知ることができませんから「速度を守れ」ということ自体が無茶な要求になります。また自転車は運転免許が必要ではありません。さらに、信号無視や一時停止無視、逆走、傘さし運転などの危険運転については取締対象とされていますが、速度超過については対象外と思われるので取締対象にはならないのではないかと思われます。

ただし、常識的に考えれば、原付きと同じ速度以下で走るのが、安全を考えても正しいと思います。

自転車の最高速度まとめ

自転車の最高速度まとめ

法律的なところで解釈すると、指定最高速度の指定が無い道路では無制限に速度を出せるというような考え方ができますし、指定最高速度が指定されていたとしても、速度計が無ければ速度を知ることが出来ないので、実質何km/hで走ってもお構いなしというのが実情でしょう。

とにもかくにも速度計の装備の義務が無いというところが穴になっているわけです。

しかし何よりも大切なのは周囲の安全、そして自分の安全が大切ですから、いくら法律的にグレーであったとしても、速度は出し過ぎないというのが常識的な自転車乗りに求められるところだと思います。

一般的に乗り物は速度が速くなると視野が狭くなると言われています。特に自転車の場合は自力で走りますから、余裕の無い速度で走っていると、なおさら周りが見えなくなってしまいますし、自動車や二輪車に比べればブレーキの制動力も高くは無いですから、速度を出し過ぎると自動車や二輪車よりも事故を起こしてしまう可能性は高くなるでしょう。

自転車で50km/hを越えるようなスピードは普通の人ではなかなか出せるものでは無いですが、下り坂が続くような場所であれば余裕で出せる速度でもあります。

僕自身もかなり速いスピードで走ったこともありますが、二輪車などと比べて車体は軽いですから少しの凸凹でもバランスを崩して安定しないこともあり、スピードの出し過ぎは危ないなと感じました。

速度が出た際のブレーキの制動や剛性には大きな不安を感じましたし、自転車で安全に走れる速度は、原動機付自転車と同じ30km/hあたりをラインにして考えた方が良いだろうと個人的には思います。

ちなみに速度制限の無い自転車ですが、自転車歩行者道等を走る場合は徐行が義務づけられています

徐行は道路交通法第二条で「車両等が直ちに停止することができるような速度で進行することをいう。」と定義されてはいますが、速度は明確には規定されていないようです。これも自転車に速度計の装備が義務付けられていないことに拠るところだと思います。

徐行の目安としては、自転車のブレーキの規定で「10km/hで走行時に3m以内に停まれること」が条件になっているので、10km以下が徐行の際のスピードの1つの基準になるのかもしれません。10km以下はだいたい、自転車を漕ぎ出してハンドルがふらつかなくなり始めたくらいの速度になります。

そんなわけでスピード自慢も良いですが、安全運転を常に意識して走るようにしましょうね。以上、自転車の制限速度について調べたことのまとめでした。

-道路交通法・ルール

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.