*

自転車にありがちな勘違いまとめ

公開日: 問題解決・疑問解決, 自転車全般

自転車にありがちな勘違い

自転車関連でありがちなルールなどの勘違いについてまとめてみました。

事の発端は、オシャレでスマートなknogの斬新なデザインのベルであるOiについて調べていた時のこと、スポーツバイク専門店として有名なとある大手自転車チェーン店のブログで、knogのOiが紹介されていました。

そこでの紹介の内容が「カッコ良いknogのベルを装備して、見通しの悪い曲がり角や交差点で鳴そう!」的な内容だったのでした。

それを見て僕は「おや、おや、自転車屋さんのスタッフでもそうか・・・」と思ってしまったのでした。

というのも、僕自身も勘違いしていたのですが、自転車のベルは危険防止のためやむをえない場合か、警笛鳴らせの指示がある場所以外では鳴らしてはいけないので、いくら見通しが悪いからと言って無闇矢鱈に鳴らしてはいけないんですね。

ベルだけでなく、自転車関連ではグレーなルールも多いため、勘違いしてしまっていることも案外多いのです。そんなわけで自転車関連にありがちな勘違いについてまとめてみたいと思います。

sponsored link

自転車にベルは無くても良い?

自転車にベルは無くても良い?

自転車にはベル(警音器)の装備が義務付けられています。
なのでベル無しで自転車に乗ると整備不良として取り締まり対象となるはずですが、割と無視されていることもあり、自転車にベルは無くても良いんじゃないかと考える人が居るようです。

ふと僕の周りの自転車乗りのロードバイクをチェックしてみたところ二人はベルを装備していませんでした。軽量化、カッコ悪いなどで取付けないなどが理由として挙げられそうですが、ルールはルールなのでベルを装備していない人はきちんと装備しましょう。

冒頭でも触れた話題のknogのOiならベルが自転車パーツの一部と化してなかなか良いです。

knog Oiについてのレビューは「革新的なデザインの自転車ベルknogのOiを購入」で写真多数、音色などを掲載しています。

目の前を歩く歩行者に対してベルを鳴らす?

目の前を歩く歩行者に対してベルを鳴らす

歩道を歩く歩行者に向けてチリンチリンとベルを鳴らす光景は日常良く見かけるものではありますが、上にも書いたように基本的にはベルは鳴らせません、というか鳴らしてはいけません。

例えば歩行者が歩きスマフォなどで前を見ずに自転車に突っ込んで来そうな場合などは、危ないので歩行者に気付かせるために鳴らすのはOKだったりしますが、自分が前に進みたいので前を塞いでいる歩行者に対して「どいて」の意味で鳴らしたりするのはNGなのです。

そんなわけで、自転車のベルは基本的に鳴らせる場所がありませんし、危険な時でさえ自転車の場合はベルを鳴らすよりも声を出した方が早くて聞こえるなどの理由から、自転車のベルは不要論があったりするのですね。

付けていても意味が有るのか無いのかよく分からないパーツでもあります。

前照灯を点滅にしている?

前照灯を点滅にしている

夜間に自転車に乗る場合には自転車の前照灯は点灯させておかなければいけません。点滅ではなく点灯です。

ライトなどの自転車関連製品で有名なCATEYEのライトの紹介ページの注意書きでも「夜間走行時は点灯でお使いください。道交法上、点滅はあくまでも補助灯としての使用に限定してください。」などの注意書きがされていたりします。

しかし実際には点滅で走行している人がかなり多いですね。
それ以前の問題で無灯火で走る人も非常に多い為、点滅でも無灯火よりはマシってことで目をつぶるべき所なのかもしれません。駄目なモノは駄目なのでしょうが、点滅の方が視認性が良い気もします。

日中の走行中に車に対してアピールするために点滅させたりすることや、夜間でも複数のライトを使用して1つは点灯、1つは補助として点滅させるなどの場合は点滅でも大丈夫です。

前照灯を赤にしたい?

前照灯の色

自転車の前照灯の色は白色光または淡黄色光と決められているので、赤はもちろん、青や緑などの色のついたライトを取付けることはできません。

以前、赤いライトを前照灯代わりにして点滅させながら走っている自転車に遭遇したことがありますが、赤い点滅ライトだと後尾灯と思ってしまうため、非常に危険で無灯火よりも質が悪いと思います。

尾灯を点滅にしている?

尾灯を点滅にしている

尾灯についても基本的には点灯させなければいけませんが、実際には点滅させている人が圧倒的に多いですね。

ルールはルールですが、尾灯に関しても点滅させている方が視認性が良いような気がします。

赤い反射器材を装備している、あるいは反射機能のある尾灯であれば点滅でも問題無いようです。

尾灯を青にしたい?

尾灯を青にしたい

中国メーカー等の作る尾灯には色々なカラーパターンを選べるモノが存在しますが、尾灯は赤と決まっているため青や緑などの色をしたライトを尾灯として使用することはできません。

自転車は車道を走れ?

自転車は車道を走れ

原則として自転車は車道を走る必要がありますが、例外として高齢者や子供、親子自転車などは歩道を走行しても良いことになっています。

じゃあ普通の大人はやっぱり恐くても車道を走るべきなのかという点については、一応、危険を回避するなどの場合は大丈夫ということになっています。

また、実際には純粋な歩道はかなり少なく、多くの道が普通自転車でも歩道を通行することができる普通自転車歩道通行可の標識のある道だったり、自転車マークが無い道でも「自転車を除く」の文字があったりで、大抵の場合は自転車も走行できる道ばかりなので、車道が恐ければ無理して車道を走る必要は無い場合がほとんどです。

その際は、車道側を走って、歩行者のジャマにならないように注意が必要です。

自転車に制限速度は無い?

自転車に制限速度

自転車も車両であることを考えれば、公道での最高速度は60km/hになると思います。あとは道路標識の最高速度に従う・・・と。

ただ、常識的に考えれば原付が30km/hなので、自転車も同程度と思っておいた方が良いと思います。

制限速度はあくまで安全を考えて制限されているもので、制限速度を超えるということは危険ということですから、無理に速度を出して危険な領域に入る必要はないでしょう。

自転車は免許が無いから違反切符を切られない?

自転車は免許が無いから違反切符を切られない

自転車には免許が無いので、いわゆる青切符などは交付されませんが、自動車免許で言うところの免停、取り消しなどに交付されるのと同じ赤キップを切られることになります。

自転車の場合は重大さから赤キップになるのではなく、免許制度ではないため手続きが制度化されていないために赤キップとなるようですが、面倒な手続きが必要なのは自動車と同じなので、切符を切られないようにするのが大切でしょう。

自転車にありがちな勘違いまとめ

自転車にありがちな勘違いまとめ

自転車の場合、勘違いして乗り続けてもそれほど大きな問題にならないこともあってか、あやふやなまま乗り続けるなんてことも多々あるんじゃないかと思います。

自転車には免許が無いので自動車のように教習所で教えてもらうわけでもないですし、自分で疑問に思って調べてみるまではずっと知らないままということも珍しくないのでしょう。

実は上記の勘違い、僕自身がクロスバイクに乗り始めてから知ったことでした。調べてみると「あれ?そうだったの?」みたいなことは意外と多いのかもしれませんね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑