*

自転車の警音器(ベル)の危険を防止するためにやむを得ない場合について考える

公開日: 道路交通法・ルール ,

自転車の警音器(ベル)

sponsored link

道路交通法と自転車の警音器(ベル)

危険を防止するためやむを得ないときについての解釈
道路交通法では自転車にも警音器(ベル)の装備が定められていて、警笛を鳴らす義務のある場所ではベルを鳴らす必要があります。また逆に、警笛を鳴らす義務のある場所以外では基本的に警笛を鳴らしてはならず、前方に居る歩行者などをどかせるためにベルを鳴らすことは警音器使用制限違反となります。

例外として「危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。」とされていて、危険を防止するためにやむを得ない時はベルを鳴らしても良いとなっています。

道路交通法

(警音器の使用等)
第54条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
1 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
2 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。
2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

危険を防止するためやむを得ないときについての解釈

道路交通法と自転車の警音器(ベル)

以前、自転車の警音器(ベル)について記事を書いておりまして、その中で「危険を防止する時ってどんな時?」という部分で下記のようなことを書いていました。

僕の解釈が間違っているかもしれませんが、例えば、車道走行中に、他の自転車を追い抜く際などは、相手に自分の存在を教えることは危険を防止することになるでしょうから使用しても良い場合になるのかもしれません。
【参考】道路交通法と自転車のベル(警音器)|Escape airと自転車ライフ

解釈自体に不安があったので、冒頭から予防線を張ってはいましたが、やはり法律で解釈するところで考えると、追い抜こうとする自転車に自分の存在を教えるだけというのは「危険を防止するためやむを得ないとき」には該当しないというような指摘をいただいたので、もう一度、情報を調べてみて、「危険を防止するためやむを得ないとき」についてまとめてみようと思った次第です。

危険を防止するためやむを得ないときとは

危険を防止するためやむを得ないときとは
まずは日本語の理解から始める必要があると思いましたので「やむを得ない」の意味をはっきりさせるために国語辞典を調べました。

やむを得ない

読み方:やむをえない
別表記:已むを得ない、やむを得ない
他にどうすることもできず、仕方がない。しようがない。残念だがあきらめるしかない。といった意味の表現。「已むを得ない」を表記されることもある。「已む」の語は「已む無し」などという場合にも用いる。
引用:実用日本語表現辞典

要するに他の方法ではどうしようもないとき、というようなことかと思います。

それを考えると、自転車を追い抜く際などは、危険であれば追い抜きを止めることで危険を防げるわけですから、危険を防止するためやむを得ないときとには該当しないと言えると思われます。

ブレーキを掛けても間に合わない時などの緊急時

大抵の場合は、ブレーキを掛ければ危険は回避できるものと思われます。
なので逆に考えると、ブレーキをかけても間に合わない状況などは、危険を防止するためやむを得ないときに該当すると考えることができると思います。

例えば、急な飛び出しかつ、相手が自分の存在に気が付いていなくて、存在に気が付けば避けられる可能性があるときなどは、危険を防止するためやむを得ないときになるのでしょう。

またブレーキが故障してしまって、停まれなくなった時なども、危険を防止するためやむを得ないときに該当するものと思われます。

実際問題で、自転車に限らず自動車にしてもそうですが、急ブレーキをかけてそれでも間に合わないような時に警音器(ベル)を鳴らす余裕は正直なところで無いと思いますけどね・・・

危険を防止するためやむを得ないときを考えてみる

危険を防止するためやむを得ないときを考えてみる

そんなわけで、危険を防止するためやむを得ないときとはどんな時なのかを考えてみることにしました。

一方通行でない自転車道などで前方を見ていない自転車などへ自分の存在を知らせるとき

一般の車道は自転車は左側通行ですが、自転車道などは双方向走行が可能な場所も多いです。このような道を走っている際に、例えば下を見ながら走行して前を見ていない自転車が向かってきた場合、こちらが停止していても、前方不注意の自転車に突っ込まれるかもしれないという危険が迫って来ているわけですから、相手に自分の存在を知らせるために警音器(ベル)の使用は許されると思われます。

左折車などに巻き込まれそうになったとき

左折車に巻き込まれそうになった時には、自動車の運転手が気が付いていない場合がほとんどだと思われるので「気付け!」とばかりに警音器(ベル)を使用するのは許されると思われます。
このパターンは実際に道路を走行していてよくある場面と思われますが、実際問題でなかなかそんな余裕も無いかもしれません。

追い抜こうとする車両が突然右折や幅寄せしてきたとき

前を走る車両を右側から追い抜こうとしようとした際に、その車両が右折しようとしたり、幅寄せしてきた際に、ブレーキをかけて減速しても間に合わないようなときは、相手に「寄るな!」と教える為に警音器(ベル)を使用するのは許されると思われます。

ブレーキ故障で停まれなくなった時

走行中にブレーキが壊れるなどで、停まれなくなった際に、目の前を走る自転車や、通行者などに対して「どいて!避けてくれないと轢いちゃう!」というようなときは警音器(ベル)を使用するのは許されると思われます。

道路交通法と自転車の警音器(ベル)まとめ

道路交通法と自転車の警音器(ベル)まとめ
今回、いただいた指摘をきっかけに自転車の警音器(ベル)の危険を防止するためにやむを得ない場合について考えてみて、警音器(ベル)をいつ鳴らせば良いのかが、なんとなく僕の中でクリアになった気がします。

シチュエーションとしては、なくもなさそうなものもあるので、なんとなく警音器(ベル)の存在意義もあるのかなと思えるようになりました。

問題は、自転車の場合、声を出した方が早いような気がしますし、緊急時に「警音器(ベル)を鳴らす」という判断ができるかどうかが怪しいところですけど・・・

ちなみに僕が使用している警音器(ベル)はCATEYEのOH-2400というもので、CATEYEのサイクルコンピュータとベルトを共有して取り付けています。コンパクトで小さくて見た目も損なわないのが良いと思っています。

Comment

  1. Hino より:

    自転車の警報器を鳴らすのは,事実上,標識がある場合だけです。
    その他,事例とされているケースは,代替処置が可能ですので,やむを得ない場合ではありません。

    例: 多くのケースでは,声を出す,自分が停止する等で回避できます
    例: ブレーキが故障した場合,スキーと同様に「自ら転倒する」ことで回避できることがあります。スポーツ走行するならば,「転び方」を知っているはずです。

    なお,法規の言葉は,私たちが日常的に使用している言葉と「異なる」と感じられる解釈をすることがあります。国語辞典で言葉を解釈するのではなく,専門家(道路交通法等の場合は警察の交通課等)に訊くのが望ましいでしょう。

    • escape air より:

      Hino 様 大変勉強になります。有り難うございます。
      代替措置があるかないかがポイントになるようですね。実際問題で声を出した方が早い場面もありますし、警報ならせの標識以外では鳴らす場所がないですね。法律用語、難しいです。

  2. トゥクトゥク鍋 より:

    棘のある音色で音量のあるベルの場合、自動車相手だと声よりも有効な気がします。
    ・左右に逃げる余地がない細い道で自動車の後ろについて交差点で停止したところ、前の車が不意にバックしてきたケース
    ・左右に逃げる余地のない細い登り坂で自動車の後ろについて停止したところ、マニュアル式の前車がブレーキの踏みが甘くて後退してきたケース

    自転車は後退が苦手ですし、180度向きを変えて逃げるのは無理ですし、自動車の運転手に後ろからだと声はまず届きそうもないですし。

    • escape air より:

      トゥクトゥク鍋さま 明確な例をありがとうございます。
      どうしても回避出来ない情況というのはほんとうに限られますね。
      声の場合は声質もありますから、女性等の高い声はわりと敏感でも、男性のように低い声は意外と聞こえなかったり、緊急の感じが出づらいというのもあるかもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑