クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

バッグ・財布 子供と自転車ライフ 自転車全般 自転車用品

子供の自転車に小さくてコンパクトな自転車用フロントバッグを付けました

投稿日:

子供の自転車にカゴが無いので小さいフロントバッグ

ロードバイクやBMX、マウンテンバイクなどのスポーツバイクは競技用の自転車ということもあり、一般的なママチャリやシティサイクルで装備されているカゴや荷台などは基本的には装備されていません。

僕自身もクロスバイクなどには泥除けすら無いことに当初は驚きましたが、確かに競技には必要ないですし余計な物が排除されている方が軽量化になるという合理的な面があるほか、見た目も無駄なものが無くシンプルでカッコよく見えます。

そんなわけで僕のクロスバイクにもカゴや荷台などは装備されていませんし、それが良いと思っていたので初めての子供用のBMXを購入した際には余計なものを付けないシンプルな状態で購入しました。

ところが子供自身はシンプルさよりも、いろいろと装備されている方が良いようで新しく自転車を購入する際には「カゴとスタンドが付いた自転車を買ってね!」とお願いされたこともあり、新しい自転車にはスタンドを付けてもらいました。

カゴに関してはリュックを背負えばどうにでもなると思ったので装備してもらいませんでしたが子供自身は自分の自転車のカゴに何かを入れて持ち運ぶということを体験したかったようなのでBMXにも似合うような自転車のフロントバッグを探すことにしました。

子供用自転車にバッグを取り付ける際の問題

一般的な自転車用バッグは子供用自転車には取り付けられない

さて、自転車のフレームに取り付けるためのバッグ自体は色々なメーカーから様々な種類のバッグが販売されているのですが、実は一般的な自転車用バッグは子供用自転車には取り付けられません。

何故なら大人用の自転車はフレームサイズも大きいので取り付け場所の問題が無いからなのですが、子供用の自転車はフレームサイズが小さいので大人用の自転車用にデザインされたバッグのほとんどは取り付けができません

最も汎用性のあると思われるサドルバッグですら上記の写真のようにシートポストに十分な長さがないので取り付けられないのです。

唯一取り付けられそうなのはハンドル部分、つまりは前カゴ部分だけとなります。

ハンドルからタイヤまでの間隔が狭い

自転車用のフロントバッグであればいろいろな種類が販売されているので気に入ったデザインのバッグはすぐに見つかるだろうと思っていました。

しかし子供用の自転車はハンドルからタイヤまでの間隔が狭いのでフロントバッグの場合も縦が長過ぎると子供用の自転車には取り付けられないのです。

そうなるとフロントバッグでさえも子供用の自転車に取り付けられるものはほとんどありません。

そんな中で見つけたのが円筒タイプの自転車用フロントバッグでした。

grunge ハンドルバーバッグ

grunge ハンドルバーバッグ

グランジと呼ばれる日本のオリジナル自転車用品を製造するメーカーのフロントバッグは円筒形のバッグで、ハンドルバーバッグの名前の通りハンドルバー部分に取り付けられるバッグです。

幅215mmの直径120mmのコンパクトサイズなので子供用の小さなフレームの自転車でも取り付けられるものになります。

コンパクトサイズと言っても500mlのペットボトルとフロントライトとリアライトを一緒に入れられるくらいの収納力はあります。

ペットボトルが入れられる自転車バッグ

ファスナーでフロント部分が開くようになっていて大きく開くので中の物を取り出しやすくなっています。ちょうど500mlのペットボトルが余裕をもってスッポリと収められるくらいのサイズです。

例えばペットボトルの他にお菓子や補給食、ライト類や工具類、パンク修理キットなどを入れられると思います。

効果があるかどうかは微妙ではありますが内側には保冷効果のある生地が使用されています。

ファスナーは残念ながらYKKではなく動きも引っ掛かりがあって滑らかではないので使用しているうちに真っ先に壊れそうな気がします。価格が価格なので壊れたら新しいのを買い直すくらいの考えだとストレスが無いですね。

実際に使用した感想としては毎回のファイスナーの開け閉めは面倒なので出し入れしやすい程度に開けておくようになると思うのであまり開閉のことは気にしなくても良いかもしれません。

サイドポケット

細かな部分ではありますが、サイドポケットが付いているのはポイントが高いです。
ちょっとした物、例えばライトなどはサイドポケットに入れておくことができますし、コンパクトなフォールディングロックなども入れておくことが出来ます。

自転車用のフロントバッグを子供用自転車に付けてみた

子供用自転車にハンドルバーバッグ

実際に子供用の自転車にフロントバッグを付けてみました。
取り付け部分のベルトはマジックテープになっていて簡単に付け外しができます。

気になっていたブレーキワイヤーとの干渉も影響が無いようで、ある程度物が入った状態でもブレーキレバーが重くなるとかブレーキの利きが悪くなるなどの症状は出ませんでした。

バッグを開けたところ

バッグを開けるとこんな感じです。
ファスナーの持ち手は二つあるので真ん中から左右に分けて開くことも出来ます。

適当なところでファスナーを止めておけば開けたままでも中身がこぼれ落ちずに使えます。よほどの段差のある場所に勢いよく乗り上げない限りは物が飛び出すなんてことは心配しなくて良いと思います。もちろんファスナーをしておけばどんな段差でも安心です。

バッグの見た目

横からの見た目はこんな感じです。
写真ではバッグの中身が空なので綺麗な形を保っていますが、実際に中身に物を入れて使用すると中身の重さの影響でバッグが下に伸びてしまい円柱が潰れてしまった状態になります。

形が崩れるのが嫌であれば100円ショップあたりでクリアファイルなどを購入して型紙代わりに使用すれば形を維持できると思いますが、僕の場合はそこまで気にしないのでそのまま使用しています。

自転車用フロントバッグの感想まとめ

自転車用フロントバッグの感想

価格の割に意外とデザインもよく子供用の自転車でも邪魔にならない程度のコンパクトなサイズなので自転車の見た目も損なわず良い感じだと思います。

子供も自分の自転車に念願だったバッグが付いたことが非常に嬉しい様子で早速ライトや鍵を入れて活用していて大変満足なようです。親としても子供が喜ぶ姿を見られるのは嬉しいですしますます自転車に乗るのが楽しくなったようなので非常に満足です。

子供用の自転車に限らずでクロスバイクやロードバイクなどでちょっとした収納が欲しい場合には便利なサイズの自転車用バッグなので、お手頃なサイズの自転車バッグを検討している方にはおすすめしても良いものかと思います。

以上、自転車用のコンパクトサイズのフロントバッグについてのレビューでした。

-バッグ・財布, 子供と自転車ライフ, 自転車全般, 自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.