*

自転車免許制度の賛否について考える

公開日: マナー, 自転車全般

自転車免許制度の賛否について考える

自転車免許制度の賛否について考えてみました。

sponsored link

自転車免許制度について

自転車免許制度とは

wikipediaの自転車免許制度の項目によれば、自転車免許制度の対象は、主に自動車などの免許を所持していない中高生を対象にしたものが多いようです。

要するに運転免許を持っていない=交通ルール自体をよく理解していない、という観点からで、多くの場合、講習と実技試験を受けると、自転車運転免許が交付される制度を指します。主に自治体などが手動で行なわれるもので、一般的な自動車運転免許などとは違い法的効力は有りません。

自転車免許制度を導入することにより、ルールを知ってもらい、自転車マナーの向上や自転車の交通事故の減少などの効果が期待されるとのこと。

自転車免許制度の導入や検討をする自治体など

自転車の免許制度と言っても、法律に基づくものではなく、あくまで小・中・高校生を対象に交通安全教育の一環として取り入れるもので、京都、埼玉、千葉、静岡、島根、長崎などで導入や検討がされているとのこと。

大人も対象にしたものだと、群馬、埼玉、東京、京都、大阪、兵庫、愛媛、福岡の一部の市町で自転車免許制度が導入されているようです。

自転車免許制度への賛否両論

自転車を免許制に使用などという動きの事の発端は、自転車のマナーの悪さが全てだと思いますが、制度自体への反応は賛否両論で大きく意見が分かれるようです。

自転車免許制度導入賛成派の意見

● 自転車のマナーの向上が望める。現状マナーが悪すぎる。
● 自転車が絡む事故が減る
● 公道を走る車両であるなら制度があって当然
● 交通ルールを知らないのに車両に乗るのは危険

自転車免許制度導入反対派の意見

● 専用道路などの自転車の環境整備が先
● 教育すれば良いことで免許の必要は無い
● 免許制度導入のコスト
● 効果があるとは思えない
● 取り締まりを強化すれば良い

自転車の免許制に賛成? 反対?(ゼヒヒヒでのインターネット投票)でも面白いくらいに意見がまっぷたつに分れています。

賛成派、反対派ともに共通しているのは自転車のマナーの悪さをどうにかして欲しいという思いのようです。

賛成派は免許という縛りを入れて改善を望んでいるのに対して、反対派は制度として導入する前に、環境整備や取り締まりの強化などをするべきだというような意見が多いようです。

自転車免許制度について思う事

個人的には必要ないと思うけど反対はしない

免許制になると「免許を保有していること=交通ルールを知っている」という前提ができるので「知らなかった」では済まされなくなります。

そのため「ルールを守らなきゃ」という気持ちになるのは勿論ですが、違反者に対してルール違反に伴う罰則を課せられるというのも大きなポイントになるのではないかと思います。

なので、自転車が免許制になれば、マナー向上などの効果は少なからず期待できるでしょう。

しかし、自転車という乗り物は小さな子供からお年寄りまでが利用する生活必需品でもあることを考えれば、現実問題として免許制にすることは実際問題で難しいんじゃないかと思われます。

ルールを知らないから守らないのか?

自転車のマナーの悪さの原因として「自転車は免許制ではないので、自転車に乗っている人が道路交通法をよく理解していないから」というような意見も時々聞いたりします。

なるほどなと思う意見ではありますが、小さな子供を持つ親として「それはちょっと違うんじゃないかな?」という思いもあります。

というのも、未就学児や小学生などは信号はよく守ります。
むしろ大人が注意されるくらいにしっかりと信号を守るのです。

実際に自転車で走行していると、自転車に乗っている小学生などと遭遇することも多いですが、小学生低学年の子供達が信号無視をするような姿を見かけることがほとんどありません。

実際に見かける自転車のルール違反を考えると信号無視や、逆走、無灯火、傘差し運転、さらには飲酒運転などをしているのは、大人なんですよね。

つまりは、ルールを知っているにも関わらず自転車だから構わないという考えでルール違反をするような人が多いんじゃないかと思うのです。

そして大切なことですが、大人が守ってないからそれを真似て中学生や高校生も守ろうとしなくなってしまう。そういった悪循環もあると思うのです。

交通マナー向上のために必要なのは本気の取り締まり

赤信号では停まる、飲酒運転はしない、左側通行など、自動車免許を持たない子供でも当たり前に知っているルールをを守らない自転車乗りが沢山いるその理由はどれだけ違反をしてもほとんど取り締まりされないからに尽きると思います。

せっかく道路交通法が改正されて自転車に対しても取り締まりを強化できるようになったにも関わらず、自転車の取り締まり自体をやっているのかやっていないのか分からないレベルです。

自動車と同じレベルで本気で取り締まろうと思えば、踏切前や雨の日の駐輪場あたりで待機しておけば、いくらでも違反者を取り押さえられそうなものですけど、実感として積極的に自転車の違反を取り締まろうという動きがあるようには思えません。

実際問題として、自転車を積極的に取り締まられないのは、重大事故の数や犯罪が絡むことの多い自動車やバイクの取り締まりが必然的に優先され、自転車まで取り締まりきれないというような事情があるのかもしれません。

それはなんとなく理解しつつも、本気で取り締まらないことには自転車の交通マナーはいつまで経っても改善されないのだろうなと思います。

細かい違反まで取り締まるのが無理であれば、せめて無灯火と逆走と信号無視と飲酒運転などの重大事故に繋がるような違反くらいは本気で取り締まって欲しいなと思うんですけどね。

自動車レベルで取り締まりをすれば、違反をする人は確実に減るでしょう。
そう考えると、免許制にすることで警察も取り締まりをせざるをえなくなるわけで、そういう視点で考えれば、自転車も免許制になった方が良いのかな・・と思ったりもします。

いやはや、世の中の意見と同じように僕の中でも賛否が揺れています。

Comment

  1. 六丁峠 より:

    車や2輪と同じく絶対に免許制かつ保険強制加入にすべきです。
    当方は自転車に乗っているときに逆走してきた自転車にあたって鎖骨骨折しました。
    相手は小学2年生でしたが、親に補償の事故の責任をとってもらいました。
    免許制でなくても良いとかいう方は自転車のマナー違反している方と当たってけがしてください。間違いなく考え方はかわります。

    • escape air より:

      免許制は現実には実施は難しいのでしょうが、交通ルールを尊守するというような教育は自転車を乗る時点で必要な気がしますね。実際問題で交通ルールを守らないのは知らないから守らない人も多いように思います。
      あとは、子供がルールを守らないのは、大人がルールを守らないからだなと、子育てしながら思う今日この頃です。

      • DSCH より:

        保険は必要としても、免許「制」を導入できるほど自転車に対する法整備、道路整備が全くと言って良いほど進んでいません。矛盾を孕み、時には危険な通行方法を強いる現行法の全てを律儀に守っていたら車に轢かれます。自転車の立場が圧倒的に弱くなります。

        信号や標識を守る、後方確認をする、路地では徐行など現行法でも守る事ができるルールは大人がまず守り、教育現場でも講習をもっと積極的に開くなどのほうが必要だと思います。

        今日も午後、小学生たちを目の前にして歩行者が堂々と信号無視して横断歩道を渡っていました。こんなんでは駄目です。

        • escape air より:

          DSCH様
          コメントありがとうございます。
          まずはルールを守る事、守る努力をする事、この基本的なところが自転車では完全に欠けてしまっているような状態ですよね。大人が守らないことには子供も守らないでしょうし。ルール違反は危ない事だし、大人として恥ずかしいことだという認識になっていけば良いなと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑