クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

感想・考察・レポート 自転車全般

自転車ナビマークの効果とその後の様子

更新日:

自転車ナビマークの効果

いつの間にか家の近所の車道にも自転車の安全な通行を促すためのマークである自転車ナビマークが塗装され、それなりの時間が経ちました。

自転車ナビマークは自転車が通行すべき部分と進行すべき方向を明示するためのマークで、法令の定めのない法定外表示ではありますが、自転車ナビマークが有るか無いかでは自転車にとっては車道の走りやすさが随分変わったんじゃないかと思うので、自転車ナビマークが塗装される前と後との様子の違いいついて考えてみたいと思います。

自転車ナビマークの効果

自転車ナビマークと自転車ナビライン

自転車の走行すべき場所を示すものには実は種類が二つあり、自転車に乗っているピクトさんと進行方向を示す矢印が書かれた自転車ナビマークと、青い矢羽が書かれた自転車ナビラインがあります。

どちらも自転車が通行すべき部分と進行すべき方向を示すためのもので意味は同じとのことです。

自転車ナビマークのデザイン

自転車ナビマーク

また、自転車に乗ったピクトさんの図は、ちょっと前までは自治体によって異なったデザインの自転車ナビマークもよく見られていたと思います。

自転車専用道路と明示されていない限りは、これらのマークは基本的には同じ意味と思って間違いないんじゃないかと思います。

最近は統一されてきているようですね。

自転車ナビマークが整備されたその後

自転車ナビマークが出来たその後

自転車ナビマークが整備されたその後の様子は一体どんな感じなのか?あまり意識はしていなかったのですが、改めて意識して確認してみた際に撮影したのが上記の写真です。

全ての自動車がしっかりと自転車ナビマークを避けて車道の中央寄りに並んでいるます。これを見る限りではしっかりと自転車ナビマークの狙い通りの効果が出ているといえるでしょう。

実際問題で、自転車ナビマークが整備される以前はもっと左寄りで走る自動車も多かったように思うので、一目瞭然の状態で効果が出ているのには素直に感心してしまいました。

よりよい自転車環境のための一歩

理想は自転車専用道路

自転車の走行環境を考える時に、ヨーロッパなどと比べて日本は劣悪な環境で自転車後進国などと言われていたりします。

実際、僕もドイツに行った際に自転車の環境はどのような感じになっているのか観察してきたのですが、たしかに日本の自転車環境と比べると雲泥の差があるように感じました。

参考 → ドイツの自転車事情(ミュンヘン・ニュルンベルグ・ライプツィヒ)

自転車を念頭に置いた交通環境の整備を考えるのであれば、自転車通行帯のようにしっかりと実線で自転車の走行区域が区分されたり、自転車だけが走れる自転車専用道路が整備されるというのが理想でしょう。

しかし、もともとの国土が狭い日本ですから、いろいろなものが密集して自動車の環境ですらけして良いとは言えないわけで、東京のような市街地で後付けでそれらを整備していくのはとても難しく、現実的ではないことというのは素人が考えても分かります。

それでもどうにか自転車の走行環境を考えていかなくてはいけないという中で自転車ナビマークは苦肉の策的に生まれたものだと思います。そんなわけで、法定外表示なので「自転車しか走行してはいけない場所」というわけではなく、普通に自動車やバイクが走行しても何の問題もありません。

そんなわけで、自転車の形をした落書きが道路上にされているだけのものなので「もっと法律で規制されるようなものでないと意味がない」などの反対意見もあるようです。僕自身、最初に自転車ナビマークの施策が行わ始めた時には「無駄なことで税金を遣いやがって」などと思っていました。

しかし、都内全域で自転車なbマークが見られるようになるのに従って、徐々に自動車の運転手の意識も変わってきたように思うのです。

確かに自転車ナビマークは応急処置的で苦肉の策の施策かもしれませんが、自転車ナビマークでも、自転車乗りや自動車の運転手に対して「自転車は車道の左側を走ります」と意識付けさせることが出来たことを考えれば、非常に良い施策だったと今では思います。

自転車ナビマークが増えたおかげで、今まで車道を走行していて感じていた自動車からの「自転車は歩道を走れ!」的なプレッシャーも随分と少なくなり、自転車で車道を走っても以前のように怖い思いをすることが少なくなりましたからね。

自転車ナビマークの効果

ただ残念ながら、自転車ナビマークが出来ても、幅寄せをしてくる自動車や、すぐ近くを猛スピードで抜き去っていく自動車は少なからずいますし、逆走してくる自転車もいます。

これらの人をなくすには、法定外表示の自転車ナビマークでは限界があるでしょうし、最終的には厳しく法律で取り締まってもらうしかないのかもしれませんね。

-感想・考察・レポート, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.