クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

感想・考察・レポート 自転車全般

自転車ナビマークの効果とその後の様子

投稿日:

自転車ナビマークの効果

いつの間にか家の近所の車道にも自転車の安全な通行を促すためのマークである自転車ナビマークがプリントされ、それなりの時間が経ちました。

自転車が通行すべき部分と進行すべき方向を明示するためのマークで、法令の定めのない法定外表示ではありますが、自転車ナビマークが有るか無いかでは自転車にとっては車道の走りやすさが随分変わったんじゃないかと思うので、その前後の様子の違いいついて考えてみたいと思います。

自転車ナビマークの効果

自転車ナビマークと自転車ナビライン

自転車の走行すべき場所を示すものには実は種類が二つあり、自転車に乗っているピクトさんと進行方向を示す矢印が書かれた自転車ナビマークと、青い矢羽が書かれた自転車ナビラインがあります。

どちらも自転車が通行すべき部分と進行すべき方向を示すためのもので意味は同じとのことです。

自転車ナビマークのデザイン

自転車ナビマーク

また、自転車に乗ったピクトさんの図は、ちょっと前までは自治体によって異なったデザインの自転車ナビマークもよく見られていたと思います。

自転車専用道路と明示されていない限りは、これらのマークは基本的には同じ意味と思って間違いないんじゃないかと思います。

最近は統一されてきているようですね。

自転車ナビマークの効果

自転車ナビマークの効果

自転車ナビマークが増えて自動車のドライバーにも認知されるようになってくることで、今まで車道を走行していて感じていた自動車からの「自転車は歩道を走れよボケェ」的なプレッシャーも随分と少なくなり、自転車で車道を走ることがようやく自動車側からも認められるようになったんじゃないかなと感じます。

自転車の逆走に関しても同様に効果があるように感じます。

ただし、相変わらず距離感覚が壊れているんじゃないかと思うほどスレスレを追い抜いていく自動車や、逆走してくる自転車などは一定数は必ず存在しているわけですが。

自転車ナビマークが整備されたその後

自転車ナビマークが出来たその後

自転車ナビマークが整備されたその後の様子は一体どんな感じなのか?
日頃あまり意識はしていなかったのですが、改めて意識して確認してみたのが上記の写真です。

しっかりと自転車ナビマークの狙い通りの効果が出ているように思います。

比較的車道の幅が広い道路なので、より判りやすい結果になっているとは思いますけど、それを差し引いても、全ての自動車がちゃんと自転車ナビマークがある場所を避けて走行しているのが判る写真だと思います。

もっと言うのであれば、自転車ナビマークから50cmほどは余裕を持ったところを走行してくれるようになっているので、、かなり自転車にとっては走行しやすい環境になっていますよね。

以前はもっと左寄りで走る自動車も多かったように思うので、この効果には素直に感心してしまいます。

理想は自転車専用道路の整備だけれど

理想は自転車専用道路

自転車通行帯のようにしっかりと実線で走行区域が区分されていたり、自転車だけが走れる自転車専用道路というのが理想ではあるのですが、ただでさえ狭い日本ですから後付けでそれを整備していくのはとても難しいことなのでしょう。

そんな中で自転車ナビマークは苦肉の策的に生まれたもなのだろうと勝手に想像しています。

自転車ナビマークは自転車が走行すべき場所を示すという意味があるにも関わらず、自動車などもバンバン走れるような中途半端な存在のため、その存在自体に賛否両論あるようです。

しかし、実際問題で自転車レーンの設置は難しい場合が多いでしょうし可能であったとしてもかなりの時間を要するはずです。

であれば、付け焼き刃的にでもどんどん自転車が走れる場所を明示するマークを増やせる手段としての自転車ナビマークは個人的には無いよりも有った方が良いと思うものだったりします。

実際に自転車にとって走行しやすさは精神的にも物理的にも改善されたのは確かなはずで、なかなか素敵なアイディアだなと思うのです。

-感想・考察・レポート, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.