交通安全・危険防止 自転車全般

自転車のレインウェアのポンチョタイプが危ないらしい

更新日:

転車の雨具のポンチョタイプのレインウェアがちょっと危ないらしい

自転車の雨具のポンチョタイプのレインウェアがちょっと危ないらしい

自転車の雨具の定番になりつつあるポンチョタイプのレインウェアですが、巻き込みなどの事故が多発しているとのことで、国民生活センターから注意喚起の情報が発表されました。

【参考】自転車用レインウェアの運転への影響と安全性について(2016年2月18日)|国民生活センター

詳しくは上記のリンクの資料に目を通していただくとして主なポイントは下記の通り。

自転車の雨具のポンチョタイプの危険ポイント

車輪への巻き込み

レインウェア車輪への巻き込み
泥よけなどが付いていない自転車の場合、ポンチョタイプのレインウェアは丈が長いため、タイヤと直接触れることも多く、巻き込みなどの危険があるようです。

視界が塞がれる

レインウェアのエプロンがめくれる
強風などにより、丈の長いポンチョがめくり上がり、そのまま顔全体を覆ってしまうなどで、視界が塞がれることがあるようです。

突風が吹いて突然ガバッと顔にかかるなんてことを考えると非常に恐いと思います。頭でめくり上がることがあると解っていたって、なかなか対処はできないでしょう。

レインウェアのフードによる視界の遮り

レインウェアのフードによる視界の遮り
フードを被っている場合、左右確認してもフードは動かず、視界を遮られることもあるようです。

この問題はポンチョタイプに限らず全てのレインウェアに当て嵌まると思いますが、視界が遮られるのは使用していてかなり不安で不便を感じる部分でもあり、こういった要素が、レインウェアを敬遠して手軽な傘差し運転へと繋がっていくのかもしれません。

自転車の雨具のポンチョタイプはスグレモノ・・・と思ったんですけど

僕が初めてポンチョ型のレインウェアを見たのは中国の上海。
随分前の話ですが、上海の街で、てるてる坊主のような状態になって自転車に乗っている人を見て「何だアレは!?」と妙に感動したのを覚えています。

エプロンで前カゴはカバー出来て荷物は濡れませんし、ズボンを履かなくても足が濡れることもない。なかなか素敵なモノなので日本にも有れば売れるんじゃないかなと思いましたが、ここ数年で日本でもやたらと見かけるようになりました。

自転車の雨具の何がイヤかと言えば、蒸れるという点ですが、ポンチョタイプであれば通気性も通常のタイプと比べれば悪くないでしょうし、着脱も煩わしくありません。

ポンチョタイプを使用している時の見た目はけして良くないですが女性受けしそうなデザインですし、通常のレインウェアの弱点を克服した画期的なレインウェアで、傘差し運転防止にもなる画期的な商品とも思えたんですけど、まさかこんな危険が潜んでいたとは・・・なかなかうまくいきませんね。

関連 危ないとおもうこと マフラー

関連事項として、冬によく見かけるのですが、自転車乗車時のマフラー。
首に巻くものだけに、巻き込まれると大変な自体になるのは目に見えていますが、結構見かけますよね。

一時期長いマフラーが流行ったことがありましたが、その時期に遊園地などの遊具に巻き込まれる事故なんてのも多発したように記憶していますが、自転車だって同じで、巻き込まれれば大変危険なので絶対にやめた方が良いことの一つだと思います。

府中消防署のホームページでもマフラー等の衣類巻き込みについて注意を促しています。他にも鞄等のヒモも巻き込む危険性があるようです。自分自身のマフラーを巻き込んだ場合はすぐにブレーキをかけられますが、後部座席に乗せている子供にしているマフラーを巻き込んだりした場合は気が付くのも遅くなりますから、親子自転車で子供を自転車に乗せる際には絶対にマフラーはしないというのを徹底した方が良いと思います。

【参考】こんな事故にご用心|府中消防署

-交通安全・危険防止, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.