*

クロスバイクの改造・カスタマイズは何から始めるか?

公開日: カスタマイズ考, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

クロスバイクの改造・カスタマイズ

クロスバイクは特に改造やカスタマイズなどしなくても、今まで乗って来たママチャリなどと比べるとスイスイ快適にのれるので十分楽しい乗り物なのです。

しかしながら、しばらく乗っていると、少しずつ物足りなさも出て来たりするもので、改造・カスタマイズしてみようかな?などと考え始めたりしてしまうかもしれません。

慣れてしまえば、気になる場所のパーツをサササッと換装してしまえる程度のものですが、クロスバイクに乗り始めの頃は、改造・カスタマイズと言っても何をどうして良いかもよくわからないでしょうし、弄るにしても何から始めれば良いのかも分からないかもしれません。

実際問題で、よく分からないまま弄って後戻りできなくなるようなこともありますし、初心者がクロスバイクの改造・カスタマイズは何から始めるのが良いのかについて、それなりにクロスバイクをいじりたおしてきた僕なりの視点で、おすすめの改造、カスタマイズについて書いてみようと思います。

メンテナンスの延長線状に改造・カスタマイズがある

メンテナンスの延長線状に改造・カスタマイズ
改造・カスタマイズをしたいと思ったら、まずは自転車に慣れる、というのが大切なことだと思います。

自転車に慣れるための方法で最も手っ取り早いのは、日頃のメンテナンスをきっちり行なうことでしょう。日常的にお手入れを繰り返している中で自然と自転車に慣れてくるはずです。

メンテナンスと言っても難しい事はほとんどなく、走行前点検に始まって、空気圧の管理や注油、清掃などの基本的な作業だけですので10分もあれば出来てしまうものです。

その程度のお手入れであっても、自転車自体の構造のようなものもなんとなく理解出来るようになってきますし、愛車への愛着も沸いてくるはずです。

例えば、クロスバイクなどのスポーツバイクが初めてだったりすると、ホイールを外すためのクイックシューでさえ初めて触るパーツだと思います。僕も初心者の頃は、外してしまうと戻せなくなるのではないかなどの不安があったりして、手を付けるのに勇気が必要なパーツでした。

慣れてしまえば大したことのないホイールの取り外しや取り付けも初心者にとっては、精神的にハードルの高い作業でした。実際問題でホイールを取り外す前のVブレーキを開放する作業さえドキドキしたものです。

しかし、最初は恐る恐るでもメンテナンスブックを購入して、見よう見まねでメンテナンスしてみたりするうちに、徐々にコツや力加減などもわかるようになってきます。少しずつ作業にも慣れてきて、自転車に触れるということが楽しいと思えるようになってくるのです。

ホイールの取り外しや取り付けは、パンク修理や、その他のメンテナンス、改造・カスタマイズ時にも必ず必要になってくる作業だったりするので、このあたりをまずマスターすることが、自転車の改造・カスタマイズには必須作業ではないかと思います。

クロスバイクの改造・カスタマイズの始め方

クロスバイクの改造・カスタマイズの始め方

換装が簡単で違いが分かりやすい部品を選んで改造・カスタマイズ

クロスバイクの改造・カスタマイズを行なうなら、まずは換装が簡単で、かつ、違いがすぐに実感できるような部分から始めると「自転車を弄るとこんなにも違いが出るんだ」ということを理解しやすくて良いのではと思います。

換装が簡単で、違いが解りやすいパーツとして下記が改造・カスタマイズの取っ掛かりとしておすすめです。

ホイール

違いが一発で分かると言えば、やはりまずホイールかと思います。タイヤの取り付け等のスキルは必要になりますが、パンク修理の練習と思えば一石二鳥でできる簡単な改造・カスタマイズで、その効果は一乗瞭然でしょう。

性能にこだわれば10万越えのホイールからスタート!というような世界ではありますが、クロスバイクのESCAPE Airなどの10万円以下の自転車ならば、Shimano WH-6800 / Shimano WH-RS21あたりがバランスの取れた価格帯で定番になるかと思います。


タイヤ

ホイールと並んで、換装・カスタマイズで違いがはっきりと分かると言われているのがタイヤ。タイヤの太さを28C→23Cなどに変えるのが違いが分かりやすいと思いますが、同じタイヤの太さでも、メーカーが違えばグリップ感が違ったりして意外と楽しめます。

また、カラータイヤを履かせて、コーディネートを楽しんだりするのもタイヤの換装・カスタマイズの楽しみ方の一つですね。

タイヤの定番と言えば、コンチネンタルグランプリ4000S2
有無をいわさないくらいの絶対的な評価のあるタイヤで、これを選んでおけば間違いないでしょう。

ペダル

ペダルを外すにはペダルレンチが必要な場合もあったりしますが、ビンディングペダルなどへの換装は自転車をまた別の乗り物のように変えてくれます。

僕の場合は街乗りメインなので、ビンディングペダルはほとんど使用しませんが、ロードバイクなど本格的な自転車の世界に向けて新たな一歩を踏み出したいとか、ちょっとだけでもロードバイクの世界を覗いてみたいと思うなら、迷わずペダルの換装をした方が良いでしょう。

ちなみに、ペダルの取り外しですが、左側のペダルを外す際は、逆ネジ(時計回りで緩む)になっているので注意が必要です。

スプロケット

専用工具が必要な分、やや難易度が高くなる改造・カスタマイズかもしれませんが、換装した際の違いが分かりやすいお手軽な改造・カスタマイズの一つだと思います。

例えば、ESCAPE Airなどのクロスバイクは通常ワイドレシオと呼ばれるMTB仕様の大きなギアが付いたスプロケットが採用されています。

坂道などでもスイスイと登れてしまう快適なギアではありますが、反面、段トビが大きく、シフトチェンジした際の繋がりの悪さがデメリットになります。はっきり言うと、どこで使えば良いのか分からないくらいの軽いギア構成だったりして非常に無駄が多いのです。そこでクロスレシオと呼ばれるような段トビの少ないスプロケットにすると、今までの不満がウソのようになくなり繋がりよく快適なシフトチェンジができるようになります。

換装が簡単な改造・カスタマイズ

改造・カスタマイズすることで実質的な効果や違いを実感出来るかどうかは不明ですが、簡単に改造・カスタマイズ出来て、気分転換にもなるのは下記のパーツ類かと思います。

グリップ・バーエンドバー

グリップは簡単に換装・カスタマイズできます。自転車にとって意外と目立つパーツでもあるので、換装・カスタマイズすることで、自転車の見た目の印象が大きく変わるパーツです。

素材や形状により乗り心地は大きく変わります。バーエンドバー付きのグリップなどにしてもポジションが増えるので、新たな自転車の楽しみに目覚める切っ掛けになるかもしれません。

エルゴングリップと呼ばれるコンフォートグリップの評判が良いですが、などは見た目が太く主張が強いので野暮ったくなる傾向があり、個人的にはあまり好きではありません。

どちらかと言えばシンプルスマートなものが好きなので、フラットバーでもバーテープを使用しています。クロスバイクにバーテープ?と思うかもしれませんが、バーテープは素材が豊富で、デザインも選り取りみどりなのでおすすめです。

ハンドルのカット・切り詰め

クロスバイクは購入時のハンドル幅は55cm程度あるかと思います。ハンドル幅が広いほど安定性が増すので運転はしやすいですが、その分、腕を開いて乗る必要があり、空気抵抗などを考えるとあまり良い格好ではありません。

そこでハンドル幅を切り詰めることで、脇を締めて乗ることが出来るようになり、よりスポーティなルックスと乗り心地が得られるようになります。改造に必要なのはパイプカッターだけというのもお手軽です。

サドル・シートポスト

サドルやシートポストも比較的改造・カスタマイズが簡単に行なえるパーツです。但し、シートポストは、ハンドル、ステムと一組として考えてコーディネートする、というような美的感覚も要求される場所でもあるので、シートポストを換装してしまうと、ハンドル、ステムも換装してしまいたくなるので三点を意識したパーツをチョイスするのが良いと思います。

ステム

主にポジション調整のために換装するパーツだとは思いますが、ハンドル周りの主要パーツなので、選択は慎重にしたいところ。と言ってもなかなか正解が出ないパーツでもあるので、僕なども4本ほど購入しています。

ハンドル、ステム、シートポストは一組としてコーディネートした方が自転車の見た目が良くなるので、ステムを換装する際は、ハンドル、シートポストも同時に換装するのが良いと思います。

もしステムの長さが変わるようであれば、シフターやブレーキのワイヤーの調整が必要になる場合があるので、ステムを換装した後は、必ずシフター・ブレーキともにチェックするようにしましょう。

初心者が避けた方が良い改造・カスタマイズ

シフター・ブレーキ周り

シフター・ブレーキ周りのワイヤー周辺は、初心者は避けておいた方が良いと思います。最初は注油と清掃で弄る程度にして、構造や動作をなんとなく理解してからでないと、メンテナンスブックを見ても難しい部分だと思います。
間違うと後戻り出来なくなって、お店に泣きつき、結局は高くついた、なんてことにもなりかねません。

シフター・ブレーキ周りの調整は、将来的には出来るようになっておいた方が良いのは間違いないですが、改造・カスタマイズは後回しにするのが良いと思います。

チャレンジ精神が必要な改造・カスタマイズ

10速・11速化コンポーネント換装

コンポーネントを換装すると、まったく別の自転車になります。それだけに作業は大掛かりになりますし、工具類も必要になるので費用も高くなります。初回は失敗覚悟でやるくらいのチャレンジ精神がなければ、コンポーネントの換装はお店などに任せた方が良いと思います。

お店に任せれば工賃が必要になりますが、自分でやった際に必要な時間、失敗等の余分な出費を考えれば・・・・というところでしょうか。

しかしそれを承知でコンポーネントの換装までやり切ってしまえば、自転車の改造・カスタマイズに対する自信や知識は一気に増えるはずです。

ブルホーン化・ドロップハンドル化

クロスバイクの改造・カスタマイズの行き着く先は、ハンドルをブルホーンやドロップハンドルにしてしまうケースも多いです。しかしコンポーネントの換装と同じく、それなりの知識がない難しい改造・カスタマイズだと思います。

このあたりの改造・カスタマイズになるとメンテナンスブックにも書かれていない分野になるので、トライアンドエラーと応用が重要になってくるため、今までの経験などが大切になるのではと思います。

クロスバイクの改造・カスタマイズの始め方まとめ

プロ(PRO) ツールボックス ブラック R20RTL0029X

クロスバイクの改造・カスタマイズについてのまとめですが、まずはメンテナンスブックなどを参考にして、自転車を弄る、ということろからスタートするのが始まりになるかと思います。

それで自転車弄りが楽しいと思えるようであれば、改造・カスタマイズへの道を突き進むことができるでしょうし、めんどくさいと思う人は空気圧管理程度はマスターして、後はプロショップに定期的に通ってメンテナンスしてもらうのが良いでしょう。

自転車に触れることに慣れたら、違いを体感しやすいホイール・タイヤの交換を経て、スプロケットなどの主要パーツの交換や、シフターなどの調整などにもチャレンジすることで、楽しみながら自転車というものの理解が深められるようになると思います。

ワイヤー類を自分で交換できるようになれば、出先で何かがあった場合でも復活できる可能性も大きくなるでしょうし、自転車乗りとしての自信のようなものも備わってきます。

自転車の改造・カスタマイズをするしないは、人それぞれで乗り方があるので、各人の自由だと思いますが、僕は改造・カスタマイズをすることで、自転車の基本的な知識や乗り方、自転車自体への愛着など、そこから得られる楽しみやメリットも非常に大きいと思っています。

せっかくスポーツバイクに乗るのであれば、チャレンジしてみるのも楽しみの幅を広げる意味で非常にお勧めです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑