*

クロスバイクやロードバイクに乗るならメンテナンスブックは買っておこう

Publication date: その他, 書籍, 自転車全般, 自転車関連・アイテム

ロードバイクメンテナンスブック

クロスバイクやロードバイクに乗ろうと思うと、日頃のメンテナンスは必須とも言えます。

どうせやるならきちんとした作業をしたいと思いメンテナンスブックを購入してみました。

sponsored link

メンテナンスブックって何?

ロードバイクメンテナンスブック

クロスバイクやロードバイク・・・に限らず、本当はママチャリやシティサイクルだってそうだと思うのですが、日頃のメンテナンスというのは、快適に乗り続けるためには欠かせない作業です。

乗り物ですから、長い時間乗っていれば、オイルが切れたり、チェーン等も汚れてきます。ネジだって緩みます。タイヤの空気圧だってどんどん下がってくるわけです。

タイヤの空気の入れ方などは、購入した時にショップで教えてもらえたりはしますが、オイルの注し方やチェーンや自転車本体の清掃の方法、日頃のメンテナンスは何をすべきかとか、走行前点検や、ポジション調整などについては、ほとんどの人が教えてもらえないのではないでしょうか。

僕自身、クロスバイクのESCAPE AirをGIANTストアで購入しましたが、タイヤの空気の入れ方は教えて貰いましたが、それ以外は全く教えて貰っていなかったので、メンテナンスのために後輪を外すのでさえ、どうして良いか解らず困ってしまったものでした。

そんなわけで、このままではまともにメンテナンスなんて出来るわけが無く、何か教科書のようなものが必要と考えた僕はメンテナンスブックを手に入れることにしたのでした。

メンテナンスブックには、日頃の走行前点検の方法や、パンク修理、チェーン清掃など、すぐに必要になる情報はもちろん、それらに必要な道具や、もう少しアドバンスなパーツの交換や調整方法等、クロスバイクやロードバイクに乗り続けるにあたって、知っておいて全く損はない情報が満載です。

ネットにも情報はあるけどメンテナンスブックな理由

ロードバイクメンテナンスブックの情報

僕がクロスバイクの改造・メンテナンスをする際には、必ずインターネットで情報も探しますが、いざ何かの作業に取りかかる際には、メンテナンスブックを必ず見るようにしています。

情報量で言えばネットの方が遥かに多いわけですが、メンテナンスブックほど丁寧に解説してくれているモノになると圧倒的に少なく、また情報の信頼性においてもメンテナンスブックの方が優れているんじゃないかと思うので、最終的にはメンテナンスブックの情報を信頼してしまうわけです。

メンテナンスブックが必要と思う理由

クロスバイクのESCAPE Airを買った当初の僕は、自転車に関する知識は殆ど持っておらず、メンテナンスをするどころか、自転車がメンテナンスを必要とするものだとさえ思っていませんでした。

そんな人間が、いくらネットで情報を探しても情報の正しさを判断できるはずもありませんし、何から調べれば良いのかもよく解りません。

正しいと思った情報ですら、基本的な道具の使い方などを知らないので、間違った整備をしてしまう可能性も大いにあります。知識が無ければ拾って来た情報を見たとしても、活用するのは難しいものなのです。

そんな時にメンテナンスブックがあれば、丁寧に詳しく解説してくれているので、基本的な知識がなくても理解でき、基本的なメンテナンスを行ないながら、クロスバイクやロードバイクの基礎を学ぶことができるのです。

そうすることで、最初は何にも出来なかった僕が、一人でもペダルの交換やワイヤーの交換、ディレーラーの調整、果てはコンポーネントの換装までも出来てしまうようになるわけですから、メンテナンスブックって偉大なのです。

僕が持っているメンテナンスブック

今ではいろいろなメンテナンスブックを所有している僕ですが、その中から適当なモノを選んでメンテナンスブックってこんなものなのですよ、という感じで紹介してみたいと思います。

最初に購入したのがスポーツバイク・メンテナンス&チューンアップというタイトルのメンテナンスブックで、ロードバイクやクロスバイク、MTBなどの基本的なメンテナンス方法について書かれています。

クロスバイクをオフロードバイク寄りにカスタムする方法など、メンテナンスの他に、カスタム方法なども記載されているのが、初期の頃の僕には非常に役立つ情報でした。

ロードバイクメンテナンスブックの基本情報

メンテナンスに必要な基本的な道具や、ケミカルなどの情報も掲載されていて、初心者にとっては有り難い情報です。こういった情報はネットではいろいろな思惑が入り交じった記事が多くて正しい情報を見つけるのが大変なのです。

もう1冊は、コンポーネントをShimano 105に換装する際に購入したロードバイクメンテナンスブック シマノ編。

ロードバイクメンテナンスブック最新版

最新版はこっちですが旧バージョンの方が評判が良いようです。

105の事がパーツの分解レベルまで解説されている本です。
105に特化したメンテナンスブックなので、105への換装の際には非常に約に立ちました。実際問題で、このメンテナンスブックを購入していなければ、僕は105への換装は出来ていなかったと思います。

もちろん、乗車前の基本点検や、タイヤ、チューブの交換、基本メンテナンスなどの情報もちゃんと掲載されています。

ロードバイクメンテナンスブック シマノ

このメンテナンスブックが非常に良いのは、シマノのマニュアルをベースに解説しているという点で、マニュアルを参照しながら読むと、写真等も豊富なので、ものすごく理解しやすいのです。

メンテナンスブックのまとめ

どのメンテナンスブックも掲載されている内容はだいたい似通っていると思いますし、基本的にはどれを選んでも同じような内容だとは思いますので、まずは直感でお好きな本を1冊選んでみるのが良いと思います。

お勧めは、やはり写真が多めでフルカラーのものが良いと思います。
より詳しいメンテナンスブックは価格も少し高めにはなりますが、写真が多いか少ないかで理解しやすさが全く変わって来ますから重要な要素だと思います。

日頃のメンテナンスの際に参考にして、今まで触らなかった部分について調べてみたりしながら恐る恐るでも触れてみる事で、少しずつ自転車慣れしてくるようになると思います。

一度でも調整や交換の経験があれば、出先でトラブルに見舞われても、なんだかんだで焦らずに対処できるようになりますから、メンテナンスは一通りマスターしておいた方が、その後の自転車ライフの充実度も大きく変わってくるはずです。

いろいろ自転車についての知識が増えるにつれ、細かい部分の情報が欲しくて、さらにメンテナンスブックを買い求め、著者によって少しずつ方法が違っていたり、おすすめの方法があったりして、その違いを比較検討するのもなかなか楽しいものです。

何はともあれ、快適な自転車ライフを支えるのは日頃にきっちりとしたメンテナンスが有ってのお話です。そのためにも最低1冊はメンテナンスブックがあれば良いですよ!というお話でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑