クロスバイクのグリップにはバーテープがおすすめ

クロスバイクのグリップにはバーテープ

クロスバイクのグリップをどうしようか悩んでいるなら、是非「パーテープ」に交換してみてください。

クロスバイクのフラットバーにバーテープはあまり馴染みがないかもしれませんが、実際にやってみると意外と調子が良いのです。

クロスバイクのグリップにはバーテープがおすすめ

クロスバイクのグリップにはバーテープがおすすめ

クロスバイクのグリップを交換していろいろ試してみた結果、最終的にはロードバイクのドロップハンドルなどで使用されるバーテープに落ち着きました。

「え?フラットバーにバーテープ?」と思われる方も多いかもしれません。

僕自身も、フラットーバーにはグリップを使用するというような固定概念があり、グリップを使うことしか考えていませんでした。

なので、「フラットバーにバーテープを巻く」という発想が全くなかったのですが、ある日、フラットバーにバーテープを巻いているクロスバイクを見掛けた時に「その手があったか!」と目からウロコ。

早速、バーテープを購入して、クロスバイクのフラットバーに巻いてみたところ、思いのほか良い感じになり、それ以来、フラットバーでもバーテープを巻いて使用するようになりました。

クロスバイクのグリップにバーテープがおすすめの理由

スポーティーな見た目になる

バーテープ=ロードバイクなイメージがあるせいか、クロスバイクにバーテープを巻くと、スポーティーな見た目になります。

バーテープはデザインや素材の種類が豊富

クロスバイクで使用できるフラットバー用のグリップは、デザインの種類が少ないのですが、バーテープはデザインが豊富です。

アマゾンあたりで探しても、いろいろなカラーのバーテープがあるので、フレームのカラーとコーディネートしたり、気分転換にデザインを変更してみるなどの楽しみが広がります。

デザインだけでなく、バーテープの素材の種類も豊富で、コルクや革、ジェル入りタイプなど、好みに応じて好きなものを選択できる楽しみがあります。

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) コルクバーテープ

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) コルクバーテープ

1,232円(09/30 11:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

バーテープは価格が安い

バーテープは安い物であれば1,000円以下で購入できます。

しかも、バーテープを購入すると、通常二本のテープが同梱されています。

ドロップハンドルの場合は、左右でそれぞれ一本のテープを使うから二本必要なのですが、フラットバーの場合は一本分のテープで左右を巻けてるので、非常にリーズナブルです。

バーテープは巻くのも簡単

バーテープを実際に巻くまでは、巻き付ける作業は難しいものだと思っていましたが、実際に巻いてみると意外と簡単です

ドロップハンドルの場合は、ブラケット部分が難関になりますし、巻き具合を間違えると足りなくなるなどのトラブルもあると思いますが、フラットバーの場合はそんな心配はありません。

フラットバーにバーテープを巻く方法

バーテープの巻き方の基本

バーテープの巻き方の基本

バーテープを巻くのが「難しそうだな」と感じる人も多いかもしれませんが、やってみるとすごく簡単です。

バーテープの基本的な巻き方は、ロードバイクのドロップハンドルと同じですが、ドロップハンドルよりもさらに簡単です。

クロスバイクのフラットバーの場合は、ドロップハンドルのようにハンドルが湾曲していないので、初めてでも簡単に巻くことができます。

バーテープの巻き方はいろいろな方法があります。

一般的なメンテナンスブックに書かれているような基本的な巻き方は、テープを少し強めに引っ張りながらテープが1/3ずつ重なるようにグルグル巻く方法になります。

巻く方向は、内巻きが基本です。

つまりハンドルの上を通るときは前方に、そしてハンドルの下をくぐらせる時は後方に向けて巻くということになります。

バーテープの巻き方の解説

バーテープをグリップの幅まで巻けたら、テープを斜めにカットします。

斜めにカットすることで、巻き終わりをハンドルに対して垂直にすることができます。

最後に固定するために絶縁テープ(ビニールテープ)を使用して留めます。

バーエンド側は、バーからはみ出したバーテープをエンドキャップを使ってバーの中に押し込んで固定すれば良いでしょう。

クロスバイクのグリップはバーテープがおすすめのまとめ

クロスバイクのグリップはバーテープがおすすめ

僕がクロスバイクのグリップを探している時に、最も頭を悩ませたのがグリップのデザインでした。

太めのコンフォートグリップは、確かに快適な乗り心地になるのですが、見た目的にはグリップの存在感が大きくなってしまい、スポーティーな尖った感じが失われてしまうのです。(私感です。)

その点、バーテープのは非常にデザインのバリエーションが多く、選択肢が多過ぎて悩むほどですし、快適な素材も沢山あります。

グリップも太くならずに、スポーティーな印象を保てるので、バーテープを使用することで、グリップに関する僕の悩みは全て解決となりました。

実際に使用してみるとすごく快適ですし、グリップ性も良く、メリットばかりな感じです。

飽きてしまえば気軽に変えられますし、みんなにもお勧めしたい改造カスタマイズですので、グリップに関してしっくりしないと悩んでいる方は、是非バーテープを使用してみてください。

自転車のハンドル・グリップに関する記事

更新日:

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.